2008/12/31

●下田(12/29)  ■国内旅行記(伊豆)

クリックすると元のサイズで表示します

此処だけ春ですか?
菜の花が咲き乱れています♪

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花畑の中(入れるように成っている)に入って行って、一体化して写す♪ 

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の朝刊に、今伊豆の白浜では、アロエの真っ赤な花が咲いています。
と書いてあるのを読んだばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

一度だけ自宅のアロエにこの赤い花が咲いたときにはビックリしました。
見た事が無かったので・・・
その年は、よほど暖かかったのでと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

メイン広場には、葉牡丹が白と紫で、美しい輪に成って植え込まれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

金魚草は白・桃・赤で華やかに植え込まれている。

クリックすると元のサイズで表示します 

向うには大きな温室もあります。

クリックすると元のサイズで表示します 

中にはハイビスカスや、ブーゲンビリア、バナナも実っていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

キンセンカも華やかでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

キンセンカの奥には、アロエの赤い花♪

クリックすると元のサイズで表示します

ピンクのストックもね♪

クリックすると元のサイズで表示します 

爪木崎の方に、多くの人たちが歩いています。

クリックすると元のサイズで表示します 

実際の景色の方が数倍綺麗でした。
水仙はまだまだ満開ではありませんが、じゅうたんの様に綺麗。

クリックすると元のサイズで表示します 

灯台の方に向って歩いていると、「心躍る景色」と書いてある立て札があり、道でない所を歩くとそこにはこの景色が♪

皆さん心躍らないけど綺麗〜〜と口々に。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

心躍る景色を背にして

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あんなに遠くに見える灯台まで歩くのですか?


クリックすると元のサイズで表示します

と文句を良いつつ、皆さんと一緒に歩き出しました。 

歩いてきて良かった♪
こんなに美しい景色が見られたのだから。

クリックすると元のサイズで表示します 

下に下りてきたら、そこには水仙が咲き乱れていました。

クリックすると元のサイズで表示します

とても良い香りがしますね。

クリックすると元のサイズで表示します 

早速白い水仙と、黄色い水仙の咲いている球根を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します 

何年後には家の庭にも、水仙が増えてくれるといいのですが。

クリックすると元のサイズで表示します 

此処で日干しの鯵と秋刀魚の丸干し、干し芋を購入。
帰宅してから、早速食べてみたら、秋刀魚の丸干しは事の外美味しかった。



クリックすると元のサイズで表示します 

ランチは東伊豆道路沿いにある大木を組んで建てた、純和風の食事処の萬望亭で、また、金目鯛の兜煮を頂きました。

有名人の色紙がいっぱい飾ってあった。

クリックすると元のサイズで表示します 

富士山の頂上には雲が掛かったいました。

此方で、購入した大きな大きな「紅ほっぺ」と言う苺が美味しかった♪

今まで食べた中で一番大きくて甘くて、コクがあって美味しかった。
画像に写す前に二箱をぺロリと食べちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/12/30

●宿のお正月飾り♪(12/29)  ■国内旅行記(伊豆)

宿を立つ前に、もう一度海をバックに写してみるが、逆光なのか?見た目の通りには写りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本3大吊るし雛の『山形酒田の傘福飾り』 『九州柳川のさげもん飾り』 『伊豆稲取の雛のつるし飾り』を偶然にも訪れる事が出来た。

クリックすると元のサイズで表示します 

ホテルのロビーは全面ガラス張りで、目の前が海です。

クリックすると元のサイズで表示します

フロント横には大きな大きな鏡餅が、供えてありました。
今年のお正月は、母が亡くなったので、普通の一日を過ごしますので、宿のお正月飾りで、記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は角松が飾ってなかったのに、此方でも記念撮影。

2008/12/29

●夕食から朝食♪(28日から29日)  ■国内旅行記(伊豆)

此方のお宿は夕食も朝食もお部屋食です。

温泉宿はお部屋食で有るべしとの考えで、創業以来お部屋食で通しているようです。

まず最初に前菜ですが、大きなお盆に三人分の前菜をテーブルに持って来られる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

一、前菜
オ巻海老明太子焼き・栄蠣グラタン・鴨松風焼き・う玉柿串・安肝豆腐(ズワイ蟹・とび卵・シブレット)蛸粒マスタード和え(蛸・アボガド・クリスタル・胡瓜)
秋刀魚寿し

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

一、台の物
鮑の酒蒸し

柔らかくて美味しくて大好きです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

食前酒は杏酒で、三人で乾杯です♪ 
お宿から、お祝いのフルーツサワーを頂いて、またまた乾杯♪

禁酒ですが、ほんの少しだけだからと、一緒に頂く。

クリックすると元のサイズで表示します

一、舟盛り  
姿・鮪・勘八・帆立・甘海老・伊勢海老・栄蛸・赤目鯛

クリックすると元のサイズで表示します 

浴衣は宿に到着した時に、10種類くらいの中から好きな柄とサイズを選びました。
私と娘は桃色の浴衣を選びました。

袖なし羽織は、部屋に備え付けの物です。

クリックすると元のサイズで表示します 

舟盛りには我が家の苗字(○○丸)が書かれていてビックリ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

一、浜の湯名物
金目鯛姿煮(隠元豆・秋活)

目の前にドカンとこの大きさの金目鯛が出てきた時には、ビックリです。
どれ位の大きさの鍋で煮たのかしらと思い。
甘ったるくなくて美味しかった♪

一、鍋物
地魚つみれ・水菜・舞茸・白菜・葱・紅景麩

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

一、温物
鱈場蟹海鮮蒸し

私の手首の半分よりも太いと思われるタラバ蟹が、目の前に♪
食べ甲斐がありました。

一、食事
穴子釜めし(穴子・複木茸・若布・油揚げ)
香の物

一、椀
素出し汁(滑子・赤魚鯛・三つ葉)

クリックすると元のサイズで表示します

一、デザート
ラ・フランスシャーベット・ラ・フランスコンポート・紫芋ムース・ミント

キャッチフレーズが「食べるお宿」と言うだけ有って、満足のゆくお料理でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

早朝の日の出は雲が掛かっていて見られませんでしたが、途中から晴れてきて、これくらい綺麗に太陽を見る事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

昨夜よりは海が見えますが、逆光でこれくらいしか写せませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

朝食もお部屋食で、普通かなと思っていたら、氷の器に載せた黒蜜寒天に朝食にも舟盛りにはまたまたビックリ。

クリックすると元のサイズで表示します 

鯛と鯵の姿作りに、鮪の中落ち海苔巻き。

クリックすると元のサイズで表示します 

夕食の伊勢海老を使っての、お味噌汁を目の前でよそっていただいています。

クリックすると元のサイズで表示します

朝にもう一枚の浴衣を、サービスして頂いています。

2008/12/28

●稲取温泉旅行♪  ■国内旅行記(伊豆)

皆で温泉に行こうと誘って見たが、長男家族は、成田から出掛けると言うし、次男も関西空港から出掛けると言うので、結局娘との三人での温泉旅行となりました♪

愛犬を先に、掛かり付けの病院に預けて、10時位に出掛ける。

クリックすると元のサイズで表示します 

お天気にも恵まれて、富士山がくっきりと見えます。
車の中から富士山を写すのって難しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します 

小腹が空いてきたので、ドライブインで肉まんを買い、抱えて写す。
背には富士山が見えますが、トラックの方が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

富士山を追っかけながら、ちょっと遠回りですが、沼津インターまで走る。
お昼の場所を探すが、これと言う処が見つからず、だんだん時間がおしてくる。 

結局ブロンコ・ビリーに入るが、一人前が200グラムからには驚いて、半分の量で充分なのに・・・若い人しか入らないの??

クリックすると元のサイズで表示します

天城越えして、浄蓮の滝(天城山中、第一の大滝で、高さ25m滝壷の深さは15mです。
)を見る。
何度目かしら??
下へ下へと階段を下りる。(上りは倍の疲れで、二人に追いつかない・・・)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

わさび田が有り、今回もわさびと、わさび塩、わさび胡麻、わさび味噌、わさび茶漬け等をお買い上げ♪

クリックすると元のサイズで表示します

大勢の人が居て、二人だけで写るのは大木の横で。

今晩泊まる稲取温泉まではもう少し。
娘が選んでくれたお宿は、海が目の前のお部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します 

次の間付きの、ゆったりとしたお部屋で、海も穏やかで、遠くには大島が大きく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します 

もう直ぐお正月なのに(もうお正月料金なのに)床の間にお花が活けてないのはとても残念です。

クリックすると元のサイズで表示します

早速、左側からと右側から海を背にして、写してもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

薄っすらと右側に大島が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

仲居さんが「3人でお撮りしましょうか」と言って下さり、お言葉にあやかる♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お昼が重かったので、夕食はゆっくり目の時間にして貰ったので、お風呂もゆっくりしてから入った。

もう少し早く、海が見える時に入れば良かったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

寝ながら星空を見上げて入る、温めのお風呂♪ 

クリックすると元のサイズで表示します

ヒノキの香りがする、海を独り占めするお風呂♪ 

クリックすると元のサイズで表示します

海とお風呂が一体化するお風呂♪

2008/12/27

●初挑戦♪  料理・食品

お歳暮に頂いたカタログから選んだ、四国の佐多岬の「伊勢海老と鮑とサザエ」が届来ました。

クリックすると元のサイズで表示します 

私が調理をしないと食べられないので、勇気を出して、活きた鮑をお刺身にした後で、これは画像に残して置こうと、伊勢海老のお刺身を作るところから、デジカメ片手に写しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さざえが4つで、次男がお正月休みで帰ってくるので、丁度良い個数です♪

伊勢海老を良く水洗いして、砂や汚れを落とした後、千枚通しで、胸を刺して〆めます。

画像では分り難いですが、力を入れて刺しています

〆られるのが分っているのか、最後の力を振り絞って、全身で、活きている事を分らせるようにのたうち回ります。(可哀想ですが・・・・) 

クリックすると元のサイズで表示します 

胴と頭との境目に、殻にそって包丁の先を入れます。

丁度鯵切り包丁を持っていたので、これを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します 

そのまま包丁の先を深く差し入れて、腹側まで回して切り、ゆっくりと胴を離します。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

腹側を上に向けて持ち、胴の両面に包丁を入れて、殻との境目に切れ目を入れます。

さらに身と尾の境に包丁を入れておきます。

胴側の薄皮と尾側の境に洋ナイフを入れ、ひと筋ずつ丁寧に薄皮を剥がします。

洋ナイフを殻に添って丸く動かし、身をくずさない様に殻から切り離します。

クリックすると元のサイズで表示します 

切り離した身は、まず真ん中を縦に分け、あとは手早く程よい大きさに切り分けます。

クリックすると元のサイズで表示します

思ったよりも大きな伊勢海老だったので、お刺身の部分が多かったのは嬉しいです。

サザエの壷焼きは、千葉に行った時に、美味しくて三度も食べたのですが、全部身を出して、調理してから、もう一度戻して、焼いて有りましたが、売っていたお店ではそのまま焼いたほうが、美味しいと言われ、そのままグリルで焼きました。

食べやすいのは切り分けたほうが食べやすいです。

鮑は一個だけなので、お刺身にして見ました。

明日から8日間も和食を食べられない、次男も一緒に食べられたので、良かったです。

2008/12/26


娘と出掛ける。

予約した時間に近づいているので、渋谷に着いてから、時間が有ったら、ランチを食べる事とした。

お腹が空いているので、歩きながらお店の看板に目が行く。

目の前に「韓国料理」があったので、迷わず入る。
二人とも韓国料理が大好きだから♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私はキムチチゲ(赤唐辛子2つ印)
こんなに大きな平鍋で来るとは思わなかった。
生卵をといたので、赤さは和らいだけれど、酸っぱい辛い〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらはユッケジャンスープ(赤唐辛子1つ印)
印が1つなのに真っ赤!辛そう〜
でも牛の出しが効いていた、コクがあって美味しいし、色ほど辛くないそうです。

寒い時には、身体が暖まって、ホカホカで、韓国料理は良いですね。

顔にじんわり汗がにじんで、予定の場所に間に合った♪

かれこれ3時間ほどで、所用を済ませ、お茶する所を探すが見当たらず、やっと西武にある、京都福寿園の喫茶店「慶茶」入る。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最初に水で入れたお茶が出て来ました。(あんみつの右隣)
本日のお茶の葉と、お菓子をテーブルに持ってこられ、茶葉を選びます。

私はお煎茶・娘はほうじ茶。

抹茶アイス入り白玉あんみつは生麩が入っていて、モッチリとして美味しい。

今月のデザートは、抹茶味のさつまいもで作られたクリスマスツリー。
甘さも上品でお芋好きには美味しかったのですが、お煎茶が余りにも少な過ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まるで玉露の量。
差し湯も杯の量・・・・

お茶が少なくて、「無料のお煎茶を下さい〜」と頼んでしまいました。
お茶はたっぷりと飲みたいんです。

クリックすると元のサイズで表示します

外に出ると、もうとっぷりと暮れていました。
通りは大勢の人で、ぶつかりそう。

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷駅前の交差点も人・人・人であふれ返っています。
不景気??

2008/12/25

●クリスマス・イブ(12/24)  記念日

今月は色々忙しいので、着物を着ることも無く、ブログのアップも滞っています。

大人ばかりで、生活しているので、今日がクリスマス・イブと言う事なんて、忘れていました。

昨夜息子から「明日クリスマスなので、此方で一緒に遣りたい」と連絡を受け、一瞬ビックリしました。

娘の予定は歯科で遅くなるというし・・・

24日に孫達が学校から帰ってきたら、こちらに先に来て貰う事にした。

その前にテーブルの上だけでもクリスマスらしく飾っておこうと、何年も前の子供達の時から保管してあった、キャンドルやグッズを出して、雰囲気だけでも出して待つ。

孫達は宿題をすませて、お嫁さんと遣って来た♪

早速車でプレゼントを買いに行く。

迷って迷って決まらない〜決まらない〜〜

やっと欲しい物が決まって、ラッピングして貰い、お買い物。

ケーキは息子に買って来て貰う事になっている♪

クリックすると元のサイズで表示します 

遅いので準備を始める。

皆で協力して、やっと準備が出来たが、息子はまだらしいし、娘も遅くなるので、先に始める事にした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「さ〜ぁみんな席について♪」

大人はロゼカラーのスパークリングワイン。

孫達はキャラクター付きのサイダー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さー乾杯です。

「メリー・クリスマス♪」

クリックすると元のサイズで表示します

5人で食べ始めたら、息子がケーキを抱えて、やっと到着しました。

デパートは混んでいて、長蛇の列があちこちに出来ていたそうです。

一時間並んでやっと購入♪

ご苦労様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

孫達がプレゼントを開けたくてうずうずしていたので、お父さんが到着したので、早速開けて見せてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

一通り遊んで、夫とはエレクトーンでお遊び。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いよいよクリスマスケーキに二人仲良く、灯をともし、皆で取り分けます。

娘も到着して、ぐっと賑やかになりました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ帰り支度を始めると、その雰囲気でチャーリが、「帰っちゃ駄目だよ〜〜」の身体で反応。

走り回って、吠えて大変でした。

子供大好きで、人が大好きな愛犬です。

明日は興奮した分、ぐったりだと思います。

2008/12/23

●干柿  料理・食品

子供の時から好きだった訳ではない干柿を、何時頃から好きな成ったのかしら?

去年までは、見かけるとどうしても買ってしまい、家までお預け出来なくて、開いて一つ食べながら、帰る事がしばしば有った。

今年初めて食べた干柿は、川浦温泉に行った時に寄った、道端に店を構えて柿やリンゴを売っているお店で、大きな立派な「枯露柿」が売ったいたので、迷わず買いました。
干柿にはまだ早いのにと思って聞いて見たら、去年の一番美味しい時期に冷凍保存したものだった。
干柿が立派なら、お値段も立派でした。

早速車に戻って食べてみたが、大きく、濃厚で半分食べるのがやっとでした。

今年初めて食べた干柿がこんな感じだったからなのか?今年は余り去年みたいに食べたい食べたいと思わなくなっていた。

実家に帰った時に、妹の手作りの「あんぽ柿」を食べてみたら、これが手作り?と言う位に、美味しかった♪

クリックすると元のサイズで表示します

九州旅行から帰って来た後に、夫が山梨で買って来てくれた、贈答用の「枯露柿」
大きさも丁度食べやすいのだが、やはり甘さが強く濃厚。

最近濃厚なものに手が伸びなく成って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

一昨日に妹から「市田柿」が届きました♪

市田柿は小振りで、一個を食べてしまいます♪
粉が綺麗に吹いていて、色も綺麗で、甘さも上品で、美味しい。
干柿の中では一番好きな種類です。

有難う。
美味しく頂いています。


市田柿が届いた♪

干柿が好き♪

柿にも色々♪

2008/12/21

●みなとみらい・大さん橋・中華街へ  ◎洋服でお出掛け(横浜方面)

今日は前から、娘との約束で、みなとみらいに用事があり、家を9時に出る。

随分と時間が掛かり、次の予定が1時に成っていて、迫っているので、ランチをする時間が無い・・・

急いで場所を移動。
会場近くで、ほんの少し時間が取れたので、軽くランチ♪
良かった。

クリックすると元のサイズで表示します 

会場17階からの景色。
素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ズームで写すと、今日出港する飛鳥が見える♪ 

色々説明を受けて、お茶をご馳走になる。
クリスマスパッケージのチョコが美味しい♪

クリックすると元のサイズで表示します 

此処から見ると大さん橋は赤レンガ車庫の直ぐ近く。
でも歩いて行くには遠うそうで、夕方で地理が良く分らないので、ホテルからタクシーで向う。

4時半頃に到着♪

飛鳥は目の前で見ると、マンションの様に見えた。
大き過ぎて、何処に乗船しているか分らない。

こう言うときには携帯は便利。
携帯でやり取りするが、先頭を私は「飛鳥」と書いてある方と思っているが、相手は海に向っている方で話すので、何処に居るのか会えない。

走りながら探すと、娘が見つけてくれた♪

クリックすると元のサイズで表示します←フラッシュ焚く 

対岸から見ても、年配の方が多い。
白と黒の太い縞に見えるペアルックのセーター姿のご夫妻が微笑ましい♪

何とか一緒に写る場所で、娘に写して貰う。

クリックすると元のサイズで表示します←ノーフラッシュ 

豪華客船の出港を写そうと沢山のカメラが陣取っている。

船員さんがドラを鳴らしながら、往復。

いよいよ出港です。
汽笛の音が、こんなに大音量とは。

昔の映画で見たような、テープを投げて、名残惜しむ様な雰囲気はなく、ゆっくりだけれども、対岸と離れてゆく。

クリックすると元のサイズで表示します 

みなとみらいの景色と一緒に写そうと思ったが、客船は見た目ゆっくりだけれど、やはり早い〜〜

クリックすると元のサイズで表示します 

みなとみらいの景色からあっと言う間に消えていった。

今年はいろんな事が有りすぎた。
ゆっくりご夫妻で素敵なクリスマスをを楽しんで来てください♪

クリックすると元のサイズで表示します

4ヵ月前には母も此処から東北の旅に出港して行ったのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

大さん橋ホールではクリスマスイベントを行っていた。

ランチが簡単だったので、お腹がペコペコ。
中華街まで歩いて行く。

世の中不況と言っているが、中華街は賑わっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

お腹いっぱい時間を掛けて食べて、甘栗を買って、チマキに春巻き・ぶた万・調味料に赤葱焼を買って、今日は今まで歩いた事の無い、10000歩をゆうに越えて13400歩歩きました

クリックすると元のサイズで表示します

2008/12/15

●ダスキンのメリーメイドのお掃除  清掃・ホームクリーニング

前回新聞の広告に入っていたチラシを見て、浴槽だけのお掃除を頼んだら、長年取れなかった汚れが綺麗に成って、毎日のバスタイムを快適に過ごしています。

あとのお掃除がとても簡単で、もっと早く頼めば良かったと思いました♪

今回は定期的に頼む事としました。

今回はキッチンとトイレ(男子)で、2ヵ月後には浴室と洗面所の繰り回しです。

定期的に頼むと、汚れも落ちやすいので、割安でいつも綺麗にして置く事が出来るので、良いと思いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

二台の可愛い車で、9時半に四人(一人はリーダ)が到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

リーダーが今日のお掃除の箇所を説明して、三人で仕事に取り掛かります。

クリックすると元のサイズで表示します

流し台では、60度のお湯に洗剤を溶かして、ガスレンジの五徳を漬け置き洗いです。

沢山の業務用の洗剤が並んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まず最初には上の方からの拭き掃除です。

大掃除の時でも、簡単にして省いてしまう所を、丁寧につるつるにして下さいました♪

レンジフードの外もつるつるになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

立って手の届く範囲のお掃除です。

表に出ているものを、一旦避けて、台を綺麗に磨いてくれました。

この家を建てた時に造って貰った食器棚兼調理台は幾ら磨いても、落ちない汚れが有ったのですが、新品の様に綺麗に成っていました。(左の方が磨いています)

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

お台所は備品や食品が多いですが、それらも一度出して、棚を磨いて、所定の場に戻してくれまし♪

男子トイレは便器だけ一度取り替えたけれど、やはりどうしても取れない汚れが有りましたが、此方も綺麗サッパリと落ちていてビックリです。

酸性洗剤と、紙やすりを使って落としたそうですが、やってみたけど今まで落ちなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します 

お昼頃綺麗にサッパリと仕上がり、年末の一番大変なお掃除が終わって、ホッとしました。

次回は2月です。

2008/12/14

●12月13日の装い  ▲盛装・晴れ着の装い

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この紺色のろうけつ染の一つ紋付き(抱き柊)の付け下げは、母が大好きだった着物で、夫の妹の結婚式に、私が着付けて着せてあげた物です♪

亡叔母も好きで、着なくなったら、この着物を欲しいと言っていた着物です。

八掛けの色も好きで、時代劇のドラマで良く使われている、半襟の色とそっくりです。

半襟は生成り色地に、小花の刺繍が刺してある物です。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、とても古くて良い物で、母から貰った物ですが、母は叔母から頂いた物です。

全通の袋帯なのですが、何と単の帯なのです。

両端が1.5cmほど、折ってかがってあるだけなんです。

クリックすると元のサイズで表示します

袋状に成っていない帯を、袋帯と言って良い物かしら?

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

・帯揚げは白地の縮緬地に赤紅色の飛び絞りです。

・扇子は桜で染められた物で、手に下げられるように、紐が付いています。

・帯締めは朱から薄くグラデーションになっている、太目の平打ちで矢羽根が組まれているもの。

・根付は縮緬細工の柿。

・腰飾りは自作の縮緬細工の柿の匂い袋。

●コート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

コートは、辛子色(辛子色に黒が織り込まれている)の紬の道中着。

●バック

クリックすると元のサイズで表示します

バックは、箱型で銀糸で天の川のような柄。

着物に嵌った頃に、箱型のバックが欲しくて、正装でも使えてなお且つ、普段に使ってもおかしくない物と選んだ物。

正解で、出番が多いです。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

祇園の「ない藤さん」の、白い装履です。

白の蝋引きの台に、花緒も白の蝋引きで、通し前坪で紅色です。

とても履きやすくて、お気に入りです。

「ない藤さんのお店には、片足の装履と花緒が並べられています。

どれもサンプルで、売り物ではないのです。

だから台も花緒もサンプルを見てから、台は大きくも高くも出来ますし、花緒も裏や前坪も変える事が出来ます。




 

2008/12/13

●三度目の還暦祝いを兼ねて♪  ◎着物でお出掛け(盛装)

前から、「着る機会の少ない、晴れ着を着て会いたいわ」と言う事で、今回は少し落として、「柔らか物を着て会いましょう」と言う事に成りました。

先月には、仕立て直した訪問着を着て行こうと思っていたのですが、母が好んで着ていた一つ紋付の青紺地にロウケツ染めの付け下げを選び、帯も母の物を締めて、ショールも母が好きだった物を身にまとって出かける事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日は忘年会なのですが、Bさんもお誘いしたら、丁度還暦の子年が三人集まったので、最後の還暦祝いも兼ねたお食事会と成りました。

ミキモトの前には例年の巨大なクリスマスツリーが点灯して、凄い人たちが写しています。

食事の前にお茶しましょうと、3時半の早目に会ったのに、どこも満席でグルグル探し回りました。
土日にお茶するには、場所探しが大変です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今回はソウルから帰国したばかりのお土産話を、韓国料理店で聞けるのは、とても楽しみ♪
韓国料理大好き〜〜

店内はチャングムを思い出すような、薬草の引き出しが並んだ、インテリア。

クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に40日振りの再会を祝って、乾杯〜〜

今回Bさんが始めて参加なのに、今までも一緒に話していたように感じで、和気藹々。

クリックすると元のサイズで表示します

・旬野菜を使った今日のサラダ
鶏を使ったさっぱりとしたもので余り辛くなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

・韓国前菜パンチャン盛り合わせ

塩海苔 キムチ(辛かった〜)揚げ餃子 ナムル

クリックすると元のサイズで表示します 

・選べる鍋 (プテチゲ/プルコギ/キムチチゲ/ダッカルビ)

・チヂミ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

・韓国屋台の味ヤンニョムチキン

・トッポキ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

・具たくさんの春雨チャプチェ
・お食事は石焼ビビンパ
・〆のデザートはアイス

クリックすると元のサイズで表示します

食事処は暗かったので、会計を済ませて、明るい所で今日の皆さんの装いを写す。

自動ドアが開いたりして、狭かったので、足元まで写せ無かったのが、残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

一人ずつ写したかったのに、皆さんコートを着てしまったので、コート姿も写す。

Mさんは染めの長羽織。
Bさんは白黒の鹿の子絞りの道行き。
Nさんはグレーの長羽織。

クリックすると元のサイズで表示します 

私は辛子色の紬の道中着。
Kさんは千代田襟の薄茶色のコート。

クリックすると元のサイズで表示します

初参加のBさんの装いをもう一度見たかったので、コートを脱いでもらい、写させてもらう。

私は初めて聞いた「一珍染め」の付け下げ訪問着。
留袖のような裾模様が上品で素敵でした。

帯が組紐?に向かい鶴?が刺繍?されている豪華な袋帯でした。
(詳しく聞いておけば良かった)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

来月に会うときには、新年会と言う事で、晴れ着でお会い出来るかしら♪

今年もあと僅かです。
良いお年をお迎え下さい

クリックすると元のサイズで表示します






2008/12/11

●福岡から羽田(12/6)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

吉野ヶ里遺跡から福岡に向う間は雨が降っていて、福岡に入ると、車が混んで来て、到着時間に間に合うかどうか心配な状態です。

途中の経過を慌ててパソコンにメールしていたのに気が付かず・・・
ホテルに到着したメールは携帯にメールして、ようやく連絡が付く・・・状態。

今晩のディナーは知る人ぞ知る、隠れ家的存在のイタリアンを予約して貰って、連れて来て貰う♪

外から見ても看板も出ていなくて、住宅にしか見えない。

クリックすると元のサイズで表示します

お庭が見える席なれど、暗くてよく見えないわぁ〜

クリスマスカラーのナプキンにクリスタルから輝く灯かりが美しい。

早かったので、私たちが最初のお客さん。
お店の方に三人揃って写して頂く。

クリックすると元のサイズで表示します

最初の一品が余りに小さいのに、小さいお料理に慣れていても、ビックリ。
お上品と言うのでしょうか?
フォアグラ?

クリックすると元のサイズで表示します 

二品目は白い大き目の四角いお皿に、お庭のもみじや銀杏の葉を上手く使って、色とりどりで、秋らしい盛り付け。
見るからに美味しそう♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

パスタ。 

クリックすると元のサイズで表示します

形から帆立貝と勘違いしたニョッキ。
さっぱりとした口直しのシャーベット。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

とても柔らかかった小さなヒレステーキ。

デザートは7種類の中からそれぞれが食べたい物をチョイス。
どれも美味しそうでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ラストは飲み物を選んだら、ケーキが付いてきました。

全てを合わせて一人前なのだから、どれも美味しく食べられる量を考えて調理して有るんですね♪

ご馳走様でした♪

お食事をしながらも、着物話に花が咲き、またまた良いアイデアを沢山交換♪

クリックすると元のサイズで表示します 

今夜はホテルに泊りです。
明日は寒いそうだけれど、晴れて欲しいな〜

起きて外を見ると何と!九州で雪が降っていますよ
朝食の頃には雪が降りさくっています。

帰りの便は夕方なので、関門海峡に行って、河豚でも食べたい物だと思っていたのに、このお天気では何も見えないし、寒くて駄目と判断して、11時にレンタカーを返す事として、帰りの便を早めてお昼過ぎの便に変更して、空港で最後のランチを頂きました。

レンターカーの走行距離は500キロをゆうに越えていました。
Kさん有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽田に戻ると、まだ明るくて暖かい。
来年も叉来れる用に、マイルを貯めましょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

いろんな所に廻れて、充実した旅になりました。

2008/12/10

●黒川温泉散策から吉野ヶ里遺跡(12/5)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

昨日は夕方で人通りも少なかったので、細い道を車で通ったけれど、今日はゆっくり散策したいので、宿の車で送り迎えをお願いしたら、町の情報スポットで無料駐車場(風の舎)があると教えてもらい、車で向う事にした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ガイドブックで良く見かける景色。

浴衣姿に入湯手形を下げて三ヶ所の露天風呂を廻っている湯客を見かける。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

散策し始めたら、直ぐに赤い大きな傘が目に入り、早速甘味店の甘味茶屋に吸い込まれました。

白玉がとても美味しくて、こんなに美味しい白玉は初めてと思い、早速お土産に購入。
ちょっと重いけど。

クリックすると元のサイズで表示します

蜂蜜屋さんに入ったり、ぬれ煎餅の串焼きを食べたりして、黒川を後にする。

車に戻り走り出すと、雨が降り出してきた。
予報では後半は雨模様との事で、傘を持参して来たけれど、いまだ差しては居ない♪

今日は夕方までに福岡に戻れば良いのだけれど、「途中に吉野ヶ里遺跡があるので、寄ってみる」と言われ、ナビを設定して車を走らせる。

休憩で「水の駅」に寄って、色々その土地の農産物をみて、安いと思うが、買って帰れないのが、残念。

練梅と柚子塩を買っただけ。

ランチを食べそびれて、夕方ちょっと前に、吉野ヶ里遺跡に到着。
クリックすると元のサイズで表示します 

歴史公園センターを背にして。

夕方でお天気も悪く、寒い〜〜ので、お客さんは殆んど居ない。
雨がぱらつく。
係りの方が後から傘を差して、貸してくださった♪

緩やかな階段を登って、夢の浮橋を渡って、電気自動車の乗り場まで歩く。
ちょっと遠い。(広いから当たり前)
お客は私たち二人。

窓にガラスが無い電気自動車なので、ビニールシートで覆ってあるが、寒い〜〜〜
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

運転手さんが丁寧に所々止まって、説明して下さるが、それにしても電気自動車ってこんなに揺れるの?って可笑しくなる位揺れる揺れる。  

防御的に掘ってある、環濠と言うらしい。

クリックすると元のサイズで表示します 

終点まで来たので、30分後にまたこちらに戻ってくるので、と言われたが、我らは歴史的興味は殆んど無く・・・

クリックすると元のサイズで表示します

此処に来ましたと言う、証拠写真を写すだけなので、写したら直ぐに戻りますと、5.6分後には、叉可笑しくなる位揺れる電気自動車で来た道を戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

下りてから空を見上げると、なんと神々しい光が差していました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

思わず逆光ですが、シャッターを押しました。

クリックすると元のサイズで表示します 

夢の浮橋から、遺跡を写したら、古代と現代が共存して、何だか違和感がある。

クリックすると元のサイズで表示します 

何とか遺跡だけが写る場所を探してシャッターを切りました。

クリックすると元のサイズで表示します 

2008/12/9

●黒川温泉宿泊(12/4から12/5)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

4時頃に阿蘇をたつ為にトイレに入ると、そこにもハングルが。
此処は何処??状態です。

走っていると牧場が見えます。

ソフトクリームの旗を何本も見るけれど、もう閉まっているのかもしれない。
ワンニャン牧場と書いたお店に立ち寄るとまだやっていたので、ソフトを注文。

お砂糖が凄く控えた、牛乳ソフトと言う感じのサッパリとしてコクがある物でした。
あと味さっぱりで美味しかった。

ナビを使いこなせるKさんを尊敬しちゃいます。

明るい内に、かの有名な黒川温泉に到着。
明日の事もあるので、下調べのつもりで、街の中を車移動。
狭い狭い〜

でも生活している所だから、進入禁止ではないから、そろそろと、ひと回り。

今日泊まるお宿は黒川温泉と成っているが、随分と離れた所。
ナビではまだ遠くを示している。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

やっと見つけたお宿は、田舎の中の一軒や??
田舎の叔母さんの家に来た感じの温かみのあるところです。

クリックすると元のサイズで表示します 

軒下にはまだ吊るして間が経っていない干柿に、乾燥して黄金に輝くとうもろこしや、炭の俵がいっぱい並べてありました。

池には鴨が3羽悠々とお散歩しているし。

クリックすると元のサイズで表示します 

今晩のお部屋も離れで、あざみと言うそうです。
電灯のスイッチに、あざみの絵が描いてありました。

今夜もお風呂の前にお食事処でお食事です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

こちらのお食事も、ミニチュアの様な、お猪口の大きさの器に色々入っていました。
手間は掛かるけれども、材料費は少ない〜〜と思います。

お隣にはお年を召したお母様と、息子さんの二人で、微笑ましく思いました。

母と息子のカップルって余り見かけないので、お話もとても弾んでいたようです♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

食前酒は紫蘇酒カクテル
先付けは茶ぶりなまこ山掛け
お造りは湯葉刺し 蒟蒻 山葵 パスレー ミニトマト

刺身は肥後馬刺し 玉葱 にんにく 葱 大葉 生姜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

焼き物は山女魚塩焼き たて酢 レモン
蒸し物は里子饅頭 そぼろの餡かけ(ミニサイズ)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

変わり鉢は特製グラタン 玉葱 しめじ 粉チーズ パセボン(余りの小ささに笑っちゃいました)
吸い物は胡麻豆腐 松茸 紅葉麩 三つ葉 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

揚げ物は虹鱒 平茸 山芋 レモン 紅葉おろし 葱 五色あられ(天麩羅にだし汁がかかって出てきたのは初めてでした)
鍬焼きは肥後牛 日南鶏 山芋 人参椎茸 玉葱 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

本物の鍬の軸を短く切った物を鉄板に見立てて焼きました 
鍋奉行さんが、焼いてくださいました♪

お食事は古代米 香の物
止椀は赤だしなめこ 三つ葉 粉山椒

クリックすると元のサイズで表示します

水菓子は苺大福に柿(苺は上に乗っているだけ・・中に餡と洋梨のコンポート)

大変美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

窓の棚の上には画像は無いですが、大きな密封ガラス瓶に、いろんな沢山の果実や木の実等の酒がズラーと並んでいました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらのお宿も、離れ屋で、お庭に 完全屋根なしの露天風呂と小屋風の露天風呂が二つ付いていました。

露天風呂は熱くて熱くて、自分で水道からホースが付いていて、うめなければ入れません・・・

大浴場の行った方が良かったかも?

目の前が清流なので、石鹸シャンプーとは使用禁止でした。

昨日のお宿の露天風呂にも付いていた「編み笠」は雨のときに被るのかしらとと思いました?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

朝食もお食事処で、白粥と御飯両方が出ました。

ロビーと言うよりもお帳場と言ったほうが似合いそうな所には、昔懐かしいダルマストーブが赤い炎を揺らしていました。

こちらで食後のコーヒを頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

池で悠々と泳いでいた鴨は、野生の鴨に餌付けして、居ついたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

昨夜からの雨も小降りに成り、食後には晴れ間も見えてきたので、お宿の周りを散策しました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

階段を登って、もみじの小路?を散策すると、離れが何軒もあり、思ったよりも広い敷地に清流が流れ、露天風呂が付いて、建っているんだと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します 

一日前には有名な作詞家・作曲家夫妻がお泊りで、仲居さんからその話を色々聞かされる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

宿を後にする前に記念撮影♪
暖かい雰囲気のお宿でした。

これから黒川温泉街を散策して、福岡へと向います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ