2010/8/26

8月13日の装い♪  ▲今日の装い/薄物

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

着物は、アンティークの、薄い透け透け感の有る平絽?です。

薄紫色で、格子にトンボ柄の小紋です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

アンティークなので、私には小さ過ぎて、胴接ぎを入れて仕立てました。
無意識に着付けましたが、接ぎの無地部分が見えなくて、良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は白地に黒のすくい帯。(今日が二度目の着用)
自分で名古屋帯なので、かがりました。

薄くてすけすけ。
帯板が写りそうな位。
芯がないので、クタッとしている。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは、綿素材の薄紫色。(一衣舎)
扇子は縁が紅の物。(分扇堂)
帯締めは濃紺の真田紐。
帯留めは、七宝焼きで、朝顔柄。(はいからさん)
腰飾りは、匂い袋でトンボ柄。(石黒香舗店)
根付は、象牙のほおずき(伝統工芸展)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

籠は、かごやの東北地方産の山葡萄です。
職人の悠帆さんの作り上げた一点もの。
山葡萄のペンダントを下げてアクセントに。
もう片方は、ワックスを掛けて、別のブローチを付けています。
両面別の表情を楽しめる。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

履物はオーダーした馬来草の草履です。
馬来草
マレー半島原産稲科系植物
網代織り
新草と乾草とを交互に重ね織りした物で、重量感があり、年数を重ねると更に変化に富んだ光沢が得られる天然素材の絶品です。
鼻緒は、白の革を選びました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ