2008/3/22

三度目の正直なのに。(2/22)  ■国内旅行記(富山・石川県)

今日はお天気も良いので、ちょっと行って見たい所があったので、お昼にはちょっと早いけど、家を出る

母には「美味しいオムライスを食べに行こう」と言って有ったので、そのつもりで車に乗っています。

ちょっと遠出の、ドライブです。
グルグル廻って目的を達成したので、オムライスのお店から遠くなってしまい、「それじゃ近くに素敵なレストランがあるから、そこに行こう」と車を走らせる。

可愛い素敵なレストランの前に車を止めると、前に何かボードが置いてある。
読んで見ると、「本日は貸切の為お休みさせていただきます」と書いてある。

クリックすると元のサイズで表示します

がっかりして、「それじゃとてもお安くて身体に良いランチをしている所があるから、行って見る?」と方向を変えて、車を走らせる。

この写真を写している時には、此処で食べる気で居たのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

本日は何時ものランチではなくて、バイキングに成っていて、母が食べられる物が無かったので、仕方なく諦めて、後ろ髪引かれつつ、振り返って写した全景。

で、この時点でもうお腹がペコペコになっていたのです。
仕方がないので、最初に行こうとしていたお店に戻る事となりました。

母は「遠いわね〜〜」と言っているし、今度こそランチに有り付けると思い、お店に向う。

クリックすると元のサイズで表示します

良い感じのお店で、奥の方にうなぎの寝床の様に成っている所の、一番奥の席に案内される。

何でも蔵の中をお店にして、うなぎの寝床のような広めの通路?もお店。
灯りとりの為に中庭が造られている。

一番奥の席なのに、そこの引き戸からお客さんが入ってきた!
前も後も道路で、両方から入れるらしい。
その引き戸を開けて見に行って見ると、そこの広間が、こんな感じ♪

クリックすると元のサイズで表示します

お腹は限界が来ているほどに、ペコペコになっていた。
注文したのに、一向に出てくる気配なし。

先ほど引き戸から入ってきた地元のおばちゃん達は、コーヒの注文(それは早くに出てきた)
大きな声で喋る喋る。
話の内容は筒抜け・・・・
周りを気にしないおばちゃんには成りたくない物ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

一向に注文した料理は出てこない。
お隣の方が先に座っているのにまだ。

段々とイライラし始める。
やっとおもむろに、お隣の席に、サラダを持ってくる。
サラダぐらい、直ぐに出て来ても良い筈。

お店のカウンターを見に行くと、若い〜シェフが一人でゆっくり(に見えた)調理しているだけ。
ホールは男性一人。

限界です。
もう40分以上待っているのです。
言いました、言いましたとも。
「こんなに待たせてランチ遣っていけるの」
「申し訳ありません」

聞くところによると、前も凄く待たされたと。

お店三軒まわって来たのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

やっとおもむろに出てきました。
サラダが・・・・
こんなの幾らでも直ぐに盛り付けられるのに・・・40分も待たせるサラダ???

クリックすると元のサイズで表示します

次々と出てくる訳でもなく、やっと母にとろっとした玉子がのっているオムライスが出てきました。

私にもやっとやっと注文したひれステーキが出て来ました。
お店の壁には、賞を取ったシェフの写真が飾ってありましたが、よほどの気が長い人でないと、待っていられないかも?

厚くて柔らかくて美味しかったですが、時間と天秤にかけたら、帳消しですね。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートは大好きなクレーム・ブリュレが小さなコーヒカップに入っていました。
こちらも美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

時間の凄く〜〜余裕のある方は行かれたら、美味しいお料理が頂けるかも?
私はもう結構です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ