2010/6/24

●川越唐桟双子織りの青い縞単衣一枚に帯四本  ●木綿一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この着物を着た画像をアップした時に、直ぐに友人から、今まで私の着ている着物を見ているけれど、この着物が一番私に似合うと言われました♪

自信を持って、この着物は私のお気に入りと成りました♪

それにしてはまだ7回しか着ていないと言う事は、勿体無いです。

真楽のミニオフ会で川越で寄った時に、じっくりとあれこれ選んでいる暇はなく、4人の内で私だけが購入して仕立ててもらった物。

双子織りは数も少なく、私のように裄が1尺8寸5分もあれば、男物で無いと裄が出ないと言われたので、選ぶ反物はぐっと少なくなってしまいました。

その中から直ぐに選んだのがこの反物です♪

着ていると絹にも負けない、柔かさと艶があります。
そして何よりも薄くて目が詰んでいるのです。

素朴なざっくりとした木綿の着物を想像していたら、全然別物と思ってしまいます。

それは細い綿の糸を使って織るからです。

水通しをすると、縮むのでお袖分だけ、余分に買って仕立てて貰ったものです♪

最近知ったのですが、この川越唐桟はもう織られる事が無いそうです・・・

機械も古く、織る人が居なくなったからだそうです・・・

機械に途中まで織られた反物が・・・そのままになってストップしている写真を見ると、とても残念な事ですね。

大事に大事にしていこうと思います。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は04年5月14日に奈良に行く時に、直ぐに選んだのがこの川越唐桟です♪

まさにこの時期にぴったりの、生紬に紫陽花が描かれている名古屋帯を締めて、京都まで真楽のIさんとご対面しに出かけました。

画像は祇園の「ない藤」さん。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します
 
先日京都展で買い求めた装履を履いて、是非一番に訪れたかったお店です。

この日におんぼらーと」の店主と会いました。

何故かこの着物って同級生と縁が有る?

只時期が同じだっただけ?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの玄関ホールの絵画が素晴らしかったので、記念に。

お部屋の床の間に飾ってあった、額の言葉が私も「Kさん」なので、このような人に成れたら良いなァと思いました♪

《Kさん おてんとうさまの ひかりを いっぱい吸った あったかい 座ぶとんの ような人》

★2は04年6月13日に義父の誕生パーティーが雅叙園で行なわれたので、京都の装いと同じで、帯締めだけを、薄紫色の冠組みに変えて着て出かけました。

装いの中で、ない藤の装履が一番高価でした。(苦笑)(1ヵ月振りで着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は前回と同じ、生紬の紫陽花柄の帯です。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は05年5月24日に川越唐桟を見に、かんだやさんに友人を連れて行った時に着用しました。(11ヵ月振り着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

今回は川唐購入がメインだったので、じっくり時間を掛けて、お二人とも選んで、二枚お買い上げされました。

気に入った様に、出来あがっていると良いのですが。

私は綿紅梅の長襦袢のお仕立てを頼みました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は「浦野さん」の縦にシボが特徴の経筋紬の薄紫色の9寸名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

○絽の男物の長羽織を着ています。

男物と分らないように、袖付けに振りを付けて、女性物の袖付けに直しました♪

後が寂しいので、縮緬細工の薔薇と蝶を背守に付けて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

この後大雨に降られて大変でしたが、羽織のおかげ川越唐桟は大丈夫でしたが、履物が悲惨な目にあいました・・・

★4は06年5月21日に中学校の同級会で、銀座に着て行きました♪(1年振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

会場はやはり郷里出身の「大志満」でしよう。
「叉しましょうね♪」と言っていたのに、あれから、遣っていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯はやはりこの時期に締めたくなる、紫陽花柄の生紬の帯です。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は06年10月14日に銀座で着物仲間とお喋り♪(5ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Yさんお久し振りです♪

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は月とススキと鈴虫柄のすくい織りの名古屋帯。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します 

木綿の着物は何枚か持っていますが、川越唐桟が一番お出掛けに着ていける様に思いました。

余り着物に詳しくない方には、木綿と言わなければ分からないと思うのですが・・・?

私は身丈が4尺3寸で裄が1尺8寸5分なので、袖分を別に買いました。

木綿は水通しをすると驚く程縮むので。

縮ませてから仕立てるので、家で洗える様になるんですね。

★6は07年06年6日に「近江上布・夏の装い展」に行った時に着用。(8ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 
●帯は1.2.4と同じ生紬の紫陽花柄の名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は08年5月1日に何時ものメンバーと銀座に着て行きました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

随分痩せちゃったわ〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は麻地に紅型で、鳥柄の二部名古屋帯です。 

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

○塵除けは緑色のレースの道中着です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう一枚川越唐桟があるけれど、白地なので、殆んど着る機会が無くて、今年こそ着れるかしら?




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ