2007/8/19

8月17日の装い  ▲今日の装い/薄物

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は麻で薄い緑と青で花柄。
突っ張った感じの麻です。
洋服では殆んど柄物は着ないのに、着物では着れちゃうのが不思議です。

去年までは殆んどビーズ半襟を使っていたのですが、毎年漂白していても、長年使っているとどうしても真っ白にはならなくて、今年は全然使っていません。
夏用の半襟が極端に少ないことがわかって、急遽保多織りを半襟用に切って、購入した物を縦半分にして使ってみました。
綿なので吸収性も良くて、快適でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は麻の紅型風の切り売りで作った、二部式名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは黄色の変り絽で萩の柄。
扇子は山葵色で竹の部分に花の絵が描かれている物。
帯締めは白黒の横縞の5分紐に水牛の亀の帯留め。
根付は金魚。
腰飾りは麻の巾着匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します

籠はナチュラルバンブーバックです。
タイの商品で、ネットで購入しました。
とても軽くて、弾力があって、大きさも兆度良いです。
取っ手は折れます。
日傘を挟んでも便利です。
色が薄いので、何でも合うと思います。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

履物は深緑の革の台に、天は畳表。(金鷲)
鼻緒は痛んできたので、白地にグレーの紅型で誂えました。

白鹿の麻足袋。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

日傘は表参道の「アトリエKinamiの夏支度」の展示会で買った物。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ