2006/12/11

そうだ〜京都へ行こう♪ そのC  ■国内旅行記(関西方面)

午前中に、新幹線の椅子の背に入っていた、雑誌で紹介してあった「京都・嵐山花灯路」を定期観光バスの夕食付きで申し込んだ。
「必ず集合時間の10分前に集まってください」と言われて、上賀茂神社・今宮神社・寺町にと出かけた。

一保堂でお抹茶を頂いていた時に、時計を見るともう五時を過ぎている!!
慌てて、京都駅に戻らなければいけないので、「一番確実に早い行き方は?」と聞くと、「市役所前まで歩いて、地下鉄が一番早いです」と言われ、早足で市役所前まで歩く。

クリックすると元のサイズで表示します 

なんと地下鉄は行ったばかり・・・いらいらいら
やっと来たのに乗るが、烏丸御池で乗り換えに間に合わず出てしまった・・・いらいらいら
電車の中から定期観光バス営業所に電話を入れる。
「今電車の中なのですが、乗り継ぎが悪くてちょっと遅くれますが、待っていて下さい♪」無情にも「時間どうりに出発します!」カチン(当たり前ですが)
時間はどんどん過ぎてゆくし、気持ちはドキドキハラハラ
京都駅に着いたら、直ぐ近くにエレベーターが♪

走って乗って、めるのボタンを押すが、次から次と乗ってくる!・・・・いらいらいら乗りすぎのブザーが鳴る!
それでも誰も降りないが、ドアが閉まった♪良かった♪

エレベータの中でKさんに「私が走るから、Kさんはゆっくり歩いてきて♪」と言うや、全力疾走(しているつもり)で足がもつれそう。
心臓がパクパク!飛び出るかと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

定期観光バスの看板の横を曲がると、まさに私たちが乗るバスが動き出した!
「待って〜〜〜!」
両手を広げてバスを止めました♪
バスは斜めになって止った!
おもむろにKさんを呼んで、点呼して、バスに乗りました。
心臓パクパク・呼吸はハアハア・汗だらだら
しっかり指定席の5番の並び席は空いていました♪
全員の視線を浴びながら・・・・席に付いても咳がずーっと止らず、Kさんからのど飴を貰って、やっと落ち着きました。

嵐山に到着して直ぐに夕食でした。
団体客向けの席に通されて、湯豆腐・天麩羅・煮物等の・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

バスの中で、念を押されたことは、「出発時間になっても来られない人は、此処がとても気に入って、もう少し見学すると思って、出発します」との事(暗に遅れたら置いて行くと言う事)
食事が終わってから早速、渡月橋のライトアップを夜景モードで写す。 

クリックすると元のサイズで表示します 

向こうからのライトが強すぎて上手く写せない・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

反対側からも挑戦するが、デジカメと私の腕では此処までがベスト。

クリックすると元のサイズで表示します 

人物と夜景モードでもぶれてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します 

辛うじて、山裾と水辺などの周辺一帯が、浮き出るように雄大で美しく写せました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

いけばなのプロムナードでは、7ヵ所に大型花器による作品が展示されて居ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

散策路の両脇には、色んな形の灯篭が幻想的な情景を演出していました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

野宮神社から大河内山荘までの、竹林の小径は人人人でいっぱいでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中の和装小物の店先で小休止。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Kさんのアイデアで、自動シャッターで写しました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

ぶれなくて綺麗に写っていましたが、最後の一枚は写る前に動いてしまって、二人ともなんか変?

クリックすると元のサイズで表示します 

集合時間よりも前にちゃんとバスに戻って、ホテルまで送っていただきました。
めでたしめでたし♪

2006/12/11

そうだ〜京都へ行こう♪そのB  ■国内旅行記(関西方面)

ホテルは朝食が付かないので、京都駅でモーニングサービスの「朝粥」を注文する♪
コーヒーが朝粥と大して変わらなかった・・・・100円じゃなかったのは悔しい〜〜
100円と勘違いして注文したから。

クリックすると元のサイズで表示します 

花○さんからランチには是非とも上賀茂神社近くの「秋山」で食べてください。
遠いですが、絶対に美味しいですからと奨めて貰ったので、市バスで上賀茂神社前まで向う♪

クリックすると元のサイズで表示します

鳥居のど真ん中に立って写したら、向こうの方が見えないので、位置をちょっとずらして写す。

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りたら、「焼き餅」を焼いているお店に何人もの人が待っている。
餅好きとしては、食べたかったけれど、神社内を散策してからにした。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

早めにランチを予約しておいた方がと、携帯で予約するが、年内は全て予約済みとの事・・・・
こんなに遠くまで来たのに・・・・がっかり。

クリックすると元のサイズで表示します




舞台から鳥居を望む♪






真っ青な空で、気持ちよい♪
腰に貼ったホカロンで、身体はぽかぽか♪

クリックすると元のサイズで表示します
 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

紅葉の時期から外れている今回の日程だけど、まだまだ紅葉は見れました♪

この画像は横になっているのではなくて、境内の中を流れる小川の水面に写っている紅葉です♪

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今年の紅葉が遅いそうなので、とてもラッキでした。
こんなに燃えるような紅葉は初めてかしら???

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここに見える小川が、先ほどの水面に写った物。

クリックすると元のサイズで表示します






観光客が少ないので、写してもらえる人が少なかった。
やっと写してもらったツーショット。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

バス停に戻るときに、先ほどの「焼き餅」に寄って見ると、お客の姿は見えず、餅も焼いていない・・・
聞いてみると休憩の時間との事・・・・・・
焼いていた親父さんは新聞を読んでいて、こちらを見ようともしない!
お客が来ているのにね〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

仕方なく焼き立てではないけれど、土産物やさんの方で焼き餅を頂いて、店先で食べる。
こう言うときには、少しでよいからお茶が出ると有りがたいのにね。
焼餅は大福を両面軽く焼き目を付けたような物だったが、歯ごたえがあり、餅持ちして美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

丁度来た今宮神社(魔よけで有名な)行きのバスに乗る♪
此処がかの有名な、東門前に「本家かざりや」と「元祖一和」が目の前で同じようなあぶり餅を売っているのを何度かTVで見たことがある♪

クリックすると元のサイズで表示します 

お正月用の飾り付けがしてあった♪
来年の干支の亥の絵馬に破魔矢。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

お参りもせず(魔除けのご利益が無いですね)に、早速あぶり餅のお店に向う。
お客の呼び込みが上手いお店のほうに入ると、早速椅子を勧められ、座って一枚写す♪

クリックすると元のサイズで表示します

左のお店が「かざりやさん」で右のお店が「一和さん」。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

親指大にちぎったお餅にきな粉をまぶし、櫛にさして炭火であぶり、白味噌をからめたもので、一皿15本。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらが特製の白味噌タレ♪
扇風機を廻しながら、おばあちゃんが手早くあぶり焼きをしています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと手を休めて、一緒にはいチーズ♪
「二人で別々のお店に入って、両方のあぶり餅を、食べ比べれば良かったわね♪」と不謹慎な事を話していました・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

大きな破魔矢が門の様。
地図を広げて見ると、直ぐに大徳寺だったので、ブラブラ歩くが、広すぎて何処が何処だか分らないし、お腹もすいて来たので、近くの昆布やさんで買い物をして、お薦めのランチのお店を紹介してもらう♪

クリックすると元のサイズで表示します

最初に出てきたお抹茶・・・・は、私のほうは混ざっていたが、Kさんの方が抹茶が固まってイマイチデしたが、お料理は美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

バスで寺町に向う。
運転手さんに、寺町に一番近い停留所を聞いて降りるが、降りたところが、自分の地図の此処だと思ってしまい、寺町方面と思うところにずんずん歩くが、オカシイ?・・・停留所の位置を間違っており、反対方向に歩いていた模様。
此れを何度も繰り返し・・・・方向オンチもはなはだしい。

やっと寺町に来れて、「ギャラリー啓」ではお仕立て済みの着物を見せてもらい、ただし屋ではリサイクルの帯を見せてもらう。
一保堂ではどうしても気に成るほうじ茶の名前も分って、ホッとする。

店内でお茶を頂けるので、頂いたのがそもそもの間違いでした!
ゆっくり写真を写している場合じゃなかったのです!
続きはそのCで。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

たててもらったお抹茶の美味しさは、やはりお茶専門店だと感激している場合でもなかったのです・・・・ 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ