2007/5/16

●5月12日の装い  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は白地に絣で、水色がグラデーションの様に見えるもの。
八掛けは青紺色。
袷ではちょっと暑かったかも?

長襦袢は川越のかんだやさんで、仕立てて貰った、白の綿紅梅の長襦袢を初下し。
思ったよりも着易かった(綿なので滑りが悪いのかと思っていたら)
衣紋抜きとか、衿先の引っ張る布を共布で無理を言って付けて貰って感謝。
半襟は薄いグレーの絽の板締め絞り。

●帯は今が時期の藤の塩瀬名古屋帯です。
白っぽい着物には今までは、反対色の帯を締めていましたが、同系色でも優しい雰囲気に成って、良い感じに仕上がったと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

連続で締めても、同じ場所・同じ人に会うわけではないので、良いかなぁ。

小物は白地の縮緬に薄紫色の飛び絞り。
扇子は菖蒲柄。

クリックすると元のサイズで表示します

カード入れは伊兵衛織りで根付も菖蒲。
帯締めは細めに真田紐に自作の陶器で作った帯留めに藤の花のシール

藤の金蒔絵シールを貼った自作の帯留め。
白い陶器も自分でコネコネして作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

腰飾りは匂い袋の羅漢様を注し色に。

クリックすると元のサイズで表示します

バックも刺し色で、京都旅行で購入の「染司よしおか」。
軽い正絹の大判の手提げ。
中が見えないように、柿渋染めの布を被せる様な作りに成っていて、重宝♪
京都旅行中は、洋服で使用。 

クリックすると元のサイズで表示します

ピンクシルバーの小判型台に、小豆色の鹿の子絞りの誂え鼻緒。(色は小さい画像に似ている)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ