2007/6/13

先日の続き♪  ちくちくと手作り

先日の麻綿交織の単を、今日縫い上げようと、自分にプレッシャーを掛ける

もしも縫えたら自分では最速です。
此れも格子柄で柔らかくて針の通りが良かったからです。
と、まるで縫い上げたかのように書いてますが、さて縫えるかな?????
縫えなかったらどうしょう・・・

衿肩開きの力布が良く分らない。
着物の縫い方の本が見当たらないので、きものサロン特別編集の○○○を見ながら遣っているが、アバウトで此れで縫えるのかしら?

ゆかたの縫い方なのに肩当も居敷き当てもつけないなんて

クリックすると元のサイズで表示します

やっとオクミを付けました
オクミの縫い代も絎けました。

これから衿に印を付けて、衿と掛け衿を付けます。
一番難しい所です。
夕方までに出来ると良いのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

く〜〜夫の帰宅までには、間に合わなかった・・・
本の寸法で衿を取ったら、短すぎて、下前の衿先を接いだり、印付けをしながらだったので、(言い訳)衿を付けて絎ける所が残っています・・・

この本やっぱり私には合わないわ〜
初心者には、とても縫えないと思う。


今日中に仕上げられるかな??
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9日に購入した、平絽の着物を洗ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

青い水になりましたが、さっぱりと洗い上がったので、身幅と裄を直して、着物として着てみる事にします。(叉チクチクしないと・・・)

クリックすると元のサイズで表示します←チャーリー

透けすけです。
下着をしっかりとつけないと、大変なことになります。


2007/6/12

デッキの屋根工事  工事

たまたま外回りの部材の新聞広告が目に入り、ウットデッキに屋根が有ったらと思っていたので、早速電話して見積もりをして貰った。

(直ぐに来てくれてその場で価格決まる)

合見積もりはせずに、帰宅した夫の了解を得て決定♪

あれから待つ事18日。

今日やっと工事をして貰う事に成ったが、朝から今にも降りそうな天気・・・
でも工事決行。

クリックすると元のサイズで表示します 

決めた場所の土を、細いスコップが向き合っている物で、くり貫くようにして、穴を開けて、石で土台を作って、柱を立てた。

丁度デッキ(最初はデッキの板を二枚切る筈だったが、切らずに出来た♪)ギリギリに柱が立った。

クリックすると元のサイズで表示します

外壁の換気扇の上の位置にサッシを取り付けて、屋根の土台を作ってゆく。

クリックすると元のサイズで表示します  

案の定、遣り始めたら降って来ました。

しとしとしと。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で止める訳にも行かず、少し濡れながら工事を進める。

クリックすると元のサイズで表示します

雨樋の修理もして頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま工事は進み、昼休みを過ぎてからは、嘘のような青空になりました。

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

屋根材が取り付けられて、そろそろ完成♪

クリックすると元のサイズで表示します

順調に進み、最後に柱の周りにセメントを流し入れて、土を被せて、洗濯竿掛けを取り付けて、夕方6時ちょっと前に完了♪

屋根材は太陽光線遮断率が良いので、部屋の中がヒンヤリとする感じ。

逆に冬は寒いかも?

築年数経っている我が家を手入れして、これからも長く住んで行こう。

2007/6/10

●6月6日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

川越唐桟の双子織り。
木綿なのに絹のような艶があり、打ち込みがしっかりしていて、私はお出かけ用にしています。

●生紬の紫陽花柄の二部式名古屋帯。
季節柄この組み合わせが多い。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

薄いグレーと薄いピンクの太い横縞なので、二通りに使える帯揚げ。
扇子は縁が紅に染められている物。
帯締めは小豆色とベージュの格子に銀色の紫陽花の帯留め。
根付は柘植の家紋(池之端の十三や)
腰飾りは黄色の麻地の匂い袋。(京都旅行の時に購入→石黒香舗)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

籠は、かごやの東北地方産の山葡萄です。
中には柿渋の内袋が縫いつけてあります。

職人の悠帆さんの作り上げた一点物です。
山葡萄のペンダントを下げてアクセントに。
もう片方は、ワックスを掛けて、これも東北の別のブローチを付けています。
両面別々の表情を楽しめる。
 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

履物は先日のオフ会でオーダーした馬来草の草履です。
馬来草
マレー半島原産稲科系植物
網代織り
新草と乾草とを交互に重ね織りした物で、重量感があり、年数を重ねると更に変化に富んだ光沢が得られる天然素材の絶品です。
鼻緒は、白の革を選びました。

足袋は白鹿の麻足袋。

2007/6/9

●銀座から日本橋・東京♪(07,6,9)  ◎着物でお出掛け(薄物)

月に一度、着物で会う日なので、暗黙の了解でアバウトに時間と、場所を決めて会っています。

Kさんとは2ヵ月振りに会えると思っていたのに・・・・急な用事で会えずとても残念でした。
ずーっと雨マークが消えなくて、雨でも大丈夫な様に、麻の着物と帯を装って、高めの下駄にして、長傘持参で出かける。

勿論自転車で♪

クリックすると元のサイズで表示します

前に娘が料理教室でお世話に成った神谷シェフ(築地に連れて行ってもらった)のお店『懐石くずし日本料理銀座神谷 木挽庵』
に行こうと、Nさんをお誘い♪

うる覚えで出掛けて来たので、娘に場所を確認して、やっとお店に到着。
何時もの通りを一本入っただけで雰囲気が違っている。

クリックすると元のサイズで表示します

通されたのは10人のグループの方が、お隣のテーブルだったので、カウンター席を選んで席に着く。
板前さんが目の前で、テキパキとお料理を作ったり、盛り付けているのが見える。

店内は土曜日のお昼とあって、ほとんどが満席状態。

クリックすると元のサイズで表示します

最初の一品は、とうもろこしの玉子豆腐。
一口食べて二人して「美味しい〜〜〜」
コーンの風味に、プリンとした食感に、コーンが混ざっていて、初めて食べた味だけど美味しかったわね。
次の品が楽しみ〜

クリックすると元のサイズで表示します

和紙で蓋をした物で、中を開けるのが楽しみ。
このときにナプキンを落としてしまい、拾おうとしたら、すかさずに新しいナプキンを手渡されて、サービスが行き届いてよい感じ♪

クリックすると元のサイズで表示します

もみじを避けて和紙をあけると、出汁がたっぷりの茶碗蒸しでした。 

出汁が効いていて、じゅんさいとキノコに木の芽の香りと、またまた二人して顔を見合わせて、「美味しい〜〜〜ね」と♪

クリックすると元のサイズで表示します

暖かい物の後には冷たい、お魚のカルパッチョ風の物。
サッパリとしてお刺身で無い所が、また良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

二人して何の話題で話していたんだか覚えていない・・・・けど夢中で話していたので、両隣よりもお料理がゆっくり、食べている時間に合わせて、サービスされた。

お茶も飲んでいるのを見ながら、注いで貰えて、サービスはとても良かった。

ジャガイモのすりつぶした物を丸めて蒸して、餡を掛けて上に海老をトッピング。
山葵を解いて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくり頂いていたので、もう満足していたら、次にまだ一品と言うには沢山盛り付けた大舟皿に、色んなお料理が目の前に♪

またまた二人して、良かったね。
このお店本当に美味しい〜〜ね。
絶対にお勧め〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

締めは御飯ではなくて、お蕎麦。
お蕎麦が好きではなかったけれど、頂いてみました。(ほとんど食べないのです)

腰があり、歯ごたえ?もあり、タレも美味しいので、全部頂けました。
その後に蕎麦湯が出たのですが、それがまたまたトロッとして美味しい〜〜。
(美味しいと言わないで美味しさを表現するのは難しい)

此処までで二人して何度美味しいと言ったかしら???

クリックすると元のサイズで表示します

私はお煎茶で、Nさんはコーヒを頼み、出てきたデザートにまたまた感激〜〜
(実は娘の事を受付の方にそれとなく話したら、特別に二品多く出して頂いたようです)

味とは人それぞれで、たまたま二人の味覚がピッタリ合ったのかも知れないが、二人で120%満足しましたねNさん。

クリックすると元のサイズで表示します

料理長さんと一緒に♪

クリックすると元のサイズで表示します

メルサとニューメルサを間違えてしまって、Mちゃんをお待たせしちゃって御免なさいね。

スタバでお茶しながら、三人の共通の話題で、何度もトーンを下げてと言いながら、よく喋っていましたね。
歴史苦手でも楽しかった♪

其処から何時ものコースで、アンティークモールに行く。
灯屋さんの暖簾が何時見ても、季節感がいっぱいで、涼しそうで良いなぁと思い、暖簾用にと、見ていると、色といい、透け感と良い、お気に入りの物が見つかった♪

青紫色地にトンボ柄の絽(薄くて透け透け)。
着るにはどう見ても無理。
羽織ってみると、塵除けの羽織に良いかもと?
購入に至りました。

此処から日本橋高島屋まで歩くことになり、持ってきた長傘じゃまだなぁと思いながら、お喋りしている内に、高島屋まで歩けてしまいました。

そこで用事を済ませて、此処でNさんとはお別れのはずが・・・何故か下記の画像に写っています♪
「なぁ〜んでか?」

クリックすると元のサイズで表示します

じゃー此処でお別れね?

クリックすると元のサイズで表示します 

でも一時間だけならまだ良いからと、○民の前でドリンク無料券を頂いたので、そのままお店の中に。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Nさんの博学には聞き入りました。
両国間の物の考え方の違い。
主張の違い。
学問に対する考え方の違い。
結婚、親兄弟・容姿等々。
まだあったかな?

勿論ドラマも。
私は一度しか見ないけれど、何度も見る人。
見れば見るほど違う面も理解できて面白いとか。

クリックすると元のサイズで表示します

話は尽きないけれど、9時でお開きにしました。
まだまだ喋り終わらなかったので、叉会いましょうね♪

★おまけ?の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

暖簾にするために買った・羽織が良いかもと思った物を、着て見ました。
着れるじゃないの?(着れません→直さないと)


2007/6/8

縫い始める  ちくちくと手作り

近江上布の展示会で、麻55%綿45%の交織反物の端切れを4つ買って来ました。
早速買った夜から翌朝まで、水に漬けて、昨日軽く絞って干しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

風が少し吹いていたので、驚くほど早く乾いてしまいました。

5m・4m・3.5m×2の合計16mですが、切れているので、どの様に裁断すれば一番生地が残るか、頭を悩ませながら、裁断しました。

左が身頃二枚分。
真ん中がオクミ二枚と襟と掛け襟分。
右が袖二枚分。

皺加工がしてあるので、アイロン掛けはして居りません。

クリックすると元のサイズで表示します
格子柄で、薄くて柔らかいので、針の通りも良くて、私にしては、スイスイはかどり、お袖二枚分が出来ました。
巾が広かったので、袖巾9寸5分が余裕で取れました。



印し付けは一切しないで、その都度尺差しで測りながら、待ち針で止めて、柄に合わせて、縫ったので、格子柄を選んで正解でした♪
折りもキセもアイロンを使わず、浴衣の様に、爪でこすっておしまいです。

背縫いは袋縫いにするつもりです。
これからお気に入りのCDを聞きながら縫います。

背縫いの袋縫い終わりました♪
背縫いって思った以上に長いです・・・二本となると倍です物ね。
ミシンだったら早いのに。

繰越縫いました。

今から脇を縫います♪

クリックすると元のサイズで表示します

脇を縫い上げました♪
ふ〜〜

後はオクミを付けて、衿付けて、袖付けてと、まだまだいっぱい有ります。
そうそう縫い代くけないと・・・

オクミややこしい〜
オクミ丈って何処から出すの?

クリックすると元のサイズで表示します

オクミは衿下寸法まで付けて、裾の始末をしちゃいました。
まだアイロンは一度も掛けて無いです。
なんだかパジャマみたいな柄・・・・

一日で仕上げるなんて無謀でした。

残りはオクミのオクミ下がりまでと、衿付け(此れが一番の難問)と袖付け。

2007/6/7

近江上布 夏の装い展に出かける♪(6/6)  ◎着物でお出掛け(単衣)

私のブログを見てOさんからメールを頂きました。
近江上布・夏の装い

6月4日(月)から8日(金)、県を通じ国の施設を借りて「近江上布 夏の装い」と言う小さな催しを行いますが、百貨店等での複数産地の大規模な催事と違い、前もっての告示や宣伝が難しく、多くの人にお伝えする術が見つからないのが現状だと言う事でした。

クリックすると元のサイズで表示します

少しでもお役に立てればと言う事で、KIMONO真楽にKWとして発信して見ました。
KWを見て行かれた方もいらっしゃるので、とても良かったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

早速自動車税や固定資産税を支払ってから、久し振りの有楽町に向いました。
お昼時間を過ぎているので、軽く済ませて、会場に向う。
JALと同じビル。

正面には手織り近江上布が展示され、紺色の物は広幅(二倍の巾)の絵絣の近江上布です。
素敵でした。
広幅なのは、お洋服用だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

小物(アームカバー・小物入れ・リネンのナプキン・ネクタイ・ショール・エプロン・帽子等)や端切れ(端切れと居えない程長尺)が並んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します 

男性の仕立て上がりの麻と綿の交織の浴衣。
皺加工したショールを二本絡ませてアクセントに。

クリックすると元のサイズで表示します

80過ぎの方がお作りに成っている、トンボ草履(壷がトンボのような結び方に成っている)鼻緒の芯には、もち米の藁?を編みこんで丈夫にしてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

女性用の柔らかい色合いの麻と綿の交織の浴衣。
どれも一点物でした。
ショールは皺加工した物。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが機械織りの近江上布で、お手軽なお値段でした。
どれもサラッとして、色柄も涼しそうで、着て見たいものばかりです。

麻の事を色々説明して頂き、混紡と交織の違いも教えて貰いました。

色々迷ったのですが、今度こそ自分で縫おうと、端切れ(5mとか4mの物)を四枚買ったので、来年はそれを着て見せますね。って長い〜〜約束をしてきました。

母には大好きな瑠璃色の、帽子風の物を買いました♪

2007/6/6

●6月2日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物はまるでキウイフルーツの様に見える単衣の紬です。

●この帯は「時代布 池田」で購入しました。
金魚の季節は6月だそうですが、一年中生きているので、一年中締めても良いそうです。
帯はオレンジ色地に金魚蜂に入っている、黒の出目金の帯。
開き仕立ての絽の名古屋帯を、二部式に変えました。
去年は締めそびれていた・・・

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

半襟は白の絽で長襦袢も本麻。
帯はオレンジ色の絽の単の名古屋帯です。
金魚鉢で泳ぐ出目金の見事な刺繍帯ですが、切って二部式の二重太鼓に見えるようにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは白地の絽で黒の線描きの端切れ
扇子は三井美術館で購入。
帯締めは白と黒の縞。
帯留めは銅製の金魚で台は銀製。
羽織紐は姫や。
根付はガラス玉で金魚。(くろちく)

クリックすると元のサイズで表示します

箱型のバンブーバックです。
バンコクで購入しました。
大きさも兆度良くて、一目瞭然で中に入っている物が分かるので、とても使いやすいです。
蓋の裏には鏡が付いているので、膝の上に置いて、バックを開けて、化粧直しをするのにとても便利です。
取っ手も折れ曲がるので、収納にも便利です。
下げているのは、エルメスのみかんのキーホルダーです。
今日は帯のオレンジ色にみかんを合わせてみました。

○羽織は嫁入りの時の物で、絵羽柄に織られている。
着丈を目いっぱいに伸ばしています。
背には、羽織の柄と同じ紅葉を、若草色のフエルトで縫い付けています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 


履物は先日のオフ会でオーダーした馬来草の草履です。
馬来草
マレー半島原産稲科系植物
網代織り
新草と乾草とを交互に重ね織りした物で、重量感があり、年数を重ねると更に変化に富んだ光沢が得られる天然素材の絶品です。
鼻緒は、白の革を選びました。


洗濯機で洗っても大丈夫だったので、雨の日でも着用可の着物になりました

2007/6/3

朱蒙を大いに語ろう会に参加♪(6/2)  ◎着物でお出掛け(単衣)

今日は午後6時から、神楽坂の 「はじめの一っぽ」で待ち合わせ。
それまでに少しでも沢山見ておこうと、81話の51話まで見てから、参加。

神楽坂は着物を着る様になってから、何度か訪れている街なので、ちょっと早めに着いて、履物屋さんの助六と、着物屋さんの甚右ェ門を覗いて、お店に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

前回美味しい天麩羅やを紹介して頂いたKさんご夫妻が、到着されていた。
それも奥様はお着物で参加♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回初めてお会いする方から自己紹介。
 
クリックすると元のサイズで表示します

対面は初めてでも、いつもコメントで話しているので、席に付いたと途端に、もう和気藹々♪ 

クリックすると元のサイズで表示します 

チュモンは真っ二つに分かれた評価で面白い♪
私は「海神」よりも軽い感じで親しみやすくて良かったけれど、今一と言う方はヨンムンの方がカリスマ性があって、良いらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

今一番のお勧めは「ありがとうございます」との事。

クリックすると元のサイズで表示します 

話題になったドラマはなんと言っても「ソウル1945」分断の歴史がとても丁寧に描かれていて、見ていて重くて辛くて、切なくて、でも目が離せなったドラマでした。

クリックすると元のサイズで表示します

そうそう「12月の熱帯夜」も見る人に寄って、嵌りどころが違うのも面白い。
Nさん〜〜夫(シ・ソンウ)が良かったと言ったのは、貴方だけだったのよ〜〜〜〜 
でも知れば知るほど素敵ですね。
プラチナのロン毛見てみたい〜

クリックすると元のサイズで表示します

「復活」は嵌りました♪
最初は相関図とにらめっこでしたが、サスペンスも好きです。

クリックすると元のサイズで表示します

私の一番は何と言っても「頑張れクムスン」163話(1話30分)も長いと思わないで見ちゃいましたものね。 
泣いたり笑ったり、イラついたり、ドキドキしたり、娘になったり、母になったり、祖母になったり、嫁になったりと、隣の芝生を見るような感じで、最後はハッピーエンドで良かった

クリックすると元のサイズで表示します

「チュモン」の次は「マイガール」を楽しみにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

歳を越えて、同じ趣味の人たちと話すって、こんなにも楽しいとは。
そして一緒に韓国に旅するなんて、思いもしませんでした。
こんなメンバーだから、楽しいことうけあいです。

クリックすると元のサイズで表示します 

分かれるのが名残惜しく、二次会はマックで喋り足りない分をまたまた話す。
時計と睨めっこして、時間で切り良くさっとお終いに。
次回もどんなドラマの話になるか楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

家に着いたらお月様が真ん丸でした。
そ〜っと入ったのにチャーリーに吠えられました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂に入ってお休みなさい。

2007/6/2


娘が有給を取ったので、久し振りで一緒にランチを摂る事にした♪
前回Eさんに連れて行ってもらったフランス料理・奥沢サクレクールに娘の運転で、行ってみる事にした。

近くでコインパーキングを探して、フランス国旗を探す。
うる覚えだったので、駅から行って、右だとばかり思っていたら、左に国旗を見た・・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

おそるおそるドアを開けると、見覚えのある店内で、ホッとする♪

クリックすると元のサイズで表示します 

若しかして席は前回と同じかも?

クリックすると元のサイズで表示します

ランチのコースは、最初に前菜。
ボリュームがあり、満足・満足。

クリックすると元のサイズで表示します 

丸一日煮込んだという、ブイヤベースは濃厚で、スープは此れくらいの量で十分。

クリックすると元のサイズで表示します

メインは私が選んだのが、豚肉で、厚みのあるお肉で、しっかりしているのに、ジューシーで柔らか〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します 

娘の選んだのが、鱸のソテー(追加200円)
温野菜もたっぷりで、目でも楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します

ミネラルウオーターもサービスして頂いて、娘の気に入ってくれた様子♪

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはカリッと焼いたシューの中に、アイスが入ってクリームとチョコに苺。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒもお代わり自由で、たっぷり頂きました。
ご馳走様でした♪
 
クリックすると元のサイズで表示します

お店の外は日差しが強くて、色が飛んでしまいました。
 
クリックすると元のサイズで表示します 

この似顔絵はお店に来た人は、ビックリする位似ていると驚くでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します 

このまま車を走らせて、こちらに来ました。
此処は何処でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

午前中の雨は何処に行ったのでしょうか?
と言うくらいの良いお天気で、気持ちが良い。

クリックすると元のサイズで表示します

向こうに見える高層の建物は西新宿では無さそうです。
何処かしら?

此処で久し振りに細々した物を色々見て歩いて、(着物も洋服も見ないで)伊東屋でクリップを買おうと聞いたら、二周りも小さい68円の物しかなかった。
1個購入。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチにあれだけ食べたて、もう食べられないと言っていたのに、よく歩いたので、やっぱりケーキを注文しちゃいました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

モンブラン大好きには見逃せない、大きな面白い飾り付けの(山小屋らしい)もの。

クリックすると元のサイズで表示します

色々食べたかったので、こちらを注文しましたが、しっかり一つの物を味わったほうが良かったかも?

クリックすると元のサイズで表示します

此処は平日にも関わらず、どのお店を見ても、お客さんが入っており、住んでいる層が違うようである?
ベビーカーを引いた若いお母さん達もとても多いと思う。
車来店が客が多いところかも?

2007/6/1

5月27日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

麻55%綿45%混紡の着物。
皺加工がされていて、サラッとしている。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は、生紬で、紫陽花が描かれている九寸名古屋帯です。
二部式に仕立ててあります。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは薄紫色の綿素材(先日の一衣舎の展示会で購入。初下ろし)
扇子は縁を青紫色の染めてある物。
帯締めは白黒の横縞の物。
帯留めは、紫陽花のブローチから加工。
カードケースは箱根寄木で、根付はガラスの金魚玉(くろちく)
腰飾りは四葉のクローバーの匂い袋(石黒香舗)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

籠は、かごやの東北地方産の山葡萄です。
中には柿渋の内袋が縫いつけてあります。

職人の悠帆さんの作り上げた一点物です。
山葡萄のペンダントを下げてアクセントに。
もう片方は、ワックスを掛けて、これも東北の別のブローチを付けています。
両面別々の表情を楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します

薄い黄色のエナメルの台で、最初は共の鼻緒だったのを、着物に嵌ってから、黄色の刺繍半襟の鼻緒に挿げかえました。(30数年前の物)

何となく黄色系にまとまった装いになりました。
写した画像がどれも暗い〜〜小物類・履物をフラッシュ焚かなかったから・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ