2012/12/17

結婚式に出発(12/8)  ▲結婚式

今日は、末妹のMの姪に当たる、Aちゃんの結婚式結婚式に出席する予定です。

便は午後なので、まだベットに居る時に、妹からメールが。

何と「今日の天気は、雨と強風風と雷と雪の大荒れです

でも小松は自衛隊があるので、着陸すると思うけれど」と・・・・・

思っても居ない情報に、飛び起きて、ネットで検索してみる。

今日が結婚式でなくて、前泊なので、良かったと思ったけれど、今日飛ばなければ、当日では間に合わない〜〜

と思っていたら、震源地福島の地震が!!わぁ〜〜

今度は、石川県地方に暴風警報が発令された。

フライト情報は、ANA一便は無事到着したけれど、JAL一便は、着陸を試みたけれど、着陸不可能で、羽田に引き返してしまった・・・・

到着時間は30分違いなのに、明暗の差。

私の搭乗するのは、JAL便の三便なので、二便が到着したかを知る前に家を出なくては成らなかったのです。

もしもこのまま悪天候で飛ばなければ、JRで向かえば良いのでは?と思ったら、何とJRは運転取り止めとの情報が・・・・

私の車で羽田に向かう途中に、アイホンで二便が何度か着陸を試みて、1時間遅れで、無事に小松空港に着陸した事を確認しました♪

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとホッとして、駐車場に車を一泊二日で駐車してターミナルに向かいました。

その時に、何と忘れ物をした事に気が付きました・・・・

それも草履でした

頭が真っ白になりました。(ファー付きのブーツを履いている。)

夫は買えば良いと言うけれど、そう簡単に買える物ではない・・・・

妹に連絡をして、まだ家に居たら、草履を貸して欲しいとメールすると、OKとの事

クリックすると元のサイズで表示します

ホッとしたら、急にお腹が空いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメンとカレーを注文して一息つきました。

クリックすると元のサイズで表示します

8番搭乗口に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

出発便のご案内で「小松空港強風の為引き返す事があります」

それに納得した人達だけが、搭乗です。

皆さん不安そうに見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

事前にネットで予約した席に着くと、こんなに日が差して良いお天気なのに・・・やはり表日本と裏日本のお天気は、逆なんだと改めて思う。

クリックすると元のサイズで表示します

機内はほぼ満席で、引き返さないように祈る思いです。

クリックすると元のサイズで表示します

上空もこんなに晴れているのになぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

飲み物のコーヒーは無料だったので、頂いて少しすると、もう着陸体勢に入る。

クリックすると元のサイズで表示します

ドンドン下に下りて来て、家々が分かるくらいに成って来て、「良かったわ〜〜」と安心していたら、窓の風景が急に変わってきた???

何と急上昇し始めたのです。

強風の為に、着陸出来たいとの事
・・・・「え〜〜〜そんなぁ〜」

窓の外の風景は、どんよりと曇った雲の中・・・・

何としても、強風が弱まって、着陸して欲しい〜〜〜〜〜

随分と長い時間、旋回をしていました。

今度着陸に失敗すると羽田に逆戻りするそうです。

機長さんお願いしますと祈りたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

着陸態勢になったので、座っていても身体がこわばりました。

無事に着陸できた時に、思わず私は拍手しちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

は〜〜無事に小松空港に到着出来て本当に良かったです。

母が富山県に住まいを替えてからは、富山空港ばかりだったので、小松空港は何年振りだろうか?

懐かしいなぁ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

荷物を受け取ってから、金沢駅行きのノンストップバスに乗車(40分)

金沢駅で、妹夫妻が、私達を待っていてくれるのに、到着が遅れて、待たせてしまった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

金沢駅で降りると、みぞれで、とても寒い〜〜

無事に妹が迎えに来てくれて、一緒に車でホテルまで乗せて行って貰った。

感謝・感謝♪

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの部屋に入ると、窓の外は深々と雪が積ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋は広くて、ベットも大きくて、明日の着付けもゆったりと出来そう♪

クリックすると元のサイズで表示します

JRで来た人は、電車が止まってしまい、途中まで車で迎えに行って、やっとホテルに到着したそうです。

2012/12/16

輪島塗のお椀一揃え  料理・食品

義父の叔母さん宅が、新潟県で高級料亭を営んでいて、かの有名な総理大臣もよく見えられたと聞いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

残念な事に、新潟地震で、被害を受けてお店を閉められたとの事・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

その随分前に、義父の健在な時に、頂いた「輪島塗のお椀」それも10客一揃えを頂きました。

大事にお正月のお雑煮の時に使って居りましたが、輪島塗の工程を見て来て、改めて素晴らしい物を頂いたと、感謝しています。

クリックすると元のサイズで表示します

一般家庭では、10客も購入する事は無いと思いますが。

お箱には「志野」と書いてありました。

2012/12/15

奥能登の旅(最終)12/4  ■国内旅行記(富山・石川県)

曹洞宗大本山 総持寺祖院に向かいます。

三樹松関↓

明治の大火で喪失を免れた建物で、筋違橋の石碑は今も残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

山門↓

空・無想・無作の三解脱に入ると言う意味から「三門」と呼ばれています。

入母屋作りの優美な近代建築です。

山門の上には観音様・地蔵様のほか五百羅漢もまつられています。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと見え難いのですが、能登地震の爪跡が至る所に見受けられました。

山門の下の屋根の左右に、両脇の庇がぐさりとめり込んで居たのです・・・

その説明を聞いている所です。

クリックすると元のサイズで表示します

経蔵の中に祀られている、仏様が地震で、台座から転げ落ちて、指が折れてしまってました・・・・痛そう〜〜

この仏像が座っている台座が人の手で回るように成っており、廻して見ると、回ったのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

一人の力でです♪信じられないけれど。

回廊には、地震の被災時の総持寺の写真が展示されおり、仏堂が崩れた写真などは、見るに耐えないほどでした。

今、法堂が修復中なので、見学が出来ないので、普段は入れない、奥のお部屋に展示されている欄間や宮大工の古い道具や、お宝を見せていただく事が出来ました。

お寺は当たり前ですが、暖房がないので、それはそれは足が冷たくて寒かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

これから、穴水に向かいます。

能登鉄道に乗車するのですが、遅れては乗り遅れるので、運転手さんは遅れないように、早めに駅に到着です。

ダルマストーブでは無いのですが、皆さん石油ストーブの周りに集っています。

バスの中で、添乗員さんが、長々と(くどくどと)お弁当が如何に豪華で美味しいか、注文しなくて、後で見てから食べたいと言っても、駄目ですよ等言い続けていたお弁当が、注文した人に渡されました。

クリックすると元のサイズで表示します

電車に乗ってから、景色を見ながら食べる事に成っていましたが、随分早く駅に着いたので、お腹も空いているので、私達二人だけ、ベンチに座って、食べ始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーブのおかげで暖かかったのですが、外は凄い横殴りの雨でした・・・

ホームはずぶ濡れです。

クリックすると元のサイズで表示します

のと鉄道は貸切車両で、ポッホ屋さんの解説付です。

穴水〜能登鹿島〜西岸〜能登中島〜笠師保〜田鶴浜〜和倉温泉〜七尾

クリックすると元のサイズで表示します

車掌さんは山代温泉の百万○にお勤めだったとか。

とても、面白く解説して貰って、40分の乗車時間は、外の景色を見る間もなく、終わってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

先回りして待っていたバスに乗り込んで、七尾にあるただ一枚展示してある「花嫁のれん」を見に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ボランティアの何人かの方が、グループに分かれて説明をして下さいました。

一本杉通りは古い建物が多く建っているとの事で、何軒か写してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓珍しい建物です。

建物を見れば、何を売っているから分かる様に建てられています。

窓を見ると何か分かりますか?(ペン先です。)

下に万年筆が横たわっています。

万年筆屋さんだったのに、今はパン屋さんに成っていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

「花嫁のれん展」の時以外は、常設展示場に一枚と、「七尾仏壇」が展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

春の展示の時には、商店街に100枚もの花嫁のれんが飾られるそうで、是非その時に来て見たいものです。

婚礼の時に一度しか使われず、ずっと箪笥の中にしまわれっぱなしの花嫁のれん。

嫁いで、辛い事が有った時に、そっと箪笥の「花嫁のれん」を見つめて、作ってくれた母親の事を思い出して、またそっと仕舞うそうだと聞いた事があります。

クリックすると元のサイズで表示します

和蝋燭のお店には、以前妹に連れて来て貰いました♪

母の三回忌の時に。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は孫達に、サンタクロースのキャンドルを購入しました♪

グルグル回って素敵でした。

クリックすると元のサイズで表示します

昔は酒屋さんで、今は居酒屋さん??

クリックすると元のサイズで表示します

此処からバスに乗って、新幹線の乗車駅の上田駅まで、走る走る。

クリックすると元のサイズで表示します

時間は充分有るのに・・・と思ったら、トイレ休憩も入れなければ成らず、余裕を持って、走らせていますが、何が起きて、新幹線に間に合わなく成っては、大変なので、走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

上田城は、ライトアップされていて、とても美しかったです。

あさま546号グリーン7号車が入って来るのを写そうと、構えていました。

クリックすると元のサイズで表示します

連写で写したので、ベストショットをアップ出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅で渡された「すき焼き弁当」

お弁当は4回頂きましたがどれも、そこそこ美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでアンケート用紙を渡されました・・・・

色々有った事を書きたいけれど、悪いことを書くと、電話しますって・・・小心な私達は、ちょっとだけ書きました。

開封したまま手渡しでは、書きたくても書けないですね・・・



二泊三日の事を長々と、書きました。

これも、ドンドン物忘れが始まっているので、覚えている事を書いておかなくちゃと。


姪の結婚式が、年内に書けなかった事が残念です。


2012/12/14

奥能登の旅(その7)12/3〜2/4  ■国内旅行記(富山・石川県)

ホテルで日没が見られるように、バスを走らせていたのに、もう少しという時に、日は沈んで仕舞いました・・・

諦めきれず、ホテルに着いてから、屋上に上がって見て見ると、綺麗な夕焼けを見る事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くに日本海が見えて、明日もお天気に成りますようにと祈りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

今晩の夕食は事前に、日本料理とフランス料理を選ぶ事に成っていたので、私達はフランス料理を選びました。

食前酒は有料なので、久し振りに私も白ワインを注文しました♪

前菜はシーフードのカクテルです。

クリックすると元のサイズで表示します

二人して、同時に乾杯をしながら、シャッターを切っています♪

クリックすると元のサイズで表示します

スープは、季節野菜のポタージュです。

クリックすると元のサイズで表示します

近海産魚と能登産こしひかりのドリア。

牛ロースステーキのシャリアピン風。

季節のサラダにパン。

クリックすると元のサイズで表示します

お楽しみデザートとコーヒー。

クリックすると元のサイズで表示します

朝市で買いたい物が買えなかったので、ホテルの売店(凄く広くて品物の種類が多い)で、お使い物にする物を選んで、宅配便で、我が家の分は、スーツケースにパンパンに成ったけれど入りました♪

今晩が最後なので、お喋りも今まで一緒に旅行した話で、九州に二回も行ったのは、何がキッカケだったのか、二人とも思い出せず・・・・思い出そうとしても思い出せない・・・

結局iphoneでブログ検索して、やっと解決♪(マイル・暖かい)

分かってホッとしました♪

今のようにブログでは無くて、HPで着物生活を紹介していた頃の話で、やはり歳のせい?で物忘れで、二人して思い出さない事を、一所懸命思い出そうとして、お喋りし過ぎ。

温泉なのに、お風呂の時間(11時)を過ぎてしまいました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は7時50分発で、朝食は6時50分から。

今朝もバナナが出ていて、熟れていて美味しい〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルをチックアウトしてバスに乗車。

今日は真ん中よりも後の席。

前の席は下りるにも、乗るにも便利だったわね。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の予定は、能登金剛・巌門。ヤセの断崖。

クリックすると元のサイズで表示します

海は、ここは日本海と思わせる様な、荒れた海です。

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の売店に置いてある貸し傘を借りて、差すがもう風が凄くて歩けない〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

傘がお猪口に成りそうなので、差すのを止めて歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

普通に垂直な体形では、尻餅を付きそうなので、前かがみで、飛ばされそうなのを、踏ん張りながら歩くが、前に進めない〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

もう歩けないほどの強風なので、途中で引き返す事にして、此処まで来た記念写真を写す事にして、飛ばされない様に、この木に抱きついて、写して貰いました♪

写すKさんも大変です〜もう一枚はボケていました。

クリックすると元のサイズで表示します

知らなかったのですが、巌門で遊覧船に乗る事に成っていたらしいです。

帰りの新幹線で700円払い戻しされました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二見が浦の「夫婦岩」も見て来ていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

能登の夫婦岩を「機貝岩」と言うそうです。

車窓から写しました。

バスの運転手さんの運転技術で写真スポットでピッタリと停まって貰えました。

岩に白い斑点のように見えるのは、「波の花」です。

能登の風物詩と知られています。

巌寒の荒波に揉まれた海中のプランクトンの粘液が石鹸状の白い泡作っているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

バスガイドさんが、「ゼロの焦点」のあらすじを詳しく話してくれました。

3年前に娘と映画を見に行った事を思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

真っ赤なコートを着て、頭から落ちて行ったのが此処だったのですね。

近くで写せなかったので、写真を写しました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

次は曹洞宗の総本山の総持寺です。

2012/12/13

奥能登の旅(その6)12/3  ■国内旅行記(富山・石川県)

禄剛埼灯台から戻ってきた方たちから、とてもとても険しかったと聞いて、行かないで正解と思ってしまいました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さ〜次なる目的地は、「聖域の岬」と言われている島最先端にある珠洲岬は、富士山と並ぶ日本三大パワースポットと言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りて、歩いている時に、真下に黒光りする瓦屋根のよしが浦温泉「ランプの宿」が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

予約の取れない宿で有名らしいですが、名前は聞いていたけれど、こんな所に建っていると思わなかったし、もっとひなびたお宿だと思っていたら、こんなにモダンなお宿で二度ビックリしました。

5.6年前に能登地震が有ったし、3月11日の時の事を思い出すと、泊るのは怖いなぁ〜と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

この展望台は、迫り出しており、先端まで歩いて見る事が出来るのです

クリックすると元のサイズで表示します

先ずは三大スポットに行って、帰りにゆっくり見ましょうと、横目で見ながら、皆さんワクワクしながら、スポット地点に。

クリックすると元のサイズで表示します

注目度上昇中の、岩礁地帯が続く一帯には、寒流と暖流が交わる事から、自然界のパワーが集ると言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

約500万年かかって出来たらしい驚異のパワーホールです。

此処ですよ!此処!

クリックすると元のサイズで表示します

自然の偉大さを感じながら、両手を広げて、パワーをいっぱい浴びで、吸い込んできました♪

運気が上がると良いなぁ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

空中展望台に、人が居なくなったので、交代で先端まで行って、記念撮影をする事にしました。

揺れるんです〜〜〜よ。

クリックすると元のサイズで表示します

両手で支えて、揺らさないでと祈りながら、辿り着きました。

高所恐怖症の人は、駄目でしょね。

クリックすると元のサイズで表示します

此方は安心して展望出来る所です。

クリックすると元のサイズで表示します

蛸島の街並み(能登独特の、黒瓦の街並み)を歩いている時見つけた、珠洲市のマンホールの蓋です。

軍艦島と灯台が描かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

別名が「軍艦島」と呼ばれている「見附島」

正面から見ると、如何にも軍艦がせまって来るように見えますが、奥行きが100メートル以上あるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

見附島が浮かぶ見附海岸。

クリックすると元のサイズで表示します

見附海岸から恋路海岸までを結ぶ3.5kmの海岸線を「えんむすびびーち」と呼ばれる人気スポットだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

影で縁を結んじゃいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

何故に此処に鐘が??

「縁結びの鐘」だそうです♪

夜にはライトアップされて、ロマンチックですね。

クリックすると元のサイズで表示します

「縁結びビーチ」誰も居ないので、ちょっと鳴らして見ました♪

カップルで鳴らすと幸せに成れるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さ〜これで、今日の予定は全て終了です。

今朝は早かったので、ゆっくりと宿で休みたいので、早めにホテルに戻ります。

上手く行けば、太陽が沈む所を見る事が出来るかもと?急いでバスを走らせています。


2012/12/12

奥能登の旅(その5)12/3  ■国内旅行記(富山・石川県)

良い方にお天気予報が外れて、今日も信じられない位の良いお天気です。

クリックすると元のサイズで表示します

能登の朝市から、美しい田園風景の白米千枚田に向かっていますバス

クリックすると元のサイズで表示します

幾重にも重なるあぜの曲線が美しい〜白米千枚田に到着です。

似たような棚田に、九州旅行で行っていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

海へと下がる急斜面に開かれた無数のたんぼ。

幾何学模様を描く、国の名勝指定を受けて、「日本の棚田百選」に選ばれているそうです。

お天気にも恵まれて、海と空と棚田のこの風景は絵に描いたように見えます。

自分で写して満足満足。

クリックすると元のサイズで表示します

田んぼの数は、何と!1004枚も有るそうです

たんぼ一枚から?オーナー制度も有るそうですが、年に何回か来て、田植えとかしなくては駄目なので、無理だわね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影をして、ちょっとほんの少し下に歩きましたが、なんと此処での滞在が50分と言われ、どうして〜〜と聞いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで50分も要らないのに〜朝市でもう少し時間を延ばして欲しかったと言ったら、「下の方まで歩いて見学する時間を取っています。」との事。

この晴れていても寒い時期に、下の方まで歩いて見学する人は居ませんです・・・

若い方がお一人途中まで行って引き返してきただけで、時間が随分余っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ツアーでは、仕方が無いですね。

皆さん早々とバスに乗り込んでました。

バスガイドさんは、立ちっぱなしで、ずっと色々話してくださいました♪

大当たりのバスガイドさんでした♪

最近のバスガイドさんって歌は歌わないんですね?

クリックすると元のサイズで表示します

朝が早かったので、お腹が空いてきました。

お昼は滝見亭での能登海鮮丼です♪

東京で食べる海鮮丼とは、大分違います。

鮪が苦手なので、白身の多いこの丼はとても美味しかったです。

10種類を超える魚介が少しずつたくさん乗っていて、朝獲れたた物なので、鮮度抜群でした。

クリックすると元のサイズで表示します

姉妹かと思われるほど似ていた、お二人との相席で、窓から見える日本海を眺めながらのお食事でした。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の前の海岸沿いに「垂水の滝」があり、直接海に注いでいることで知られ、別名「吹き上げの滝」と言われています。

近づいて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

真冬になると、強い海風が吹き付ける日には、その流れ落ちる水が強風にあおられて上に向かって吹き上がることからそう呼ばれるようになったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

滝の水が左右に揺れながら空に向かって吹き上がる「逆さ滝」の光景は、まるで霧の中を白竜が天に昇るような幻想的なものなのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

お店にアルバムが置いてあり、そこには色々な時期の、色々な滝の様子が収めて有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに良いお天気で、良いのかしら?と奇跡の様な、静かな海を見せてくれています。

クリックすると元のサイズで表示します

次は能登半島最先端の禄剛埼灯台です。が・・・道が険しいと聞いたので、此処はパスして、道の駅で、お茶して、買い物をする事にしました♪

誰も居ない所で、二人してコーヒーに豆乳ドーナツを半分貰って、一服です。

お買い物は、大好きな「干し柿」と南瓜芋の「干し芋」に、日本で唯一残る「揚げ浜式製塩法のお塩」と、キナコです。

クリックすると元のサイズで表示します

次は日本三大パワースポットに向かいます♪

2012/12/11

奥能登の旅(その4)12/3  ■国内旅行記(富山・石川県)

今日2日目は、待望の能登の朝市に行くので、出発は7時50分(早い〜〜)

まだ外は、朝靄が掛かっていて、薄暗いです。

クリックすると元のサイズで表示します

普段は7時からの朝食なのが、今日朝市に行く私達だけは、6時半から、食べられる様に準備して貰っています♪

クリックすると元のサイズで表示します

家では何時もバナナを欠かさないので、有ると良いなぁ〜と思っていたら、有りました♪

それも丁度食べ頃の、見栄えは悪い黒く成っているものです

もっちり・ねっとりとして美味しい〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュ焚いてみたら、朝と夜ほどの違い・・・

早朝の出発だけど、連泊なので、バックと傘だけ持って行けば良いのは、楽です♪

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は最後尾の席だったので、今日は運転手さんの後の最前列の席でした♪

昨日は遠すぎて、写せなかったバスガイドさんが直ぐそこに♪

長野県のバス会社所属なのに、どうしてこんなに能登の事を知っているの?と不思議なくらい、博識で、話も面白くて、聞き入ってしまいます♪

歴史も凄くて、数字がポンポン出てくるんですね♪

旅はガイドさんの良し悪しで、半分以上決まってしまうと思います。

それに引き換え、旅行会社の添乗員は、ニコリともしない!

クリックすると元のサイズで表示します

朝市の前に、「輪島塗の工房見学」です。

販売をしている奥の方に、工房があり、ぞろぞろとお店を通り過ぎて順を追って、説明です。

あら〜柱が邪魔して良く見えません。

輪島塗は、最高級の実用漆器として、知られていますが、一つずつの手作業に寄って、生み出されているんです。

クリックすると元のサイズで表示します

塗りの工程は、何と!124の工程をえて、作られている事に驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

他の漆器と違うのが、布着せと言う工程が入る事だと思います。

これに寄って堅牢に成るんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

塗っては研ぎ・塗っては研ぎと繰り返して、こんなにピカピカでツルツルになるんです。

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい作品が並べてありますが、お椀の工程を見せて貰っただけでも、そこまで手を掛けたお椀を日常に使う必要が有るのかしら?と疑問に思います。

此処に展示されている作品は、伝統工芸品で、蒔絵・沈金が施されて、それはそれは、素晴らしい作品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

見学を終えて、お土産品コーナーでは、輪島塗ではなくて、漆塗りの滑らないお箸(超実用的)を、我が家の分と、息子・娘家族の分を購入♪

最近木のスプーンが気に入っているので、溜塗りの大き目のスプーンも購入。

使っているうちに黒から赤く色が変わってくるのを楽しみに使います♪

クリックすると元のサイズで表示します

輪島塗の朱色のペンダントが気に入ったけれど、お高くて・・・諦めました。

クリックすると元のサイズで表示します

さ〜次は、楽しみにしていた能登の朝市に向かいます。

バスの中では、添乗員さんから、朝市のおばちゃんの品物を買う時の値切り方を長々と説明され、着いたら先ず最初に、トイレを必ず指示されたお店の二階で終えて下さいと。

そのお店に今から渡すクーポンを見せるとプレゼントが貰えますので、貰って下さいと・・・時々愛想笑いを浮かべながら・・・・・・・・・



「それでは、50分後に、この駐車場でバスは待っておりますので、時間厳守で戻って下さい」と。

「え〜〜たったの50分。」

駐車場から朝市まで離れているんですけど・・・・

朝市の入り口の所に(画像右)お土産や兼・お休み処・無料トイレに行って、クーポン券と引き換えに塗り箸を頂きました♪

「お買い物の品と一緒にクーポン券を渡してください」と言っておられたけれど、クーポン券だけで頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝市で、お歳暮として一軒、贈ろうと思っていましたが、値段が書いていないお店が多くて、品選びから値段交渉も短い時間でしなくては成らず・・・・決められなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

気に掛かったのが、最初の方のお店で、珍しい赤西貝の蒸した物が売っており、試食して見たら、お店に寄って味が違う〜

赤西貝は七尾で初めて食べて、余りの美味しさに、追加で握って貰った程です。

一軒のお店は、黒っぽくて、お高いけれど、甘みを抑えて美味しかった♪

「何処から来られたんですか?」と聞かれて、「東京です。」と答えると、「三日後に東京のデパートの物産店上京するから、会いに来て下さいよ」と言われ、それでも、まだ最後まで朝市を見ていないので、帰りに寄りますと言って、買わずに一通り最後の処まで行って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で記念写真を写したら、後は寄り道している時間はもう無いほどでした・・・・短すぎ!

クリックすると元のサイズで表示します

「朝市通り」が駐車場から歩いてくると、終着場所です。

小さな草鞋が売っており、歩けなくなる事が無いと言う、おまじないらしいので、買っただけ、バスに戻る事に成ってしまいました・・・

このまま帰ったら後悔すると思い、慌てて、先ほどの物産展に来ると言うお店で、赤西貝の蒸した物を急いで急いで包んで貰って、駆け足でバスに戻りました。

ツアーで無ければもっとゆっくりと買い物が出来たのに、とても残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します

あと30分は欲しかったです。

2012/12/10

奥能登の旅(その3)12/2  ■国内旅行記(富山・石川県)

初日の最後に訪れたのは、立山連峰を富山湾越しに望む絶景の雨晴海岸です。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気が良ければ、この様にして立山連峰が見えるのですが、今日は生憎、見えませんでした・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ので、見えた場合のポスターが飾ってあったので、前で写してみました

クリックすると元のサイズで表示します

源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという「義経岩」があり、地名「雨晴」の由来ともなっています。↓

ここから今日宿泊する能登・志賀の温泉郷に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルホテルの部屋は、ゆったりとして、落ち着けました。

クリックすると元のサイズで表示します

夜遅くまで、ここでお喋りしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉大浴場があったので、部屋のバスは使いませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今晩の夕食は日本海の幸のバイキングです。

甘エビのお刺身・寒ぶりのお刺身・ズワイガニ。

どれも小鉢に入っていました。

ズワイガニは期待していなかったのに、身がぎっしりと入っていて、食べがいがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

すずきの昆布締めは、妹Yから貰った物です♪

とても美味しかった〜〜お腹いっぱいです。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は能登の朝市に行くので、出発は早いのです。

2012/12/9

奥能登の旅(その2)12/2  ■国内旅行記(富山・石川県)

ツアー最初に訪れたのは、壮厳な国宝寺院の瑞龍寺です。

此処には、以前連れて来て貰って、息子にと、お数珠を買い求めました。

5年前には、ライトアップも見に来ました

あら嫌だわ〜同じセーターを着ていました・・・パンツはオニューです♪

クリックすると元のサイズで表示します

この旅行が決まった時から、妹Yと連絡して、コースとか色々聞いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

予定が詰まっていたのに、時間を遣り繰りして、会いに来てくれました

ツアー仲間とお坊さんの説明を一緒に聞きました。

面白く分りやすく、お芝居を観ている様に、面白かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

総門(重要文化財)

正面三間の薬医門形式で、正保年間の建立です。

クリックすると元のサイズで表示します

山門(国宝)

左右に金剛力士像を安置し、楼上には釈迦如来、十六羅漢を奉って有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

左端が禅堂(重要文化財)

座禅修行をする建物であるが、食事・睡眠もとれる生活空間でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

右端は大庫裏(重要文化財)

調理配膳や寺務運営を行う堂。

クリックすると元のサイズで表示します

仏殿(国宝)

万治二年(1659)に建立。

総檜造りで、屋根は鉛板持って葺かれています。

全国的においても、金沢城石川門にその例を見るだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

記念に二人揃って

クリックすると元のサイズで表示します

此れから雨晴海岸に向かうので、此処でお別れです。

クリックすると元のサイズで表示します

一週間後に、また金沢で、会いましょうとお別れです

有り難うね。

2012/12/8

奥能登の旅(その1)12/2  ■国内旅行記(富山・石川県)

今年の初冬は姪の結婚式が二週間違いで、名古屋と金沢で有るので、それだけで、(私には)忙しいのに、Kさんから、奥能登の旅行(新聞の下の広告)に誘われました・・・・

北陸育ちなのに、奥能登には行った事が無いのです。

行って見たい♪

いや 幾らなんでも無理だわ〜〜

行きたい・無理・行きたい・無理と悩みました。

駄目もとで、夫に話して見たら、「行ってくれば〜〜」と言われ、気が変わらないうちに、KさんにOKの連絡を♪

クリックすると元のサイズで表示します

当日夫に山手線駅まで、昨晩納車された車で送って貰いました

クリックすると元のサイズで表示します

数日前に着物着物で着たばかりの駅東京駅で待ち合わせです。

色々なツアーのお客さんで、自分のツアーが何処か分らない〜〜〜

もう少し分り易いように、看板を高くして見えるようにして欲しい。

送って貰ったので、早めに到着で来たので、Kさんに連絡。

新幹線で東京駅まで来たKさんの方が先に到着して、お茶していました

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅は、新幹線新幹線はグリーン車で、バスバスはゆったりバスと言う旅行でした。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ旗の先導の下、東京駅9時52分発新幹線長野新幹線に乗車です。

クリックすると元のサイズで表示します

グリーン車は、やはりゆったりとしていますね。

お茶だけを買って、乗車しました。

Kさんに貰ったのど飴。

乗車してから、長野からのバスに乗ってから食べるお弁当と、能登の電車の中で食べるお弁当を注文しました(ツアー代とは別料金)

探して買っている暇が無いとの事で。

乗車時間は約一時間半ほどで、お茶とコーヒーだけで、ずっとお喋りしていました♪

周りの景色も覚えていない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

もう長野駅〜と言う位に、あっと言う間でした。

長野駅11時28分到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

終点でホームには誰一人居ない。

クリックすると元のサイズで表示します

旗の先導の下、バスの駐車して有る所まで、歩きます。

本当に、お弁当買っている暇は、無かったわね。

クリックすると元のサイズで表示します

長野到着なので、一枚ぐらい写さなければと、シャッターを切って貰いました

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜〜〜列に遅れて、足早に

クリックすると元のサイズで表示します

長野駅近くなのに、空き地?が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

待っていたバスは長野のバスで赤白のとても分りやすいバスでした。

日替わりでバスの席が替わるのですが・・・初日は最後尾の席でした。

ゆったりバスと言うので、期待していたら、前後がゆっくり目だけで、普通バスよりも横幅が狭い感じがして、長距離なのにトイレ無しの何となく軽い感じのバスでした。

クリックすると元のサイズで表示します

添乗員さんが、注文した人達に、お弁当を配ってくれています。

十六茶付きの9升弁当です。

美味しかったです♪

クリックすると元のサイズで表示します

お弁当を食べていたら、何と窓の外は、深々と雪が降りしきっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

え〜〜嘘でしょう〜〜〜

このまま雪深く成って来るのかと思いました。

もっと積っていた所(スキー場がある所らしい)を写しそびれ〜〜凄かったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で休憩です。

焼き栗の旗が立っていて、美味しそうだったので、試食させて貰いました。

とても大きくて美味しかったので、二人とも買いました。

焼く機械が壊れていると言う事で、特別に贈答品の高級な物を出しているそうでした♪

帰りに買おうと思っていたら、コース違いで買えなかったのが残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します

糸魚川を通過〜越中名物タラ汁って初めて聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します

黒部川を通過〜富山インターを通過〜

クリックすると元のサイズで表示します

小杉インターを降りて、此れから高岡市内にある、国宝瑞龍寺に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/12/7

(無題)  花♪野菜♪

昨日汐留から帰ってくると、玄関にポインセチアの白と赤と、白と赤のミックスの大鉢が、置いてありました♪

実物は画像で見るよりも、もっと大きいです。

夫が買って来てくれたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

何と白のシクラメンも♪

買いに行ってくれたのは去年家族で買いに行った所です。

クリックすると元のサイズで表示します

冬は花持ちが良いので、届けられる花々がまだまだ元気です。

玄関は温度差が余り無いので、鉢植えは玄関ホールに飾ります。

賑やかな、玄関空間に成っています♪

クリックすると元のサイズで表示します

通院の帰りに、久し振りに此処(娘夫婦にもご馳走した)にランチに行きました。

とてもボリュームがあって、美味しいんですが・・・・粗雑(お盆に器やお箸を並べるのが)・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

此処を紹介してくれた人に、「久し振りに行って来たけれど、当分いいわ〜」と話すと、「行きたいんだけどね・・・・・夫婦で言い合いをしている前で食べてもね・・・」と。

同感。


2012/12/6

本加賀友禅訪問着に帯3本  ●盛装・晴れ着一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

本加賀友禅の訪問着で、グレー地の濃淡に花水木が描かれています。

共八掛けで、同じ花水木が描かれています。 

クリックすると元のサイズで表示します

「太田秀典」作。落款は[薫]

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2006/3/13 22:30

投稿者:太田秀典

ホームページを見させて頂きました。

私の作った着物を着て頂き大変感激しております。

有難うございました。

今後とも宜しくお願い致します。 

クリックすると元のサイズで表示します地色が違って仕舞いました。
 
クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します

1.2は、同じ扇を手先に出していますが、扇の出方が、違います。

お太鼓の柄出しも違いました。

1は切らない作り帯で、結んでいて、2は、簡単二重太鼓で結んでいます。

★1は、04年2月7日に、きものおたすけくらぶさん主催の盛装オフ会で、横浜ロイヤルパークホテルに行った時に着用しました。

初下ろしでした♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は緑地に、金糸で小さな亀甲柄の中に、大きな蝶ちょの柄です。

花水木のお花に、蝶ちょで良いかしらと、選びました♪

長男の結婚式の黒留袖に合わせた、嫁入りの時の袋帯です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

華やかに成る様に、二重太鼓で、手先を扇に見立てて、右に出して見ました。

切らない作り帯の改良です。

クリックすると元のサイズで表示します画像が此れしか残っていなかった・・・

★2は、05年12月3日に、甥っ子の結婚式に参列した時に着用しました。(1年10ヵ月振りの着用)

とても寒い日で、初雪が降りました。

草履に透明のカーバーを付けています・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

母と妹達と♪(妹の黒留袖も本加賀友禅です。)

●帯は緑色地に金糸で大きな蝶ちょの柄で、花に蝶で良いかしらと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★3は2012年1月29日に、きものおたすけくらぶさんの盛装オフ会に、参加した時に着用しました♪(何と6年1ヵ月振りの着用でした。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

広角レンズで横に写したのが3番目で、縦に写したのが4番目です。

身長は変わらないのに、こんなに違って写ってしまいます・・・


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

前回は、おはしょりを二枚重ねて、ごろついていたので、今日は一枚になるようにして、すっきりとさせました。

一枚にすると、襟元が緩んだ時に、直し難いので、二枚にして着る事が多いです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

訪問着は一枚の絵のようになる柄付けなので、柄が分かるように、手を広げています♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

訪問着は共八掛け(例外もある)なので、柄が見えるように、写してみました。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

●帯はとても古くて良い物で、母から貰った物ですが、母は叔母から頂いた物です。

全通の帯なのですが、両端が1.5cmほど、折ってかがってあるだけの何と単の帯なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

袋状に成っていない帯を、袋帯と言って良い物かしら?

全通の単帯と言うのが正しいのでしょか?

今年の干支の辰・龍の帯です♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

寒かったので、カシミアのロングコートを着用しています。

衿はブルーフォックスのファーで、ポイントにアンティークのブローチを付けています。

クリックすると元のサイズで表示します

★4は2012年11月24日に、姪のAちゃんの結婚式に着用しました。(10ヵ月振りの着用です。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

共八掛けで、八掛けに表地と同じ、花水木が描かれています。

●帯

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西陣九百織 佐賀洛中洛外図の袋帯です。

フラッシュの光が反射して、柄が見難いです・・・

帯結びは前夜に簡単二重太鼓に準備して結んでいます♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します広角レンズで縦に写すと、こんなにすらっと写りました♪

横で写すと、寸詰まりで写るんですね・・・


2012/12/5

ライトアップを偶然に♪(11/29)  ◎洋服でお出掛け(銀座・日本橋・東京)

ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展のチケットを頂いたので、Eさんを誘って、一緒に出かける事に♪

クリックすると元のサイズで表示します

実はもっと早く着物で一緒に行こうと言っていたので、着物の装いを準備していたのです。が・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

Eさんの家族が風邪で、寝込んでしまい、丸一週間遅れてしまったのです。

前に、予定が合わず、期限が切れで行けなかったチケットが有ったので、「なるべく早めに行こうね」と言っていたので、一週遅れても行く事が出来て良かったのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回は初めての所。

汐留は、殆ど分からないわ〜ビル、ビルで。

このビルの中に、ミュージアムが有りました。

中に巨大なクリスマスツリーが有ったのに、写さなかったのが残念。

クリックすると元のサイズで表示します

先ずは、ランチ。

グルグル回って、一番奥の日本料理屋さんへ

限定15個の、雑炊定食。

鍋で雑炊にして、食べるけれど、メインが雑炊は初めてでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ふぐ・白子・帆立・海老・しいたけ等が入っていて、とても美味しかった〜

ただ熱々を最後まで食べたかったので、土鍋の蓋は置いていって欲しかった。

照り焼きも、お浸しも丁寧で、デザートがリンゴと柿というのが嬉しいですね。

とても満足のいったお料理でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

近代的な街並みで、着物で来なくて良かったかも?と話していたら、窓の外を、着物着物姿の人々が列を成して歩いているのが見えました。

何か有ったのかしら?と思いながらお喋りしていたら、何と!その方たちがこのお店に入って来こられ2度ビックリしました。

クリックすると元のサイズで表示します

会計を済ませて、入り口のお花の前で写して頂きました。

このお店は、愛媛の食材を使ったお店だったのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

お店から外を見ると、地下にこんな風にテラス席が作られていました。

クリックすると元のサイズで表示します

真冬なのに、テラス席。

北陸では考えられない光景です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓1998年10月〜12月安田火災東郷青児美術館でEさんと一緒に一度見ている事がEさんより聞いて、思い出しました。

東郷青児美術館で頂いた何冊もの図鑑から探して見たらありました♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回観たサーカスの作品も写っていました

クリックすると元のサイズで表示します

全作品の3割がサーカスの作品だそうです。

会場の中にもビデオ放映、館内外にもビデオが流されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口のポスターの前で。

クリックすると元のサイズで表示します

4時過ぎたら、お茶する所がクローズの札が出されていました・・・・

何とかコーヒーだけと言って、一服させて貰いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

外は、もうこんなに暗くなっていました夕焼け

急いで帰らないと・・・・・買い物もまだだし・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

足早に、新橋駅方向に歩いていると、Eさんが「若しかしたらカレッタ汐留で、ライトアップしているかも?」と言う事で、行ってみると、凄い人でした。

クリックすると元のサイズで表示します

「わ〜〜綺麗〜〜」

クリックすると元のサイズで表示します

始ったばかりかも?

クリックすると元のサイズで表示します

前には人・人・人・で、手を伸ばしてシャッターを切りました。

デジカメって便利ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

あら〜建物の背景が変わった〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

わ〜〜雪が舞い降りて来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

凄い〜凄い〜

クリックすると元のサイズで表示します

あら〜〜バースデーお菓子のお家に早代わり〜〜

美味しそう〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

今度は宮殿です。

クリックすると元のサイズで表示します

時計の所が、ハイヒールシンデレラに変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

そこに王子様が出て来て、二人でダンスダンスダンスをし始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

建物がお花畑になって、おしまいです。

クリックすると元のサイズで表示します

カップルの方々がキラキラ☆☆光の通路を歩いて正面のツリーの中に仲良く通っています。

さ〜〜急いで帰らなくちゃ〜〜

遅くなったのに、これで電車電車間違えたら大変と、二人して話は程ほどにして、無事帰れました♪


2012/12/4

11月24日の装い  ▲盛装・晴れ着の装い

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

姪の結婚式に着ていたのは、本加賀友禅の訪問着で花水木が描かれているものです。

クリックすると元のサイズで表示します

正絹の白地の伊達衿を使っています。

(白は無かったので、結婚式の為に買い求めました。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

共八掛けで、八掛けに表地と同じ、花水木が描かれています。

●帯

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西陣九百織 佐賀洛中洛外図の袋帯です。

フラッシュの光が反射して、柄が見難いです・・・

帯結びは前夜に簡単二重太鼓に準備して結んでいます♪

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

・帯揚げは白地に鹿の子絞りに、松竹梅の柄には金糸で刺繍がされています。

・扇子は表裏・金と銀の正装用の物。(嫁入りの時の物)

・帯締めは、綴織りで、両面色糸違いで、きゅっと締まって緩まないので、安心できる物。(人間国宝細見華岳作)

・帯留めは真珠。

・腰飾りは、縮緬の巾着の匂い袋です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します広角レンズで縦に写すと、こんなにすらっと写りました♪

横で写すと、寸詰まりで写るんですね・・・


●バック

クリックすると元のサイズで表示します

金色の佐賀錦の小さなバックです。

小さいので、香港で買った、スワトウのカラーのハンカチを入れています。

補助バックに、貴重品やデジカメもろもろを、入れています。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します

祇園の「ない藤さん」の、白い装履です。

白の蝋引きの台に、花緒も白の蝋引きで、通し前坪で紅色です。

とても履きやすくて、お気に入りです。

「ない藤さんのお店には、片足の装履と花緒が並べられています。

どれもサンプルで、売り物ではないのです。

だから台も花緒もサンプルを見てから、台は大きくも高くも出来ますし、花緒も裏や前坪も変える事が出来ます。

2012/12/3

姪のお色直し  ▲結婚式

テーブルの右横のキャンドルに灯が点されて、いよいよ新郎新婦の登場です♪

クリックすると元のサイズで表示します

会場は明かりを消して、ドアの方にスポットライトがあたり、拍手と共にドアが開いて、登場です。

ドアの前に陣取って、カメラを構えました

クリックすると元のサイズで表示します

ドアが開いて、新婦のドレスには、正直ビックリしました

でもAちゃんとても似合っていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

ドレスに負けない、モデルスタイルのAちゃんだから着こなせたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

会場はキャンドルと照明で、赤い〜雰囲気に包まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルを回って、拍手とシャッターの中、メインのキャンドルに点灯

クリックすると元のサイズで表示します

パチパチパチとシャッターの音・音・音

クリックすると元のサイズで表示します

★ミニひつまぶし丼・ミニ茶碗蒸し・香の物

クリックすると元のサイズで表示します

新婦姉の姪の姉妹が、新郎新婦へのプレゼントプレゼント贈呈。

ふわふわのドレスにリボンがお似合い。

心配していたけれど、上手に渡せましたね♪

クリックすると元のサイズで表示します

新郎新婦からもプレゼントプレセントが渡されました。

何が入っていたのかしら?

ぬいぐるみかしら?

クリックすると元のサイズで表示します

★黒胡麻のムース ジェラード添え

クリックすると元のサイズで表示します

花嫁から両親に対しての感謝の手紙です。

私の時には、もう並んだ時から、生まれて、今此処までの事が走馬灯のように巡って来て、涙が止まらなかったので、その瞬間を収めようとして、ズームでカメラを構えたのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

二人とも我慢強くて、堪えていました♪

偉いなぁ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

ドレスのフリルの所が綺麗に写ったので

クリックすると元のサイズで表示します

花嫁は花嫁の両親に、花婿は花婿の両親に、感謝のプレゼントです。

(これからどうぞ宜しくと、花嫁が花婿の両親に渡す事もあるんですよ。)

クリックすると元のサイズで表示します

新郎のお父様の挨拶に続いて、花婿の挨拶で、本日の披露宴は終了しました。

とても華やかで心温まるお式でした結婚式

クリックすると元のサイズで表示します

さぁ〜フロントから預けてあるスーツケースを受け取って、花嫁の控え室を着替えの場所に確保してくれていたので、訪問着から洋服に着替えます。(男性は楽ですね)

三夫婦で、名古屋駅までタクシーで向かい、私達夫婦はのぞみで東京に帰りました・・・・

ところが小田原近くで、停電が発生しております。のマイク放送の後に、iPhoneの地震警報が鳴り響きました。

東北地方で地震が発生した模様でした。

自宅の◯◯区に設定して有ったからです。

途中速度を落として、停車寸前に安全確認が出来て、遅れましたが、無事に東京に向かい、帰宅出来ました。

久しぶりの新幹線で、ハラハラドキドキでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ