2010/7/14

同級会で草津温泉に♪(その4)(7/11)  ■国内旅行記(同級会)

画像は12日の早朝に写しました♪

選挙速報を見ながら、聞きながら、二次会が終了したので、此処で初めて草津温泉に浸かる事にしました♪

引き戸が開いた時に、中が見えないように、暖簾と衝立で、配慮して有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

今晩は私達だけが泊り客なので、男湯を先に、写す

中はまだまだ檜の香りがする、総檜造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手前左は、ガラス張りで、露天風呂に成っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

奥のお湯が出て来る所は、桶でお湯を注いでいる像がとても可愛いです。

クリックすると元のサイズで表示します

天井にはこんなに太い丸太が使われていて、温泉の湯気が抜けるような格子戸に成っています。

女湯です↓

クリックすると元のサイズで表示します

コチラは露天風呂ではなくて、温度の違う湯船が二つ有りました。

小さい方は、熱くて、ぐっと我慢をして入っても、直ぐに出てしまうほど、熱いお風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの天井も、太い丸太が使われていて、檜の香りがします。
新しいお風呂って、気持ちが良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

湯畑から直接引いている温泉は、とても熱いです。


気持ちよくお風呂に入って、部屋に戻って来て、はめているラピスラズリーの指輪を見て見ると、綺麗な青紺のラピスが、何と!表面が白く化学変化?している様に見え、ビックリして、浴衣の紐で、ゴシゴシと必死擦ったら、元の色に近づいたので、ホッとしました。

草津の湯は酸性度が高いので、このように成ったのだと思います。
成ったばかりだったので、直ったけれど、此れを朝まで気がつかなかったらと思うと、ぞっとします

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ