2010/7/4

7月2日の装い♪  ▲今日の装い/薄物

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着物は綿と麻の交織の近江の物です。

何枚かの端布として売っていた物を、自分で仕立てた物です。
軽くて肌に付かないで、サラッとして着易かった♪
裄もたっぷり取れて、言う事なしです。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

夏の着物は洗えると思っただけで、どんなに暑くても,洗えるから、ホッとします。

軽くて、裾がフレァースカートの様に成っちゃった...

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、絽綴れで、孔雀が描かれている物です。

扇子の下に、裏のガラが写って見えます。
右巻き・左巻きで胴の太さに対応出来る様になっているが、透けて見えちゃってはね・・・
間に透けない帯板を入れれば、解決だったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

・帯揚げも濡れても大丈夫なように、綿素材で薄紫色。
・扇子は、今から咲き誇る、朝顔が描かれている物。
・帯締めは、赤煉瓦色の真田紐。(色落ちするかしら?)
・帯留めも朝顔柄の七宝焼き。(去年も一昨年も使いそびれ・・・)
・根付は、揺れる大小の千鳥(これも出番が少ない)
・腰飾りは、色を合わせた西陣織の匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します

タイのバンブバック。
中袋付きなので安心です。
着物の色に合わせて、エルメスの青リンゴのキーホルダーを付けてます。(画像はレモン)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

胡麻竹の右近下駄に、小千谷縮みの出店で購入の、ベージュの麻の端切れで、仕立てた鼻緒。
女将さんお薦めだったのですが、台と鼻緒が同系色でイマイチだったので、前坪を柿色にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

日傘は雨晴兼用の、軸が伸び縮みするので、持ち運びに便利。
縁のフリルが可愛い〜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ