2008/11/30

●母のお気に入りの緑のお召しに帯7本  ●袷(胴抜き含む)一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この着物は、私が小さい頃に亡き母が良く着ていたのを覚えています。
緑色が大好きだった母のお気に入りの着物でした。

大人になって、私の手元に遣って来ました。
とても嬉しかったのを覚えています。

緑色から、段々と黒に追っかけで変わって行くお召しの着物。
八掛けは、綺麗な小豆色で、これも大好きでした。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します
7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します
10クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します
13クリックすると元のサイズで表示します 

一同に集めて見ると、何だか偏っているように思います。
何となくクリスマスカラーと言う事で、カトレアの帯と合わせてクリスマスに着ている事が多いです。

1.2.3.4は無料着付け教室に通っている時の物で、何となくぎこちない様に見えます。

★1は02年3月12日に、自由が丘の関東和装振興協会(現・日本和装)の2.3回目の普段着・名古屋帯を習いに行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は母から来た物で、アンテーィークのどっかん帯と呼んでいます。
凄く痛んでいたので、キュッと締めるとビリッときそうで、着付け教室が終わったら、半分に切って、二部式に仕立て直した物です。

余り力を入れなくても紐で締めるので、帯に負担が掛からなくて、良いと思いました。
でもあまり締めないですね・・・合う着物がないから。
お太鼓が歪んでいる・・・わぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

朱色の追っかけのお召しに締めている、黄色の無地の名古屋帯は、どっかん帯の裏側の無地を出して締めています。

★2は02年3月13日、日本民族衣装振興協会の3.4回目で、柔らか物の普段着 名古屋帯を習いに行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は1と同じアンティークのどっかん帯です。

2クリックすると元のサイズで表示します

★3は02年4月30日で、渋谷から「時代布池田」に行った時に着用しました。(1ヵ月振りに着用)

母から貰ってそのまま着ていたのですが、何しろ裄が短くて、仕立て直しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は香港で買ってきたチャイナードレス用の生地で、少し光る生地で二部式に仕立てた物。

片面が金茶色で、日本の柄(菊・剣・行司が持つ物?・瓢箪)が織られています。
裏は鶯色で枝振りの良い木に花の柄です。

3クリックすると元のサイズで表示します

★4は3と同じ日に帯だけ両面使いなので、締めてみたのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は3の裏側。

4クリックすると元のサイズで表示します

★5は02年12月3日に、MさんとTさんと上野鈴本演芸場に行った時に着用しました。(8ヵ月振りで着用)

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は3.7と同じ。

5クリックすると元のサイズで表示します

★6は02年12月14日にde銀座と、夕方からきもぱらの忘年会に参加した時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は母からの物で、最初は気に入らなかったのですが、クリスマスに締めて見るとピッタリだったので、その時期にだけ締めています。

6は3枚同じ山吹色の帯揚げを持っていたので、伊達襟と、帯揚げと、前帯の下に少し見せて、クリスマスらしく華やかに見える様にして見ました。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は02年12月16日に三人展を見に行った時に着用しました。
ここで銅に銀細工の金魚の帯留を購入しました。(高かった〜)

○羽織は壱の蔵で購入したシルバーグレー地で、菱形が並んでいる柄が浮き出ている物です。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は3.5と同じ。
帯留に「ロエベ」のマークのキラキラしたブローチを、クリスマスの雰囲気で使っています。

7クリックすると元のサイズで表示します

辛子色の帯揚げを、伊達襟に使いました。

★8は03年12月22日に、Aさんと歌舞伎座に行った時に着用しました。(1年振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は6.11と同じです。
帯留はビーズで作られたリース。

クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します帯留めはクリスマスリース

○羽織は黄色掛かった若草色の総絞りの羽織を着用。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★9は03年12月24日に、Nさんと中野の呉服屋さんに行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は何にでも合わせやすい帯でお気に入り。
くすんだ赤に金糸で柄が織り込まれている。

9クリックすると元のサイズで表示します

○道行は嫁に持ってきた時の物で、今では珍しい切りビロードの物です。
余り生地で、お揃いの草履も誂えてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

★10は04年2月28日に、Nさんと「ころもやさん」での「半襟の染め」の教室に行くときに着用しました。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は、豆千代さんで購入したけれど、黒ずんでいたので、解いて洗いました。
引き抜きでないと締められない柄つけだったので(柄がさかさまに出る)二部式に仕上げた。
両面に柄があったのだが、片面でしか締められなくなってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します10クリックすると元のサイズで表示します

★11は04年12月23日に「KIMONO真楽」のクリスマス会に参加したときに着用しました。(10ヵ月振りに着用)
背紋に七宝焼きの可愛いサンタさんのピンバッチを留めて見た。
来年からの定番に成りそう。
腰飾りにはクリスマスツリーの木で出来た物を下げて見た。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

WさんとAさんと。

●帯は6.8と同じ。

クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します

○長道行は緑色地に、漆と切りビロードで雪輪柄の物。

クリックすると元のサイズで表示します

この着物は着はじめた時には、良く着ていたので、まさかこんな風にブログで画像をアップするなんて思わなかった。
後姿の画像を殆んど写さなかった。
着物に嵌った時には、余り美しく着ていない時の画像です。
何となく年代を感じる〜なぁ

★12は05年12月10日にde銀座で着用。(1年振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

銀座四丁目でNさんとお昼を頂いて、色々話す。
和光前で皆に会って、アンティークモールに寄って、地下でお茶。
2次会に参加して、9人でまたお茶して色々お喋べり。

●帯は赤い地に白い花の綴れの帯で、緑と赤と白で、クリスマスコーディネート。
小物はクリスマスバージョンで決めました。

クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します

○コートは金茶色の紬の道中着。

クリックすると元のサイズで表示します

★13は06年12月16日に6人で忘年会の為に、一人着物で参加する。(1年振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は白地に線描きの菊の柄の長羽織。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は9と同じ帯。

クリックすると元のサイズで表示します13クリックすると元のサイズで表示します


緑に赤ってクリスマスカラーで、赤い帯を良く締めています。
帯が赤でなければ、帯締めが赤と、やはりこの着物はクリスマスに用って、感じです。

2008/11/24

●朱色の追っかけお召しに帯二本  ●袷(胴抜き含む)一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します

この着物は、母が良く着ていたのを覚えています。
前に緑のお召し(クリスマスで良く着ていた。)を着ていたが、それの色違いのような、朱と黒の追っかけ仕立てのお召しです。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年4月5日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は大きな花が刺繍されていた、アンティークの帯をお太鼓部分でひねって、裏で締めました。
誰もお太鼓の裏に大きな刺繍の花の柄が有るとは、思わないだろうなぁ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は05年3月28日に家で着ていました。(2年11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これを母が良く着ていたのを覚えています。
着て見たいなぁと思っていました。
画像で見ると凄く赤く見えますが・・・・ 実際はそれほどでもありません。

母から貰った着物の殆どを自分サイズに直して有るので、此れも直そうと思って出して見ました。
ところが裄も、身丈も全然出ないことが分かったのです。
繰り越し分もない!
身丈が3尺8寸しかない!
裄も1尺7寸も無いくらい!

色々考えて羽織にしょうと思いました。
その前にもう一度着て見て、画像に残そうと思って着て見ました。

●帯は金茶色の博多献上帯。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

全て解いて今は布になっています。
羽織では派手でしょうか?
羽織なら衿から持って来て、裄を長く出来るのです。


良く考えて見たら、一度追っかけにして、仕立てた物はグラデーションにはならないんですね。

出来るのかしら?? 


2008/11/22

●思い出♪に成ってしまった(11/11)  ■国内旅行記(富山・石川県)

今日は末の妹の、週一のお休みの日です。
隣の県から、車を飛ばして、9時半に到着。
全員ビックリ。
私とは何ヶ月振りかしら?
積もる話を色々と近況報告。

お昼になって、「今日のランチは何にする?」と聞かれた。
「オムライスの美味しい処があるから♪」と言われたが、私は「和食の方が良いわ♪」と言ってしまった・・・

母はオムライスが大好きだったのに。

連れてきて貰った所は、以前は旅館だった所を、今はお食事処としている所。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お庭が広くて、紅葉が始まって来ている、立派な建物のお食事処。

座敷に幾つかテーブル。
広い広縁にもぐるっとテーブルが。

クリックすると元のサイズで表示します 

母の食欲にあわせて、量が少なめなお料理を選ぶ。
私も此れくらいが丁度良い。

日本海のお刺身は、やっぱり美味しい。
キトキトの白身のお魚。

マグロが好みではないので、関東のお刺身は必ずと言って良い位に、マグロが出る出る。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

広縁のお庭が綺麗に見える席で、母と娘三人でテーブルを囲んでの食事。

母が思い出したように、「此処は○○さん(父の名前)とお見合いをした所だわ♪」と言って、18歳だった時の事を、懐かしそうに話してくれた。 

昨日よりも食欲が無かったのが、気に掛かった。

クリックすると元のサイズで表示します

6月の22日から25日に四人で温泉に泊まった時よりも、随分歩き方もゆっくりで、手を自然に差し伸べてしまう。

今回の旅は、ランチに出掛けただけで、家でゆっくりと色々話していました。

いつもの様に、「叉来るね♪」と分かれたのに、永遠の別れになるなんて夢にも思わなかった11日の夕方でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

空港で北陸のお土産を色々買って、帰りました。

チャーリは帰ってきたら、私の所に飛び込んでお帰りの嬉しさを態度で表してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

好きだった茶菓子も買いましたが、前に食べた時と、味覚が変わったのかしら?

2008/11/21

●やすらかに。  記念日

クリックすると元のサイズで表示します


17日の朝に思いも寄らない電話で、訳も分らず1時間後には、娘の運転で空港に向う。

6日前には、「今度また来るね♪」と分かれた母とこんなに早く亡骸と対面するなんて、夢にも思わなかった。

毎日書いていた日記が、段々短くなって、2日前には皆に感謝の言葉を書いて、最後の日の日記は辛かった事が読み取れる。

娘三人と美味しいランチを食べたのが、元気だった最後の姿だった。

貴女は皆に好かれて、陽気で楽天的で、歌が好きで、辛いなんて言った事が無く、否定の言葉も言わない人。

誰に迷惑を掛ける訳でもなく、最後まで自分の足で歩き、お風呂もトイレも自分でして、すーっと何処かに消えてしまいました。

帰りの搭乗便が雷で遅れ、点検中にも雷でストップ。
「帰らないで」と言っているのかと思いました。
二時間半遅れで、さっき帰宅。

子供達には、此れからがもっと辛いかも。
貴女の娘で良かった。
有難う。


2008/11/19

予防接種(11歳8ヵ月)  チャーリーの医療費他

ユーリカン5

次回は2009/11/19

犬ジステンバー・犬アデノウイルス2型感染症・犬パラインフルエンザ・犬パルボウイルス感染症

2008/11/13

●水色格子ウールに帯3本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します

着物を着始めたばかりの頃に着ていた、母のウール。
とても柔らかくて着易いのですが、何しろ短いのです。
良く着ていた様で、所々にシミが目立ちました。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
 
★1は02年4月6日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します←チャーリーがべったり♪

着付けも下手で、衿が被ってきています。
デジカメを買って、良く分らないのに、写し始めた頃です。

●帯は以前着物を着ていたときに、伊勢丹で自分で選んで買った昼夜帯です。
裏は綺麗な朱色。
表は紺地に白の更紗柄に、朱の花が所々にある柄。
上を少し折り返して締めると華やかに成ります。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年1月10日に、家で着ていました。(9ヵ月振りの着用)
新年から毎日10日連続で着物を着ていた、10日目の着用。
シミが目だったので、洗濯機で洗って見ました。
縮んでもっと柔らかくと言うか、腰が無くなってしまいました・・・クタクタ。
とほほほ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は2枚に切っただけの、とても短い2部式名古屋帯。(紐も付けない)
お太鼓部分は、二重太鼓の様にお太鼓部分に枕を置いて、お太鼓を作る。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

○羽織も母からの物で、丈を近所の悉皆やさんでめいっぱい出して貰いました。(6000円)
白地に濃青で墨流しのような柄。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★3は03年11月23日に家で着用していました。(10ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します 
 
今日は朝起きて直ぐに着物を着ました。
土日だけ朝食を食べるのだが、その時に悉皆やさんから、電話で、お嫁さんの色無地の染み抜きと、ガード加工が出来たとの事で、早速取りに伺う。
お天気は良いのに、風が吹いていて、とても寒いので、初めて毛皮のマフラーをして行く。
(娘はお正月みたいよ→正月に初詣に行った時にしていたので)

悉皆やさんの玄関には、「新春浅草歌舞伎」のパンフが置いてある。
獅童さんのお母さんが、お得意さんなのです。
私の初歌舞伎は去年の、「新春浅草歌舞伎」だった。
「今年納めの物は12月7日まで」と書いてあった。
もう今年もお終いか。
早い一年だったなァ〜
一度も袖お通していない(勿体無くて)色大島→袖丈1尺6寸を持って、ガードをお願いした。
これで安心して着れると思う。

帰りに八百屋で買い物。
ご主人から毎日着物なの?と聞かれ、「ええ」と言ってしまう。
明日も着るから、まあ良いヵ

●帯も母から貰った物だが、気に入らなかったので、ずーっと仕舞ってあった。でもこのウールには合うのではないかと、締めて見ました。
ピッタリな感じ。

3クリックすると元のサイズで表示します

長羽織は知人からの頂き物。(フリース風の着物とアンサンブル物)
撫松庵の「うきうき兎」のアンサンブルの物。
男物の仕立てで、振りが無く風が入らなので暖かい。
黒地に深緑の竹が縞の様に成っていて、兎が遊んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します 

◎ココで最後の着用。
腰骨で強く締めても着難いので、この着物は処分してしまった。
今思えば、処分しないで、雨コートにすれば良かったかも?
あるいは上身頃を、上っ張りすれば良かったかも?


最後まで全うさせて上げられなかった・・・


2008/11/12

●母のシャリ感の有るウールに帯3本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は母の着ていた塩沢のような、しゃり感のあるウール。
白地に金茶と橙と深緑で、幾何学模様のような柄。
気に入って着てた様で、所々にシミが付いているが、普段着だし着ていれば分からないと思う。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年12月8日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

冬はやっぱり着物のほうが暖かいです♪
母のウールの袖の短さ!(袖丈短いし元禄袖で裄も短い)
でも家事をするには短い方が便利かも?(負け惜しみ?)

●帯は煉瓦色の半幅帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

緑の真田紐に縮緬細工(自作)の椿帯留をする。
ナイロンの緑色の足袋は、履きやすくて楽。

★2は03年11月21日家で着ていました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

19日も20日も着物で出掛ける筈だったのに。
だから、今日は普段着を着て見る事にした。
何処かに出かける訳でなしのに、なんか無性に着たくなる。

家にチャーリーしか居ないのに。
主人がゴルフから帰ってきて、写真を写してもらう。
割烹着で食事の用意。
なんかうきうき。

●帯は近所の呉服屋の女将の物を譲ってもらった、紺地に小豆色と黄色の縦縞柄の織り8寸名古屋を、2本に切ってある物。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

胴の方はぐるぐる2回り巻いて、ピンで押さえて、残りを手先にする。
(紐は両方ともに付いていない)
お太鼓の部分が良く分からない?
普通にお太鼓で背に付けるが、お太鼓部分が長すぎて、お太鼓に折り皺が付く。
ああでもない、こうでもないと色々遣って見て、2重太鼓に出来るではないか。
単の帯なので、ぎりぎり名古屋なのに2重太鼓が出来た。
折り皺は中に入って、見えない。

この様に2本に切った帯が3本(紐ナシで)在る。
3本ともそれぞれ切った長さが違うので、色々考えながら、締める楽しみが在る。
呉服屋の女将さんは勿論、毎日仕事着にして締めていた様だから、
簡単に締められる様に工夫をしたのだろうと思うと、考えるのが楽しい♪

1本の帯はどうしても分からなくて、「きものくらぶ」さんに質問をして、
うまこさんに回答していただいた。
なんか帯って、考えると如何様にでも締められるんだなぁと思った。

★3は04年3月22日家で着ていました。(4ヵ月振りの着用)
下にグレーのタートルネックのセーターを着て。

クリックすると元のサイズで表示します←加工した画像しか保存されていなかった。

朝からとても寒いです。
予報では雪との事。
こんな日には、家に居る時には着物が暖かで良いですね。
ほっかほか♪

お台場で買った、綿入れ半纏は夫も私も大のお気に入り。
いつも洋服の上から着ているけれど、着物の上の方がピッタリなはず。

朝一番で又、美容院に行く。
今日はまつげパーマ。
若い人で、着物を着て、雨コート姿に雨下駄のお客さんが、髪をアップにする為に来られた。
雨コートの下から4cm程着物が見える。(雨コートが短い・・・)
初対面ながら、「着物の裾をまくって紐で結んで着たらいかがですか?」と声を掛けてしまった。
若いのに渋い付け下げに佐賀錦の袋帯。
良〜く見るとしつけがそのまま
母親に着付けて貰ったと言うが・・・・オイオイ

●帯は朱色地に黒の薔薇が規則正しく格子の様に。
半纏は小豆色地に白の絣が斜めに入って、襟は黒の別珍。
チャーリーを抱いて。

2008/11/11

●ランチに遠出♪(11/10)  ■国内旅行記(富山・石川県)

女三人寄れば、「ランチには何が良い?」となり、私は最近は和食が断然好き。
母はお肉や、脂っこい物が駄目なので、和食と決まりました。

車でちょっと遠出して、連れて行ってもらったお店。

クリックすると元のサイズで表示します 

入った瞬間から、好みのインテリア。
ギャラリーを兼ねているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

正面の飾り棚には、大き目の土の匂いがしそうな花器に、赤い実の枝が上下に。
小枝の炭を横に寝させて、大きな赤い実。 

クリックすると元のサイズで表示します 

奥には、いろんな湯飲み茶碗やマグカップ。
その奥には赤いほおずきが鈴なりに。

クリックすると元のサイズで表示します

黒いテーブルに黒い椅子。
その上には、赤い麻の葉柄のランチョンマットが、とても映える。

お聞きしたら、羽織の反物が有ったけれど、赤くて羽織れないので、ご自分で作られたそうです。

奥の右側には、帯をご自分で表装されて、掛け軸にされて居ました。
少しの汚れは金粉チラシで、綺麗に化粧されて、表具屋さんで頼まれたのでは無いかと、見まごうばかりです。

何だか出てくるランチも期待しそうです♪

クリックすると元のサイズで表示します 

黒塗りのお盆に、白のお洒落な器。
今日のメインはふくらぎの煮魚。
大根と柿の甘酢和え・油揚に包まれた野菜の柔らか煮・胡麻和え。
白身のお刺身。
きのこたっぷりのお味噌汁。

クリックすると元のサイズで表示します

此れだけでも目で充分味わって、満足なのに、二つ折りしたランチョンマットの上に、白の四角いお皿に赤カブのスライスの上に、唐揚げが。
(三人とも鶏の唐揚げと思っていたら、豚と言われて驚く)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

デザートには赤茶色いお盆に、コーヒーと白玉ぜんざいに、柿のゼリー♪

沢山の器を洗うのが大変だなぁ〜と思う。
このランチで何と1000円だったのです。
都会ではコーヒー一杯でも此れくらいする所も有るのに・・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

こちらのお店はランチだけの提供だそうです。

正面の椅子には帯や、着物から作った、バックが並べてありました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

素敵なお店に連れて来てもらって有難う。

2008/11/10

●久し振りのご対面♪(11/9)  ■国内旅行記(富山・石川県)

急に母に会いたくなって、会いに行く事になった♪
どれ位振りかしら?

一泊旅行の荷物の中身をちょっと入れ替えるだけだったので、準備は楽だった。

羽田まで夫に送って貰い、今回はゆっくり土産を買う余裕が有って良かった。

色々見て廻り、「松蔵」と「舟和の芋羊羹」と「崎陽軒のシュウマイ」に決めた。
(以前友人が里帰りには、必ず崎陽軒の生シュウマイと中村屋の月餅と言っていたのを思い出して)

クリックすると元のサイズで表示します

プレミア席は満席で、二人掛けを一人でゆったりと座って来れたので良かった。
到着空港前。

いつもの様に、バス停までで迎えに来てもらい、感謝。

そのまま、きときとのお寿司をご馳走になりました♪
地の物(のど黒・シマ鯵・バイ貝・蟹みそ・ふくらぎ等)が、色々頂けて、美味しかった。
ご馳走様でした。

家に戻り、ゆっくり色々話をする。
母は75歳までは一人で着物を着て、出掛けられたのに、今では着物は卒業です。

だから私も、もう着物類は増やす事は無いと思います。
娘三人とお嫁さんが、分けた着物を大事に着て上げないとね。

今日は妹夫婦の記念日の食事会に、母と一緒にご馳走に成りました。

クリックすると元のサイズで表示します

とてもお洒落なレストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

ご夫婦二人でやっていらっしゃる、暖かい雰囲気のお店。 

乾杯の画像を写し忘れ・・・
赤ワイン・トマトジュース・ノンアルコールカクテル。

クリックすると元のサイズで表示します

小さなグラスに入っていたのは、蛸ぶつと野菜の角切り。 

クリックすると元のサイズで表示します 

香草がたっぷりのズワイガニのテリーヌ。
とても良い香りがしました。
甘いトマトにシャキシャキ野菜がマッチする。
ソースの黄色とグリーンが美しい。

クリックすると元のサイズで表示します 

母は南瓜のポタージュ♪
濃厚で満足。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私は野菜スープ♪
色んな野菜がいっぱい入っていて、コリコリと歯ごたえもあり、とても満足。
(ベビーコーン・オクラ・トマト・人参・きのこ等)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

今人気の温野菜。
蒸すだけなのに、色鮮やかで、食欲をそそる。
調味料は、オリーブオイルに岩塩だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

中華料理の様に、色んなお料理を注文して沢山の種類が食べられて、コース料理よりも少しずつ頂けて、とても満足♪

調理する人はコース料理の方が、楽だと思うけれど・・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

スペイン風オムレツ。
運ばれてきた時には、一瞬リゾットかと思った。
ふわふわで、色々入っていて、美味しい。

生ハムがびっしりの、ピザ。
カリカリでこれまた美味い。

クリックすると元のサイズで表示します 

きのこたっぷりのスープスパゲティ。

クリックすると元のサイズで表示します 

スズキのポワレとキノコとズワイガニのクリームソース。
スズキは香ばしくて焼けており美味しい。
たっぷりの蟹と、大好きなきのこのソースに絡めて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

やりいかのサラダ。
茹でてくるくるカールしているやりいかが、見ているだけで可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

以前は白髪だったのに、黒くなって来た母の髪の毛。
不思議です。

平日の夜だったので、お客さんは私たち四人だけ。
貸切状態で、お腹いっぱい頂きました。
ご馳走様でした♪

2008/11/9

●三峯神社(11/7)  ■国内旅行記(山梨県)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

国道140号彩甲斐街道を、ひたすら走ります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

旅館を出る時には、雨が降っていたようで、地面が濡れていたのに、晴れて来て、今回の旅行は、紅葉がたっぷり見られて、来た甲斐がありました。 

クリックすると元のサイズで表示します 

日本三大峠の雁坂峠の下の、日本最長の国道トンネルを、山梨から埼玉県に抜けるときには、長い長いトンネル内で事故が起きませんようにと、願いながら安全運転で走っていました。

クリックすると元のサイズで表示します 

途中には大滝のループ橋、滝川渓谷沿いの雁坂峠付近にかけては素晴らしい紅葉を眺めながらの、山岳ドライブを楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します 

やっと「三峯神社」の大滝村村営駐車場に着きましたが、神社が見えないのです。

係りの人は徒歩10分と言うので、車を止めて歩き出すと、階段の処には、徒歩15分と書いた立て看板が!

クリックすると元のサイズで表示します  

実際に歩き出すと、私の足では20分くらい掛かりました。
休憩しながら・・・

初詣には大勢の方々が登って行くのですね。

クリックすると元のサイズで表示します 

拝殿はとても豪華で素晴らしい〜(暗く写っていますが、もっと白くて多彩な色取り取りで)

クリックすると元のサイズで表示します 

奥の興雲閣は宿泊施設で、温泉もあり、こちらのレストランで昼食を取りました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

枯れ葉を踏みしめてゆっくり、下の方に降りてゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

やっと鳥居まで下りてきました。
リュックを背負った、登山姿の方とすれ違いました。

銀杏が黄色く輝いていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

駐車場には大型バスも停まっており、目いっぱいに紅葉を楽しんだ今回の旅になりました。

途中の「道の駅」に何度も寄り、車だと持たなくて良いので、何やかやと、色々食料を買込んでしまいました。

途中に「無料できのこ汁を召し上がってください」と言うのに、釣られて販売所で買い込んだり、助手席に座っているだけだったので、夫はお疲れだったと思います。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

孫に買って来た果物を届けて、一匹留守番をしているチャーリの元に急いで帰りました。

一番先に飛びついてくるのは、何時も私のほうですね♪
良い子してお留守番出来ていましたね。

2008/11/8

●川浦温泉から広瀬ダム♪(11/7)  ■国内旅行記(山梨県)

朝食前にもう一度お風呂に入って、自分で作る(材料を入れるだけ)お味噌汁がたっぷりあって、美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

フロントにはとても珍しい「南天床柱」と信玄公の軸が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

フロントの方に二人揃って、写して頂く♪

クリックすると元のサイズで表示します

会計を済ませ、コーヒーショップでゆっくりコーヒを頂き、お土産も購入。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

旅館から少し走って、笛吹川の方に下りてゆくと、笛吹権三郎の像があり、それ以上、下の方には行かなかった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

生まれ育った所の景色に、似ているけれど、川の様子が全然違う。

やはり源流に近いからか、岩がごつごつしていると思う。 

クリックすると元のサイズで表示します

雁坂みちをどんどん登って、「広瀬ダム」へ。
紅葉がとても美しい〜〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

水源の碑。
此処で山葡萄の干し葡萄を売っているおじさんから三袋を購入。
ブルーベリーよりもポリフェノールが多いと言っていたけれど、本当かしら?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

靄が掛かっていて幻想的な風景。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

2008/11/7

●10日遅れの記念日旅行♪(11/6)  ■国内旅行記(山梨県)

今年も一泊の温泉旅行に出掛ける事にしました。
普段は暇なのに、たまたま予定が入っていて、10日も遅れての旅行に成りました。

私は「近い処が良いわ♪」と言ったら、夫が選んでくれた山梨県の川浦温泉に行く事に成りました。

ゆっくり家を出たからか?道路が混んでいて動かない・・・(平日なのに)

何とか山梨に入り、夫お薦めの湯村温泉の中腹の食事処の門が閉まっていてお休み?
閉店?だったので、お腹も空いて来たので、「何処でもいいから」と、探し回るが、無い〜〜

やっと辿り着いた処が、地域地場産業振興センター

クリックすると元のサイズで表示します 

駐車場は殆んど満杯。
2時過ぎに、やっとランチにありつけました♪

ワインで柔らかく煮込んだビーフシチューは、お肉がとろけそうで美味しかったけれど、ちょっと味が濃かった。

レストランの外は銀杏が、黄色く色付いて、とても綺麗〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

車を走らせていると、途中に何軒も、柿を売っているお店があり、干柿が下がっているお店に車を止める。

大きな百目柿と、富有柿、リンゴを孫達の分も買って、干柿も購入。
(干柿は去年の出来立てを、冷凍した物を解凍した物。)

早速車の中で初干柿を食べる♪
美味い〜〜

お腹も膨れて来れば、瞼が緩み、私はこっくりこっくり。

山深くどんどん紅葉も美しくなり、やっと今日の宿「山県館」に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

甲州の「笛吹川」 の上流にあるこちらは「 信玄公の隠し湯」として戦国時代から親しまれている掛け流しの湯です。
湯量が毎分千二百五十リットルも有るので、大浴場はお湯が溢れていました。

何と〜〜♪
思ってもいなかったのに、通されたのは こちらのお部屋でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

角部屋で、とても落ち着いた感じで、天井は格子に組んであって、美しい丸紋が描かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

館内には女将さんが活けられた、山々の木々や生花がさり気無く籠などに生けられていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらの窓からの景色です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらの窓からは、真下に笛吹き川の清流と、白い石に紅葉が美しくマッチして、ほっとする景色を眺めながら、一服しました。

食事前にゆっくりと「せせらぎ乃湯」に入って、お食事です。

クリックすると元のサイズで表示します

仲居さんが一品一品お料理の説明をしてくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

甲州牛のしゃぶしゃぶに、甲州名物の馬刺し。
串焼きの岩魚に、松茸の土瓶蒸し、デザートのフルーツ等残す事無く、綺麗に頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

「記念日でこちらを選びました」と、伝えた所お祝いのお赤飯を用意していただき、とても嬉しかった。

夜は男女入れ替えで、「薬師乃湯」に入って、マッサージを頼んで、やすみました。

2008/11/6

●11月4日の装い  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は都喜エ門の白大島で、地色は薄い桜鼠に絣で花柄です。
とても柔らかくて、着易い大島です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します←八掛けは黒のぼかし

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は名物布の名古屋帯です。
余り出番が無かったので、箪笥の中から見つけて締めてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは、白と小豆色の細かい格子柄の縮緬。(ころもやさんのオリジナル)
扇子は若草色の無地。
帯締めは白と黒の段々の5分組紐。

帯留めは貝素材の菊。(真楽のバザー)
根付はトウモロコシの上の兎。
羽織を羽織っているので、紅葉の腰飾りをバックに付けました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

○長羽織は、この色と相良刺繍が気に入って求めましたが、身幅と裄が狭かったので、「おたすけくらぶ」さんで仕立て直しをお願いしました。
襟の中から共布を持ってきて、袖口の方に接ぎました。
襟の中は別布を足しています。

クリックすると元のサイズで表示します

着姿では全然柄が見えないので、アップで♪
とても柔らかくて、流水の地紋が入っているところに、相良刺繍で麻の葉が刺繍されています。
脇の部分で柄が途切れているのは、幅だししたからです。
柄の繋がりよりも、寸法を重視しています。

クリックすると元のサイズで表示します

「きもの日和」で購入の、龍村生地使用の竹籠(黒い部分の天以外)バック。
取っ手は木製。
生地が来年用として、新しく変わるので、格安だったのでつい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

履物は黒塗りの右近下駄の台に、南部畳表。
誂えの白に近いグレーの鹿の子絞りの鼻緒に前坪が赤。
とてもお気に入りで万能な履物。
誂えた鼻緒は、長時間履いていても痛くなくて○です。

2008/11/5

●5人全員揃って銀座で♪(11/4)  ◎着物でお出掛け(袷)

次男の高校・大学が同じで、高校一年の時に役員をしていた5人が全員集まって、美味しいお食事を頂きました♪

着物を着だしてから、七年振りにあった第一回の集まりは池袋のたん熊でした。(07/2/13)

第二回目に会ったのは、銀座の隋縁亭でした。(08/3/1)←お料理はあとで

クリックすると元のサイズで表示します

京都出身のYさんのお薦めのお店は「左近太郎」

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

犬矢来が印象的な正面玄関は、祇園のお茶屋風で、情緒のある雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

着物姿にはピッタリと早速シャッターを♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

禁酒なのに、雰囲気でちょっぴりだし♪乾杯の食前酒(古都の翡翠)だし♪と、美味しく頂いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

先付 前菜二種盛り

椀物 生麩の白味噌椀 西京味噌仕立

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

向付 平目のカルパッチョ 土佐醤油

揚物 秋の味覚の煉り饅頭 野菜あん掛け

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

口直 お葱と根菜のすり流し

焼物 銀鱈のおから衣焼き 酒粕風味

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

焚物 松茸と季節野菜の炊合わせ

強肴 牛ばら肉の香味醤油焼き

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

食事 松茸と鶏の炊込みご飯

甘味 季節のデザート盛り合せ

クリックすると元のサイズで表示します

私が待ち合わせ時間に遅れてしまったので、ゆっくりお喋りしながら頂いていたら、とっくにお昼の時間(2時)を過ぎていたので、まだ話したり無いので、資生堂パーラーでお茶にする。

クリックすると元のサイズで表示します

カフェがいっぱいなので、最上階に通してもらう。
ゆっくり出来て良かった。

こんなに色々の美味しそうなケーキから、モンブランを選ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

綺麗にトッピングされて、ポットサービスで、おまけにオレンジも添えて、リーズナブル♪

クリックすると元のサイズで表示します

なんと5人全員が選んだのが、モンブラン♪
過去のお茶を見てみると、やっぱりモンブランを頂いていた♪
全員モンブラン好きと確信する。

今回は息子本人の話はほとんど出なく、年金の話も皆無。
会う前日に放映された、長門浩之の老老介護を皆さんが見ていたので、こちらの話題が多かった。

娘がいる人が三人なので、お産や孫等(孫は来て嬉しいし、帰って嬉しい♪)

5人それぞれ、和気藹々と、思った事が色々話せて、相談できて、これからも健康で、会いましょう♪

次は春かしら?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

三越のフォンティーヌに顔を出して、セットして貰う♪
店長お休み・・・

2008/11/4

●11月3日の装い  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着物は伊兵衛織

画像よりも、赤茶色が濃い着物です。
艶があって、柔らかくて着易い着物です。
普通の紬よりも厚ぼったいですが、着ていると全然そう言う風には感じません。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯はクロスステッチするような平織りの生地に、銀糸でお花が刺してある、名古屋帯ですが、小紋や付け下げにも締めます。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは朱色の無地縮緬。
扇子は若草色の無地。
帯締めは5帯揚げと同色の5分組紐。
帯留めは紅葉にどんぐり。
根付は、メノウのうさぎ。
腰飾りはトンボの匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します

バックはシャネルのバックスキンのキルティングで、天がファスナーの物。
底が広いので、見た目よい沢山入る。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ストールはベルベットのレースの房付き。
羽織はちょっと暑いかな、でも帯出しでは寒いかしらと言う時には、ストールは便利ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Pさんから頂いた黒に鶴が舞っている端切れで仕立てて頂いた鼻緒を、3-7段のカラスに挿げた物。
締め具合が丁度良くて、指が途中で止まる。
前までぐっと入っていかない♪入れても戻って来る。
裏の本天は薄黄色で前坪は柿色。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ