2008/3/12

3月11日の装い♪  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

昨秋母から私の手元に遣ってきた、薄紫色の花柄の白大島♪
八掛けも薄紫色♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

身長が随分違うのに、帯の高さが同じなのは不思議でしょう?
実は・・・母はお腹が出ているので、お腹の上の方に帯を締めているからなのです。(言っちゃった・・・)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は真っ白の塩瀬の名古屋帯で、桜の花びらが渦を巻いている柄です。
前柄が、柄の大きいほうと、小さい方が両面に染められていますが、何時もの様に締めると柄が小さい方が出ます。
関西巻き用に染められていました。。。
逆は締めにくいんですよね。
(真っ白なので、スコッチガード掛けてあります)

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは桃色の総絞り。
扇子は両面に桜が描かれている物。
帯締めは、桃色の冠組紐。
根付はブラブラ揺れる桜。
腰飾りは桜の縮緬押絵を両面にして、太い糸でハ差しで止めて、中にお香を入れた、自作匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織はちょっと見ると黒に見えますが、黒に近い緑です。
半月に見えるのは雪輪柄です。
そこに桜が何輪かあって、散っている。
どっしりと重めの縮緬です。

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナムに初めて行ったときに、一目で気に入って購入した、桜の刺繍がいっぱいされている、黒の艶の有る手提げ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

祇園のない籐さんの白い装履、白の蝋引きの台で、花緒は通し前つぼで紅。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ