2007/3/12

朝から着物でチャーリの散歩  ◎着物でお出掛け(単衣)

着物を着る時には、時間に余裕があれば、必ずお風呂に入ります。
此れで随分身体がリラックスして、着物の汚れも違ってきます。

今日は初めて洗面所に一式(と言っても普段着なので、省略する物があるから楽)準備して、お風呂上りに着物を着ました。

着物は下から上の方にと着て行きます。
まず最初に足袋ですね。

そして二部式の裾避け(総絞りの羽織から仕立てたもので、とてもお気に入り)をキリリと締めて、汗取り肌襦袢は今日は省略。
二部式の総絞りの袖が付いた襦袢を着て、襟元には美装流のクリップ付きベルト(コーリンの似た様な形)を片側だけ衣紋抜きに通して、襟元を整えます。

クリックすると元のサイズで表示します南の朝日が強すぎてフラッシュ焚いても効きません。

メッシュ補整〆で胴の補正をして、着物を着ます。
KIMONO真楽KW

着物は今まではウエストベルトを使っていたのですが、最近は亡父の残してくれた、黒の塩瀬の腰紐をきつく〆ています。(何時も締める位置は強く締めても痛くない)

おはしょりの始末は二枚がキチット重なるようにして整えて、紗献上の伊達締め叉はメッシュの伊達締め を締めます。
コーリンベルトは使いません。 (そのほうが襟元が美しくなる事が、分ったので止めました)


クリックすると元のサイズで表示します 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ