2011/1/5

1月3日の装い♪  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

母が大好きで着ていた白大島♪

好きだったのが分るんです。

色々手元に来たのですが、この着物が一番着ていたのが分るんです。

大島は裏表が無いので、裏返しで仕立て直そうか?

直しても何回着るか分らないから、シミ抜きに出して、そのまま着ようか?考え中です。

八掛けは紫色で、柄も好みで、似合うように思います。

裄を布幅一杯いっぱいまで伸ばして、染み抜きも頼んできました♪

身幅は同じなので、身丈は腰紐の位置で調節します。

次回の着用には、ゆったりと見えるかしら?
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

帯は薄紫色の、浦野さんの経筋紬(鎌倉の浦野宅で)

無地の名古屋帯だから、きちっとお太鼓の部分を計らなければ成らないのに、慌てて三角にクリップを止めてしまい、お太鼓に折しわが・・・・

お太鼓柄はそんな事には、成らないのに、無地は気をつけないと駄目ね。

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは、綸子地に、梅柄の飛び絞り。

扇子は、干支の兎が描かれている物。(浅草の分扇堂)

帯締めは、5分紐(伊藤組紐)

帯留は、象牙に人参を握った兎(香港のデパート)

根付は、象牙風の兎。

腰飾りは、椿の匂い袋。(かづら清)

●バック

クリックすると元のサイズで表示します

小型の箱型バックも、絞り

半分が鹿の子絞りで、半分が黒地に流水に花びら。

クリックすると元のサイズで表示します

手提げは弓ヶ浜絣。

お正月なので、松の柄。


●履物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手持ちの絞りの布で、鼻緒を仕立てて貰いました。

シルバーグレーの二段の台に、灰色地に、白と水色の鹿の子絞り

鼻緒裏もグレーにしてみました。


●羽織物

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道中着は水色掛かったシルバーグレー地の杢目絞りで、軽くて暖かい。

薄茶色の部分もあるので、二度染め? 

今日は絞りでまとめて見ました。

裾よけも、絞りの羽織から作ったもの。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ