2008/3/29

松屋の展示会を掛け持ち♪(3/28)  ◎着物でお出掛け(袷)

旅行中に、Nさんから松屋で催している「ターシャー・チューダー展」に行かない?とお誘いを受けたので、Sさんを誘って、三人で早速出かける事にしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

先日胸に付けていたブローチをバックのアクセントにして、先日とバックと履物は同じで、出かける。

松屋にちょっと遅れて到着すると、玄関前に姿は見えず、携帯で連絡すると7階に居るとの事。
8階の間違いではと、会場に行ってみると、凄い混みようで、見られる状態ではなかった・・・

7階に戻ると、そこで「抱き人形展」を遣っていたので、そこを先に見る事にしました♪

クリックすると元のサイズで表示します

画像は許可を得てアップしております♪

「抱き人形展」

TV画面で、人形の出来上がるまでを見せてもらい、何百の工程を得て、この可愛い頭が出来上がる事を知る。

クリックすると元のサイズで表示します

私達が一番目に付いたのは、このお人形でした♪
髪型も可愛いし、お着物がとても変っていて、絞りの着物と、帯地を使っての、着姿がなんとも言えなく、可愛かったのです。

胸には翡翠?のブローチを付けて、黒儒子の帯に、渋い帯締めが、男の子?

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはぽっちゃりとしたお顔で、幼児。
着物は格子柄にパッチワークして、着物に仕立ててありました。
帯締めを髪飾りにして。

クリックすると元のサイズで表示します

お人形師の奥様が、着物を仕立てて着せておられました。
どれも柄が小さくて、お人形にピッタリなんですね。
生地を探して選ぶのが、一番大変だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

市松人形は、足を前に出したままお座りします。
太股から、膝までが布で出来ていました。

きちっと正座をするお人形もあり、こちらは手足に関節を作ってあるので、色んな座り方が出来そうです。

両方とも足の作りを見せて、説明していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

奥様がアンティーク着物をお召しで会場に着ておられ、お写真の許可を頂きました。

偶然見る事が出来た、展示会でしたが、興味深く見せて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

先に食事をしてから、8階の展示会に行こうと、外に出ました。

Sさんが最近良くTVで見る、柔らかいミルフィーユ状のカツ屋さんが近くに有るというので、行ってみました♪

クリックすると元のサイズで表示します

メニューの写真を見ると、このように何枚も重なっているカツでした。

早速三人とも、特選ゲンカツ膳 契約牧場で育て、選りすぐった特選豚を使用した重ねカツを注文しました。

クリックすると元のサイズで表示します

千切りキャベツはたっぷりで、お替り自由。
糸の様に細いキャベツでした。

クリックすると元のサイズで表示します

期待して中を見ると、メニュー写真ほどではありませんでした。
ちょっと写真は出来すぎですね。

でも口に入れると、サクッとして、ジューシで柔らかくて、ソースとポン酢・塩で頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ご飯は炊き立てを、おひつでサービスでした。
Nさんはテークアウトをお願いしておられました♪

ゆっくり食べて、お喋りして、今日のメインの展示会に足を運びましたが、まだまだ混んでいます・・・・
凄い人気ですね。
平日なのに。

もう時間がないので、入りましたが、人の頭を見ている感じです。

会場の中に、ガーデニングの庭を再現して有りましたが、人工の光でよく育っている思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

カントリースタイルの生活には、余り興味がないので、混んでいる事もあり、サーっと流して見ました。

物品販売のコーナーでも凄い行列・・・

「最後尾はこちら」と立って居る位なら、レジを一台追加したほうが良いのではと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

四丁目でお茶して、叉の再会を願って分かれました。

クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ