2006/5/27

●5月25日の装い  ▲今日の装い/単衣

着物は青紺の無地に見えるけれど、横糸に黒の節が浮き出ている紬の単。
久しぶりに着て見る。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

暑いと思って、本麻の仕立て直した長襦袢を初下し♪
半襟は今年初の白のビーズ半襟。
(3年使って毎年漂白しているが、今年出して見たら、マダラ・・・これはこれで良いわぁと着用)

●帯は前日の綴展を見たので、急遽爪織の本綴帯を締めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

笹の葉の中に四季の花々(お太鼓に菖蒲に菊・前柄に紅葉)が織り込まれて入る。
金糸銀糸も少し入っているけど、まあ良いでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは薄い若草色で薄い無地に、所々ドロンワーク。
帯締めも薄い若草色の冠組紐。
扇子は青に蝶柄の夏物。
腰飾りは四葉のクローバーの縮緬におい袋。

クリックすると元のサイズで表示します

箱型のバンブーバックです。
バンコクで購入しました。
大きさも兆度良くて、一目瞭然で中に入っている物が分かるので、とても使いやすいです。
蓋の裏には鏡が付いているので、膝の上に置いて、バックを開けて、化粧直しをするのにとても便利です。
取っ手も折れ曲がるので、収納にも便利です。


履物は緑の革の台に天が畳表で、鼻緒は白黒の細い縞。
金鷲製。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ