2006/10/3

●10月2日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は濃紺とグレーの縞の会津木綿で、着物を着る様になってから、自分で仕立ての本を見ながら仕立てた物。
抱き幅が狭いのか?バチ衿だからか、半襟が多く出てしまう。
それはそれで、きりっと見えて良いかも。

●帯は浮世絵柄のUSAコットンの二部式帯で角だし風に結んでいます。
膨らみは、糸瓜の帯枕を作った残り♪

クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します

電車に乗る訳ではないので、下着は最低限。
化粧も口紅だけ!
クレープ地にレースの袖口付きの肌襦袢に美容衿を取り付けて、絽の半襟。
クレープ地のステテコに、クレープ地の裾避け(裾と前立にレース付き)
透けない着物には下着を最低限に出来るので逆に楽で涼しい〜

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは帯の中の一色の木綿の桃色。(一衣舎)
帯締めはそれより濃い目の丸組。
扇子は茶の紗

バックはジム・トンプソンの黒地に若草色の蜻蛉柄で、内袋はタイシルクのグリーン。

クリックすると元のサイズで表示します

履物は職人展で購入の日田の下駄。
鼻緒が踵から外付けで幅広いので、履き易い。
前坪にはビニールのパイプでカバーされている。
台は立体的にカーブしていて足に馴染む。
洋服でもOK。

クリックすると元のサイズで表示します

足袋は帯の地色に合わせて、辛子色のコハゼが、マジックテープ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ