2011/9/12

雨樋の取替え工事  工事

今まで取り付けて有ったのは、茶色の角樋。

痛んできた所だけを部分的に取り替えたり、修理しながら、建てた時のままの雨樋が付いていました。

北側の二階の一面だけが、足場を組まないと取り替えられない・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

北側の屋根の勾配がきついので、雪止めを付けないと、下を歩いている人にもしもの事が有ると危ないので、毎冬心配していた・・・

一面の雨樋だけの為に、足場を掛けるのは勿体無いと、何年も躊躇していた・・・

それが此処にきて、一階の東南の角の樋が、詰まってきて、放射能が危ないのに、手を突っ込んでも、詰まったままで、雨の時には、悲惨な状態に成るので、いつか遣らなければならないのなら、早く遣ってしまったほうが、良いと思い、思い切って、遣ってもらう事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

二階の一面の為に、大げさな足場を組んで、シートを掛けた。

近所の方は、「吹き替えですか?」と思われても仕方が無いほど・・・

若い衆が三人来て、手際よく足場を建てて行く。

垣根と建物の間の隙間に。

クリックすると元のサイズで表示します

北側一面だけだと思っていたら、西南のほんの少し(1mほど)の部分にも。

足場を建てている間に、板金やさんが古い茶色の角樋を外している。

↑正面の一階の部分は、もう外れている。

若い衆の足元のダンボール箱には、新しい白い角樋が入っている♪

クリックすると元のサイズで表示します

板金屋さんが屋根から、一階の雨樋を外した後の、受け金具を一本ずつ電動鋸で、切っている。

この時点では、隣は足場にシートが掛かっていた。(一階の東側の窓が暗くて、鬱陶しい〜)

クリックすると元のサイズで表示します

全ての受け金具を、外した頃には、隣がブルーのシートを外した(何ヶ月ぶりで)ので、建物が建っていない時よりは暗いけれど、鬱陶しいのが、いくらか改善されて、ホッとした♪

受け金具を切断した所を、コーティング材で埋める。

クリックすると元のサイズで表示します

板金屋さんは、私よりも年上で、ちょっと心配したら、工務店さんから、超ベテランですから、安心してくださいと♪

二人で、今日一日で、古い雨樋を全て外して、受け金具を全て切断して、コーティングで埋めて、おまけに新しい受け金具を途中まで、取り付けていた

明日で終わると言われ、早〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

今日は満月です

クリックすると元のサイズで表示します

一階のウットデッキから見る満月

今日は良いお天気で、板金屋さんのシャツがびっしょりでした。

お疲れ様でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ