2007/3/8

●3月6日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

着物は藍染の木綿の絣の着物。
ネイヤさんに見えないと思い、購入。
普段着なので、着丈を短めに着付け。

二部式襦袢で、半襟は白の塩瀬。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

帯は二部式で紐を無視して、三角に折ってクリップで留めて結んだら、柄が上に来てしまい。折り線が出てしまった。
帯芯が接着芯のようなので、物足りないくらい軽い〜

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは黄色と白の格子柄と、黄土色と白の格子が半分ずつに成っているので、二通りに締められる、帯揚げ。(銀座着物館)
帯締めは煉瓦色の冠組。
腰飾りは桜柄の巾着物。
根付は翡翠の兎(香港翡翠市場)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は母がよく羽織っていたのを覚えている、紺で墨流しのような柄。
裄も、袖丈も、羽織丈も直して貰いました。
乳の位置はそのままなので安全ピンで移動して、香港翡翠市場で購入のブレスレットを羽織紐の改良。

クリックすると元のサイズで表示します

手提げは松屋で与 勇輝氏の人形展で購入。
雨の日とかに重宝する。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

職人展で購入した日田の下駄。
鼻緒が踵から外付けで幅広いので、履き易い。
前坪にはビニールのパイプでカバーされている。
台は立体的にカーブしていて足に馴染む。
洋服でもOK。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ