2010/4/27


Sさんからのお誘いはいつも突然に♪

「おはよう今日予定ありますか?なかったら銀座でランチしませんか?」

それなのにいつもOKなのです。

直ぐにメールで「レストランは予約済みです♪」って「早い〜♪」

三越前に11時半との事、大慌てで、出掛ける用意。
何にも準備していないから。

「お店は何処??」とちょっと気になります。

コアビルの中らしい♪

それでも分らない??

エレベーターの7階で、ドアが開いたら、此処は何処??状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

照明を落とした感じで、重厚なインテリア。
女性の方が直ぐにSさんの名前を呼んで、話掛けてきたので♪
会員制のレストランなのでは?と、最初は思いました。

あまりにもお花が綺麗で、華やかなので、写真をお願いしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

此処から正面のガラスの、三角のケースまで歩いて、右に曲がると、なんとトンネルの様に成っていました♪

クリックすると元のサイズで表示します

行ったのは、イタリア高級リストランテ「エノテーカ ピンキオーリ」です。

クリックすると元のサイズで表示します

名前は以前から知っていたのですが、お店の場所は、知らなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に驚いたのは、この長いトンナルのような廊下です。
こんなに沢山のワインも見た事がありません。

クリックすると元のサイズで表示します

ワインの博物館と言われるのも、解るような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

此処を通り抜けると、明るくなって、お食事するテーブルが有りました。

此方にも大きな鉢に、豪華なお花が活けてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

黒のスーツを着た男性が、テキパキとサービスしています。

窓に面した席に案内されました。

クリックすると元のサイズで表示します

天井のライトが、オシャレです。

クリックすると元のサイズで表示します

席に付いたら、Sさんが、「頂いたお食事券があるので、一緒に食べて♪」と言われ、ビックリ

クリックすると元のサイズで表示します

そんなつもりで、来たのではなかったのですが、お言葉に甘えて、ご相伴に預かる事にしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

★前菜は、たたき風にした鯛のタルタル フェンネルと柑橘類の香り トマトコンポートとアボガド添え。

クリックすると元のサイズで表示します

パンが柔らくてふわふわ。

クリックすると元のサイズで表示します

★いろいろ貝類と菜の花のソースで和えたスパゲティー ボッタルガ添え

クリックすると元のサイズで表示します

貝類が大好き♪
麺類苦手ですが、これ位の量なら、スパゲティー美味しく頂けます。 

クリックすると元のサイズで表示します

近くで写してもらうと、大きい画像になっちゃう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まだ娘の結婚式の写真を、見て貰って無かったので、見てもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りなので、話すことが沢山有り、お料理の説明も上の空・・・

クリックすると元のサイズで表示します

中欧5ヵ国(10年前は東欧と言っていた)も10年前に一緒に行ったので、旅行の話もいっぱい♪

クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパは、スペインを皮切りに、フランス、イギリス、イタリアと一緒に行って居るので。

クリックすると元のサイズで表示します

★メインは、スズキ 茸の衣を纏わせて、ハーブオイルソースとカリフラワーのピュレ

クリックすると元のサイズで表示します

★デザートはバナナと柑橘類のトルティーノ
ココナツとマンゴーのムース パッションフルーツのソース

クリックすると元のサイズで表示します

★自家製ビスコッティーニとコーヒー

クリックすると元のサイズで表示します

結局店内に、お客さんは私達二人だけが残ってしまう。

帰り際に個室を、ちょっと写してみました♪

クリックすると元のサイズで表示します

化粧室は華やかで美しいく、広すぎるくらいです♪

クリックすると元のサイズで表示します

飾り棚の前で、ゆったり腰を掛けて。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の本店の有る、フィレンツェの景色の絵が懐かしく思える♪

クリックすると元のサイズで表示します

フィレンツェでは、娘と再会した時が、今でも思い出される。

Sさん♪ご馳走様でした。
ゆっくり色々色々話せて、とても有意義なひと時でした。
有難うございました♪

クリックすると元のサイズで表示します

少し銀座の街を歩いて、まだ話したり無い?
ニューメルサの文明堂パーラーでお茶にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

天井まで、いっぱいのステンドグラス(砕いた破片で)かと思ったら、描かれた物でした。
それでも、迫力ありました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ