2010/12/6

サントリー美術館  ◎着物でお出掛け(袷)

サントリー美術館のチケットが手に入ったので、Eさんを誘って観賞する事に成りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

以前から最近着物を着ていないので、「今度出掛ける時には着物を着て行こう」と言っていたので、お天気も良かったので、実現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

最寄り駅から、お喋りしていたので、乗換えを間違いそうになり・・・無事ミッドタウンに到着♪

館内は、クリスマスの飾り付けで、賑やかです。
色々の出店が出ています。

ここが夜のイルミネーションに変ると、ブログ書いていて気が付きました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前に食べて美味しかったお店の名前が分らないけれど、インフォメーションで和食で、店内に萱葺きの屋根があって、お茶碗が高山寺のお茶碗と、思い出した事を言って、「淡悦」と言うお店だと分り、行って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

インフォメーションで、お店に屋外テラスのある所を希望していたので、予約してみるとあと一席と言われ、予約をしてもらってから、行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋外のテラスの椅子に、着物でそのまま座るのは、はばかれたので、ナフキンを貸してもらい、着席♪

12月の屋外なので、私の後ろに立っているものは、暖を取る為の物なのですが、ポカポカなので、消してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の方に写してもらいました。
何時もの様に角度を変えて写してもらったので、背景が全然別の所の様に写って、紅葉の羽織を着て来れて良かった♪

クリックすると元のサイズで表示します

注文したのは野菜膳の天麩羅付き。

クリックすると元のサイズで表示します

ヘルシーで品数が多くて、楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します

お肉もお魚も有りません。

クリックすると元のサイズで表示します

全てが野菜だけです♪

クリックすると元のサイズで表示します

着物が似合う店内です。

クリックすると元のサイズで表示します

突き当りが、野外テラスがある所です。

クリックすると元のサイズで表示します

お店を出ると、ゴーストのツリーがケースに入って飾ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します

前回サントリー美術館に来た時もクリスマスツリーが飾ってありました♪

観賞したのは「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」です。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて知った名前です。
浮世絵の喜多川歌麿、東洲斎写楽、戯作の山東京伝、狂歌の大田南畝(なんぽ)といった江戸文化を彩る花形スターが登場します。
このスターたちの作品を巧みに売り出し、江戸文化の最先端を演出・創造したのが、版元の蔦屋重三郎でした。

この人が居たから、今の世にも名前も作品も残っているんですね。

白だけの飾りつけは、清楚で良いですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

サンタさんばかりのツリーです。

クリックすると元のサイズで表示します

一体全体サンタさんは何百体居るんでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ