2006/11/20

11月18日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

着物は青色の縞の会津木綿で、バチ衿なので着易いのだが、後衿から半襟が覗くので、気にかかる。

襦袢は肌色の母のお下がりの紋衣装の無地。
半襟は保多織りの白とピンクのストライプ。

●帯はKさんからバザーで購入の多色織りの開き仕立ての名古屋帯。
(長さが3,6mで全通なので、袋帯との違いは長さだけ)

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

四本の内三本は締めましたよ♪(後一本は唐織なので、よそ行きに)

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは辛子色の紋衣装。(帯の中の一色)
帯締めは薄い小豆色の角唐組。
扇子は歌舞伎座購入。
根付は人形展で購入の縮緬細工の茄子。

クリックすると元のサイズで表示します

バックはベトナムで購入した、プチポアン刺繍の花束柄の面は赤紫で、後側は小豆色の物。
中が巾着になっている部分もあり、見た目よりは物が沢山入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

黒塗りで、裏が赤の、のめりで前が角丸。
鼻緒はベージュの太い本天で、前坪は紅。
慣れないときには、歩くとカクンカクンとするので、慣れるまで歩くたびに疲れた。
最近はそうでもないけれど♪

Kさんから譲っていただいた帯は締めやすく、いろんな色が織り込まれているので、どんな装いにも合いそう〜〜
大事に使いますからね♪(返してって言わないでね・・・・)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ