2010/1/2

H世界遺産の聖家族教会(12/16)  ◆海外旅行記(スペイン)

バルセロナに行く途中で、昼食です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

壁画見学で、遅くなったので、店内には、現地の人々のランチの時間と、重なってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

何だか皆さん、ぐったりと疲れた感じですね。
お疲れ様でした。

「オプショナルツァーがありません」と、うたっていると言う事は、一人で時間を使えない人には、良いかも知れないけれど、折角ここまで来たのだから、もう少しこの辺を見て見たい。
と言う事が許されないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

きゃ〜またまた恐怖のレタスサラダです!
もう何回出て来ているのでしょう。

お仕着せの料理では、似たような物ばかりです。
(だからと言って、メニューを読める訳では有りませんが、ガイドブックの料理の写真を、見せて頼めると思うのですが)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

パンは「パン・コン・トマテ」(田舎パンにトマトをこすり付けて、オリーブオイル・塩を振りかけて食べる)

飲み物は、バレンシアオレンジジュースを頼んで見ました♪

メインは出てきた時には、焼きソバのぷつぷつ切れて居る物かと思いました・・・

何だと思いますか?
食べた事が無い物でした。ヒントは、ムール貝。

なんと
パスタのパエリアだそうです。
別に美味しい物ではないですね。

クリックすると元のサイズで表示します 

デザートはプリンです。
プルプルの柔らかい物。

これからまだまだ見学があるんです。
まず最初は、スペインと言えば、誰でもが思い出す、サグラダ・ファミリア教会です。

12年前に来た時に写した写真で、比べて見たくて、持って来ました。
その頃は後200年(12年前のガイドブックに記載)掛かると言っていた様に思いました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

バルセロナのシンボルと言えば、ガウディの未完の大作・サグラダ・ファミリア教会です。

ガウディは1852年カタルーニァ地方のレウスの金物細工師の子として生まれた。
バルセロナの建築学校を卒業した彼が、世界に認められたのは、1878年のパリ万国博に出品したショーケースのデザインでした。

これに目を付けた、グエルは、グエル邸やグエル公園などの建築を彼に依頼して、スポンサーになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

晩年のガウディはサグラダ・ファミリアの建設に専念して、質素な生活を送っていました。
1926年に市電にはねられて亡くなった時には、あまりにもみすぼらしい服装に、浮浪者と間違えられたという事でした。

死後80年以上経った今も、ガウディの建設は多くの人々を魅きつけてやまない。

建設に全てをかけたガウディは着の身着のままでで、建設中の教会で寝泊りして、たまに街に出たときに、あまりのみすぼらしさに、乞食と間違えられて、道行く人が小銭投げたほどだったそうです。

その僅かなお金も拾い集めて、寄金として大切にしたそうです。
観光客が支払う見学料が主たる財源と成っているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちら側が、「御誕生の門」です。
最初の画像が全景です。
キリストの降誕を描く彫刻を見ていると、これが本当に石で出来ている事に驚きます。

まるで生きている様に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

建物内には、エレベーターがあります。
12年前もありましたが、乗りませんでした。

今回も登る人と、ガイドさんに付いて、説明をして貰う人との二手に分かれました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらが、「キリストの受難の門」です。

ガウディの設計図では、教会はラテン十字型、5身廊と5身廊の交差廊と言う構成。
外側は「キリストの生誕」「キリストの受難」「キリストの栄光」の3つのファザード。
三つのファザードに四本ずつある計12の鐘塔で、12使徒を表し、交差部の上に、キリストに捧げる中央塔を設ける。

クリックすると元のサイズで表示します

ガウディの生前に完成したのは、地下聖堂と後陣、「生誕」のファザードのみでした。
この面の四本の鐘塔のうち、ガウディが完成を見たのは、一本だけだったそうです。

ガウディの死後、工事は一時中断しましたが1940に再開したそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

現在は3つのファザードと8本の鐘塔が見られます。

完成は随分と早まり、あと10数年だそうです。
生きている間に、完成するかも知れません♪

どうしてこんなに早まったのかしら??

私たちは、誰も笑わない「親父ギャク」連発のガイドさんに、説明をして貰う方を選びました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここは地下です。

学生や、生徒さんが、熱心に説明を聞いて、お勉強している姿を沢山見かけました。

此れなんだと思いますか?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

地下1階資料館に展示されていた、ガウディが造った錘と紐によるサグラダファミリアの逆さ吊りの模型だそうです。

ガウディは逆にして、アーチの構造を考えて居たようですね。
なんとなく、聖堂のイメージが出て居ますよね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ガウディが残した聖堂の建築に関係した貴重な資料や、模型などが展示されています。
丁寧に説明していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

説明が終わったので、バスに乗り込む前に、聖堂と一緒に写して貰ったが、どうしても全景とはと写らなかった。

クリックすると元のサイズで表示します 

この鐘塔の真ん中に、もっと大きな鐘塔が建つのですね。

クリックすると元のサイズで表示します 

道路の向う側に、お店が出ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

道を隔てても無理でした。
それ程までに、大きく美しい聖堂でした。


次は、グエル公園に向かいます♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ