2007/6/18

韓国ドラマのお屋敷?巡り その1  ◆海外旅行記(韓国)

今日は、一日前にソウルに到着している友とロッテホテルのロビーで9時に会う約束♪
ご対面を楽しみに、昨夜が遅かったにも関わらず、早く起きて準備をする。

ホテルの角の出入り口の真ん前にある、韓国お粥専門店 多味で私は貝のお粥を注文する。

クリックすると元のサイズで表示します

ねっとりとして塩味も効いていて、特に左上のイカの入ったキムチ?が美味しい。
右下は杏仁豆腐ではなくて、水キムチです。
(水も一緒に食べるなんて知らなかった〜〜)

クリックすると元のサイズで表示します

二人とも昨日のお蔭でお肌ピカピカです。 

クリックすると元のサイズで表示します

明洞の街に出ている屋台です。
右下は海苔巻きです。

クリックすると元のサイズで表示します

少し早めに着いたので、ホテルのロビーで記念撮影♪

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル内の免税店の前のピーさんと並んで、身長差を確認。

四人揃ったので、模範タクシーを5時間貸し切りで、今回の旅行の目的の、ドラマのお屋敷や住まいの場所に連れて行って貰います。

クリックすると元のサイズで表示します

まず最初が「美しい日々」のミンチョル邸・「天国の階段」「12月の熱帯夜」 のヨンシムの嫁ぎ先でも使われました。
いつも坂の上から走ってきて、路上駐車していましたが、ちゃんと駐車場が付いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

次が「オールイン」で使われたお屋敷です。
周りの木々が茂っていて、中の家が見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

実はこの2軒のお屋敷は、お隣同士なのですね。

その通りの前は、「12月の熱帯夜」でも使われていました。
四人揃って腰掛けて、写しました。
右側が美術館でした。

クリックすると元のサイズで表示します

次は何と!!予想していなかった、ここです♪ここに連れてきて貰いました。

「パリの恋人」のカン・テオンの住んでいる家♪

運が良い事に、住んでいらっしゃる方が道路でお仕事をされていて、日本語で 「私の家だから、上に登って写しても良いですよ♪」と、親切に言われたのです。
まるで夢のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口はこんな風になっていました。
重い緑の鉄の扉を開けると、くの字に階段が伸びていて、頭をぶつけそうでした。
 
クリックすると元のサイズで表示します

↓干してあるお洗濯物が叉いい感じです。

↓TV画面から♪
家の全景

クリックすると元のサイズで表示します

登りましたよ♪
屋上に屋根部屋があります。
TVと同じです。
植えてある物も、壷も沢山並んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓このドアをパク・シニャンが開けたんです。

TV画面から。
叔父に家を売られて、最初にこの家に連れてこられた場面。

クリックすると元のサイズで表示します 

屋上から、外の風景はこんなにも素晴らしいのです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓此処から眺める景色。

↓テヨンとギジュが並んで縁台に座っている場面。

クリックすると元のサイズで表示します

もう片方からの景色です。

クリックすると元のサイズで表示します

運転手さんと一緒に♪
ドラマでも使われていた縁台もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

この階段は何度と無く出てきました♪
ギジュがテヨンを待っていたところです♪
上の道路に車を止めて、道路の場面も数多く出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの場面の市庁舎前はTVと同じく、平日にも関わらず、多くの人で賑わっていました。
車上から見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の予定には、入っていなかった所なんです♪
運転手さんが、連れてきてくださったのです。
感激でした



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ