2011/9/5

セ-ルストーク?(無題)  デジカメ

写真スタジオの帰りに、ビックカメラに寄って、デジカメのコーナーに行って見る。

ジャパネットの広告に、修理代(12000円)よりも安いデジカメが載っていたので、現物を見て見たかった。

それも今まで三台続けて使っていた、カシオEXILIMの製品だったからなお更。

「今まで使っていたデジカメの画像が白くなって、修理しょうか?新しい物を購入しょうか?考え中」と話す。

今臨時に使っているのは旅行用のデジカメ。

「修理代よりも安いなら購入したいと話した」ら、「1万円台のを購入するなら、修理して使ったほうが、良いと思います」と言われた。

クリックすると元のサイズで表示します

デジカメの最初に写っている写真を見て、「もしも1万円台の機種では、JALの文字はこんなに綺麗に写りませんよ。」との事。

「それは困る。」

クリックすると元のサイズで表示します

「絶対に修理して使う事を進めます」と言われると・・・店員さんが何故購入を勧めないのかしら?と不思議に思う。

今使っている機種は、旅行に使うには良いけれど、着物姿を写すとずんぐりむっくり写って気に入らない。(頭でっかちに写る)

「これは広角レンズだからかしら?」

店員さんが持った機種を上下に振りながらシャッターを切ったのに、ピントが合っている

店内を写した画像を比べてみると、制服の赤色が、私の機種では、朱かかって見えるのに、店員さんの写した画像では、赤色!

クリックすると元のサイズで表示します

一番大きくズームで写した画像が、私のはすこしボケる・・・

店員さんのはズームが大きくてもピントが合っている

「良いですね♪」

「今一番人気の機種です。」

「向井理がCMしている機種です。」

「土日でお安くなっています♪」

「でも大きいのが・・・・もう少し小さくて薄いのが無いのかしら?」

「これだけです」

「色は赤が良いのだけれど」

「ピンクですね〜」

手ブレがしないのは、人に頼むときに、安心だし、色がそのままの色で写るのも捨てがたい。

ズームで写す事は殆ど無いけれど、接写が1cmまでOKと言うのも良かった。

結局、「修理したほうが良いですよ」から始まって、見事に素晴らしいセールストークに嵌って、「じゃぁこれをください」と言ってしまいました。


初代のソニーのサイバーショットDSC−P100
2004年4月発売

初代クリックすると元のサイズで表示します

受け渡しを失敗して落としてしまい、レンズが傾いて出たまま、引っ込まない。

ブログを始めていたので、待ったなしで、デジカメは必要なので、その足で、二代目のデジカメを購入♪




二台目(6年1月27日発売)を6年5月31日に購入なので、落下ですが、初代は2年持たないかった事に成ります。

二台目クリックすると元のサイズで表示します

        ↑

三台目を7年12月5日に購入なので、二代目は何と!!1年6ヵ月しか持たなかった

今ネットで調べたら同じ症状で壊れた人が多数。
欠陥品ではと書き込みが多数。

電卓屋のデジカメはもう買わないとも書かれていた。


12000円かけて修理して、娘が今使っていますが。



三台目クリックすると元のサイズで表示します

三台目、修理して使っておりました。

三台目は7年12月5日に購入して、9年10月12日に修理しているので、1年10ヵ月しか持たなかった事になります

それが、今回又同じ症状で壊れました・・・ 

なので、修理した物の1年10ヵ月で壊れました。

クリックすると元のサイズで表示します

三台目が壊れたときに、四台目を9年10月12日に購入しましたが、着物姿がずんぐりむっくり写ってしまうので、三代目を修理しました。

四台目は旅行用と割り切って、ずーっと三台目を使っていたのが、また同じ症状で壊れてしまい、二度も修理して使うのは?と、考えて今回、購入に至りました。


結局、カシオのデジカメは普通に使っていて、1年6ヵ月・1年10ヵ月・1年10ヵ月で壊れてしまった事になります。

毎日使っているとは言え、余りにも耐久年数少なすぎ。


長期保障を付けて置くべきでした・・・


でも最近まで使っていた、三台目が使いやすくて好きでした♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ