2011/11/18

11月10日の装い♪  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

着物は金沢に旅行中に求めた藍染めの反物を、おたすけくらぶさんで藍染なので、色止めして貰い、仕立てて貰らいました。

クリックすると元のサイズで表示します 

八掛けが無難になっていて、もう少し遊べば良かったかも?

何年ぶりで着たのかしら?

垂れ感が気持ち良いです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、八寸名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期には、必ず締めたくなる帯です。

流れるように、紅葉している感じに見える、刺繍の帯です。

薄くて締めやすい帯です。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは、帯の中の一色で、黄みがかった草色。

扇子は縁が、紅の物(文扇堂)

帯締めは、帯留め用の山葵色の物。

帯留めと、根付は、紅葉とどんぐりの銀製品(かづら清老舗)

腰飾りは、紅葉の匂い袋(石黒香舗)

羽織紐は、柿色の長めの組紐。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バックは刺し色で、京都旅行で購入の「染司よしおか」とても軽い正絹の、大判の手提げ。

中が見えないように、柿渋染めの布を被せる様な作りに成っていて、重宝しています♪

持ち手は、革で出来ています。

山葡萄の小物を下げています。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

紅葉の長羽織は、嫁入りに持たせてもらった着物でした。

派手に成って着られなくなったので、羽織なら派手でも羽織れると思い仕立て直してもらいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

履物は着物の残り布で、母が頼んでくれたお揃いの紅葉柄の草履。

鼻緒は、共の柄で出来ていた物を、浅草で太めの黒のエナメルに挿げ替えてもらった。

其れなのに、伸びないし、台が普段履いているものよりも細めだったので、痛んだ足には辛かった。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ