2006/9/28

●9月26日の装い  ▲今日の装い/単衣

着物は花織風の単衣の紬です。
嫁に来る時に持ってきた物です。
だから袖が微妙に長いのです・・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

所々花織り風に見えるところもある。
糸が細いのでとても薄くて、柔らかくて着易かった。

長襦袢は母のお下がりで、肌色の着込んである物で、これも薄くて柔らかい。
半衿は一衣舎の浮き織り(保多織り)の赤のストラップ(薄いピンクに見える)

●帯は黒地の繻子地に刺繍で黄色の紅葉に、白い菊柄。
とても傷んでいるので、そのままでは締められないので、潔く切って二部式にして、帯に負担が掛からないようにしました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは山吹色の秋草模様(前回と同じ)
帯締めはワイン色の丸組。(前回と同じ)

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ