2007/5/8

●5月7日の装い  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着物は大島風の艶のある物で、胴抜き仕立てです。
が、八掛けを生地にじかに縫い止めてあるので、後ろから後ろ身頃に縫い止めた所に横に皺が寄ることに気が付いた。

クリックすると元のサイズで表示します正しい胴抜き

(八掛けの上に胴裏を付けて帯の下で目立たない所で表地に縫い止める物です。)
半襟と帯の地色を揃えた、薄い桃色掛かった紫。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は今の時期の、薄桃色掛かった薄紫地に、藤の柄の塩是名古屋帯。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは縮緬地に薄桃色の飛び絞り。
扇子は今日が初下ろし。(分扇堂)
帯締めは若草色の冠組。
カード入れは、伊兵衛織りで、根付は四葉のクローバー

クリックすると元のサイズで表示します

バックはエルメスの、ボックスカーフの柿色のポリード。
最近は着物の方が合うんではないかと、思い始めました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

南部畳表2−5段に、緑の鮫小紋の鼻緒。
初めて買った畳表で角ばっているので、若しかしたら男物かも?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ