2010/3/1

黒留袖一枚に帯二本  ●黒留・色留一枚に帯○本

留袖は、嫁入りの時に、両親が金沢の「竹屋」で揃えてくれた物です。

もう39年も経っています。

袖丈は1尺5寸に成っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

縮緬の本加賀友禅で、牡丹の柄です。

一番好きな着物です。

★元は水野博さんという大家の作品ですが、63歳で亡くなられ、その作品を娘さんの水野陽子さんが再現されたものと思われます。

陽子さんは正式に友禅作家として登録され「博寿」という落款を入れておいでですが、おそらくそれまでの間に仮に入れていた「陽」を崩した落款かと思われます。

呉服屋さんにお聞きした物

クリックすると元のサイズで表示します

上前の牡丹の花芯に、刺繍を刺して貰いました。

着用回数は、妹・弟・妹・長男・娘と、まだ五回です。
勿体無いと思います。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

1の帯は、妹・弟・妹・長男の時に締めました。

2の帯は、娘の時に締めました。

★探しても、この写真しか残っていない、弟の結婚式の時の物。(二度目着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帯は、緑地に金糸で小さな亀甲柄の上に、大きな蝶が重なっている袋帯です。

★長男の結婚式の写真。(四度目着用)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、緑地に金糸で小さな亀甲柄の上に、大きな蝶が重なっている袋帯です。

帯揚げがちょっと出すぎていますが・・・

娘の結婚式に着用。(五度目着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

姪や甥の時には、訪問着・色留袖・色無地で、一度だけ洋服で出席した事が有ります。

その時には、三人の着付けをする必要があったので、自分が着る余裕が無いと思ったので、あえて洋服にしました。

それ以前の従妹達の時には、まだ着物に嵌っていなかったので、洋服でした。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

半襟は、白地に刺繍物です。

帯は佐賀錦の本袋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します色が全然違う・・・着用の色味です。 

ずーと、袋帯だとばかり思っていました。

今回出して見て、「簡単二重太鼓」にクリップで、試に締めて見ようと思ったら、「柄仕舞い」が無い事に気が付きました。

全部に柄が織られている、全通柄だったのです。


よく見ると、両脇に縫い目が無く、袋状にして織られているようです。

丸帯・本袋帯・袋帯等、色々有りますが、本袋帯は、芯は薄手の正絹を入れてあり、両脇に縫い目・縫い代がない分、締め易いように思いました。

全通なので、柄を気にしなくて良いので、楽でした。

クリックすると元のサイズで表示します

大分前に、この日の為に、揃えておいた物です。

自分で揃えた物の中で、一番奮発しました。

集合写真は上半身しか写っていなく、帯は前列の人で、見えない〜〜




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ