2006/7/10


Nさんが「ほおずき市」にまだ一度も行った事が無いというので、案内をする事にした♪
この間は「駒形どぜう」に行ったので、今回は「むぎとろ」に決めていた。
ほおずき市で混むと思ったので、先に行ったが、もうすでに長蛇の列。
赤い毛氈の掛けてある椅子に座って待つ事にした。
もう「ほおずき」を下げている人も居る。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

一階はむぎとろの食べ放題でお安いので、今回初めて食べてみることにした。(二階は会席で二回食べたことがある)
見て見てこの大きなすり鉢♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

大きな蒸籠には麦ご飯が入って居て、自分でよそってとろろを掛ける。
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

消化も良くて、するすると食べられる♪
サービスに出た、かりんとうやぬれせんは、お茶請けに丁度良い量でご馳走様。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

浅草寺ではお線香の煙を身体のあちこちに摩って、お願をした。

「四万六千日」とは、浅草観音の一番の功徳日とされ、この日にお参りをすると四万六千日日参したと同じご利益があるとされています。
この由来については色々説がありますが、「一升枡」に入る米粒が四万六千粒であった事から「一升」が転じて「一生涯」お参りしたことになると言われているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

浅草寺境内には450店舗も出店しており、何処も彼処も威勢の良い掛け声が聞こえてくる。
籠入りの鉢植えのほおずきがいっぱいぶら下がっている。
実家の母に、ちょっと遅いお誕生日として、一鉢贈りました。
喜んでくれるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸風鈴の音色がカラカラカラと涼しげに聞こえてくる。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

他には長い枝に鈴なりになっているほおずきや、ばら売りのほおずきなどが、並んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

「浅草に行ったらアンヂェラスのお茶とケーキ」のキャッチフレーズで有名なアンヂェラスでダッチコーヒーに大きないちごの入ったショートケーキを注文する♪
目の前で氷の入ったグラスに、水出しコーヒーを注いでくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅後、床に置いた枝つきのほおずきを、「これは何だ?」と匂いを嗅いでいるチャーリー。
今日もよく歩いた一日でした。
雨が降らなくて良かった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ