2006/10/14

慣例の銀座でお喋り♪  ◎着物でお出掛け(単衣)

何やかやと、皆さん忙しくて、一ヶ月振りのご対面となった、着物仲間との銀座でのお喋り♪
「らん月」の個室でKさん・Nさんとランチを頂きながら、久し振りにゆっくりと着物の話から、お仕立、近況と話は尽きない。

クリックすると元のサイズで表示します

三品を選ぶランチなのに、私が選んだのが、肉じゃが・里芋の煮ことがし、地養鶏と大根の旨煮ではどれも同じ様な根菜で、彩り悪し・・・・

Mさんが遅れて到着♪ビルの中では携帯が繋がらず、出たり入ったりして、連絡して、Kさんが到着♪
3時近くまで、コーヒを追加して、お喋りが尽きない。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

松屋の一階をぶらぶらしていると、Yさんの友達の人形展が開催されていると言う事で、早速見に行く事にした♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

会場前にはもう多くの人たちで賑わっている。
アンティークの留袖を改良したお召し物を着ていらっしゃるのが、作家さん♪
Yさんは飾り付けを担当されたと言う事で、見せていただく♪

クリックすると元のサイズで表示します

大きなザルに小さな縮緬のお人形さんや、お地蔵さんが♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

作家さんのお顔とそっくりな「お福さん♪」萱葺きの家の中には小さなお人形さんが♪

クリックすると元のサイズで表示します

お地蔵さん。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

可愛いお人形がいっぱい展示されて居ました。
私は「猿ぼぼ」の根付と、「茄子」の根付を購入。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

作家さんを囲んでお店の方に写して頂く♪
凄い〜インパクトでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

どの装いも素敵〜〜〜
着物って帯に小物を色々組み合わせるのが楽しい〜
その人その人の組み合わせのポイントを見たり、聞いたりするのが、着物本を見ているのとは違い、とても参考になって、楽しいのです

クリックすると元のサイズで表示します

Kさんは結城紬・Yさんは黄八丈がぴったりです。

クリックすると元のサイズで表示します

皆さん着付けは文句なし
カッコいいのです。
着物を着なければ会えなかった友♪
着物を着るようになってよかった〜〜

それからいつものようにアンティークモールをブラブラして、たっぷりお茶して、笑って泣いて(話が面白くて)夕食は四人で食す
好きな物を色々注文して、四人で分け合って頂く。

クリックすると元のサイズで表示します 

梅酒ブランデーに、クリーミーなお豆腐は一人前。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

焼き茄子に刺身こんにゃく。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ジャコ入り大根サラダにセロリーのキンピラ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

一番美味しかった山芋のお好み焼き♪につぶ貝の胡麻和え?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

かじき鮪のステーキに海苔巻きチーズの天麩羅。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

マンゴサワーを追加注文して、締めは生だこ入りの石焼き御飯でおこげが美味しい。
このお店は居酒屋さんだと思うけれど、メニューが豊富で毎回来ても飽きない〜〜
席はどの席も満席で、やっぱり美味しいって事ですね。
此れだけ頂いても3000円でたっぷりのお釣りが頂けたのですよ。
他ではもう食べられないわね〜〜〜〜〜ぇ

クリックすると元のサイズで表示します 

此処でお二人と別れて、Nさんと二人でもう一度お茶にして、またまた、お話が尽きないです。
銀座の夜もとっぷり暮れて家路に着く為に、銀座線のホームに下りる。

クリックすると元のサイズで表示します 

時計を見て、渋谷方面の所に立とうとして、今降りてきたエスカレーターに目を遣ると何とお年を召したご夫人が頭を下にして倒れている!
抱きかかえて起こそうとしたけれど、ビクともしない・・・
「誰か〜助けて〜〜!」と叫んだら、若い男性が飛んできて、エスカレーターの停止ボタンを押してくれた。
ぽたぽたと血が。
鼻からか?口からか分らなかったけど。
他の若い男性が階段をかけ上り、駅員さんに連絡♪
私は散らばったバックの中身を入れながら駅員さんの到着を待って、電車に乗ってしまった。
もう少し経過を見届ければよかったのかもしれない。
階段を踏み外されたのかもしれないが、一瞬のうちの出来事で動転して、停止ボタンも押せなかった自分が情けなかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ