2010/6/9

●浜縮緬の縞染小紋単衣に帯7本  ●単衣一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します

この着物は、着物に嵌ってから、直ぐに無料着付け教室に通っていた頃に、問屋さんと称する、展示会?らしい所で、買わされて?買った?初めての着物です。
一応気に入って買ったので、買ったことにします。
それでも買っただけで、ガードもお仕立てもそこで頼まなくて、反物だけを(京都に送り返して、点検済みで送ってきた)購入。

縞の柄なので、自宅で、柄合わせを自分で色々考えて、デジカメに収めて、悉皆やさんと相談して、仕立ててもらった物。
思い入れがあるので、今でもお気に入りの一枚です。

着物に嵌った時に、PCで色々「着物のサイト」を見ていて、初めて「オフ会」と言う意味も知らずに初参加したときに、初めて着用したのもこの着物でした。
「浜縮緬の染めの単衣」で、濃紺地の縞で、追っかけの柄つけで仕立てました。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します
7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年5月12日に 柴又の山本亭に行った時に着用しました。
初めて、着物仲間のオフ会に参加しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

画像は山本亭の玄関のお花の前で♪ 

クリックすると元のサイズで表示します

●帯はアイボリー地の塩瀬の9寸名古屋帯で、柄は薄紫色の牡丹と白の牡丹で葉っぱも白です。

クリックすると元のサイズで表示します

○塵除けには、ぼかしの大島の道中着き着て行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

★2は02年6月3日に自由が丘で、着付け教室の皆さんと会った時に着用しました。(1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は白地の絽の名古屋帯で、墨で花が描かれています。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は02年9月23日に、狂言を初めて鑑賞した時に、着用しました。(3ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Aさんと初めてお会いした時です♪

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は 白地の(クロスステッチ刺繍をする布地のような織り方)9寸名古屋帯で、銀糸で抽象的な花の柄で、付け下げにも使用します。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

★4は03年5月5日に孫の初節句の時に着用しました。(8ヵ月振りに着用しました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

孫のHの初節句を祝いました♪
父である長男が、初節句の時に着た、羽二重の染めの着物と、袖なし羽織を着せました。

クリックすると元のサイズで表示します

母に弟に姪も、丁度来てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は1と同じ帯です。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は03年5月10日に金沢に行った時に着用しました。
10日は加賀友禅工房を見学しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は白の絽の8寸名古屋帯で 自分で手先まで全部かがりました。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

★6は03年5月13日にミニおふ会で、石川県立美術館に美人画を見に、行った時に着用しました。
この日は10日と同じ装いだったので、カメラで写して、デジカメでは写しませんでしたので、画像が有りません。

★7は03年10月4日に銀座に行った時に着用しました。(5ヵ月振りに着用しました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は縮緬の山吹色の無地の9寸名古屋帯。
私には縮緬の帯は、とても締めにくいです。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

アップして見て去年は一度も手を通さなかった事が分かった。
勿体無い。。。
今年は着てあげよう♪
お気に入りの着物なのに。
それにしても白い帯を締めている事が多い。
もう少し違う帯も締めるようしないとね

★8は06年5月31日にSさんと六本木から有楽町に行ったときに着用しました(2年8ヵ月振りに着用しました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は大好きな紫陽花が描かれている生紬の名古屋帯です。
たれがちょっと長すぎました・・・

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します

★9は08年5月9日にAさんと民藝館とKさんと銀座で会いました(1年と11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は期間限定と思われる藤の花が描かれている、塩瀬の名古屋帯です。
でも、この時期に何度も締めれば、期間限定でない帯よりも、使い回しが出来ると思います♪

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

○塵除けは、Kさんと色違いのお揃いで購入したレースの道中着。
渋い緑色。
黒っぽい着物に羽織と、とても地味に成るので、白っぽいのがもう一枚有ると良かった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最近余り着ていないのが、よく分った。
数少ない柔らか物の単なので、もっと出番があっても良いはず。
もっと着てあげよ。

★10は、10年6月3日に「おくりびと」を観に行った時に、着用しました。(2年1ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯は、生紬に紫陽花が描かれている、二部式名古屋帯です。
この時期にしか締められない帯って、締める機会が少ない様に思うけれど、逆に、この時期には必ず締めるので、季節に関係ない帯よりも、締めるチャンスが多いと思います。

朝顔の帯が有ると、良いなあと思います。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

○羽織は、「浅草きものまつり」で、駒絽の白生地を染めて仕立てた物。
目がつんでいるので、絽には見えにくい・・・
単衣羽織として羽織れるかも。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ