2010/12/20

チャーリーは家族だった♪(12/15)  大好きだった愛犬チャーリ♪

チャーリーが、天に召されて、どうしたら良いのか、分らず、お布団に寝させて、赤いフリースを掛けてあげました。

クリックすると元のサイズで表示します

自分の首輪が大好きで、お風呂上りに、チリリン・チリリンと付いている鈴を鳴らすと、飛んで来て、付けてくれるのを、待っていたけれど、ここでは外して上げました。

楽になったでしょう♪

クリックすると元のサイズで表示します

夫が仏壇から、お線香立て・蝋燭立て・お線香・蝋燭(七尾の和蝋燭で、買ってきた物)数珠・凛・凛棒・蝋燭消し等を用意して、お花には、大好きな庭に咲いている、千両を生けました。

私は、食器とリードを並べました。
最後まで足毛を刈るのを嫌がった、バリカンも。

クリックすると元のサイズで表示します 20時06分

娘が仕事を終えて来てくれた。
亡くなったのが信じられないと・・・(今日の経過を知らせて無かったから)

チャーリーは、暖かくてまるで生きているようです。
眠っているだけのようです。

クリックすると元のサイズで表示します 20時11分

次男には、経過を知らせていたけれど。
チャーリーを買った時には、次男には忘れられない事があったから。

抱きながら、揺らすとまるで、動いて見えて生きているように錯覚するくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

長男家族も来てくれたのに、画像が無い・・・
孫たちは、亡くなった事が分ったのかなぁ?
チャーリーを撫でていた。

皆が揃って、チャーリーも生きていたら、どんなに走り回って喜んだ事だろう。
チャーリーに最後のお別れに集まってくれて、今日の経過を話す。

まだこの時点では、これからの事は決まっていない・・・
動物病院で貰ってきた、三ヶ所の霊園?のパンフレットから、埋葬する所を決めなければ。

長男が近くの、霊園を調べて来てくれた。
ネットで調べてみると、預かってくれるのは近い所だけれど、火葬場所は府中で、遠いと言う事が分った。

霊園から迎えに来てくれて、渡すらしいが、そんな別れはしたくなかったから。

いただいたパンフレットの一ヵ所が、24時間電話受付と成っていたので、問い合わせて見ました。

問い合わせるだけだったのに、話を聞いて、こちらでお願いすることにしました。
明日の10時半にお願いしました。

夫と二人で、「火葬して来るから」と、子供達に伝え、次男は、また山梨に帰っていきました。
皆それぞれが、帰って行きました。

今夜は、私とチャーリーと同じ部屋で眠る事にしました。
居間に、寝させておくのは忍びないので。

布団に寝させたまま、ベットの横に並べて寝ました。
この時点で、硬直が始まってきました・・・

でもまだ暖かい♪です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ