2006/5/24

細見華岳展に行く  ◎着物でお出掛け(単衣)

今日は水曜日でレディースディ-なので、見たい映画が有るので、行こうと思っていた。
ところが重要無形文化財保持者で人間国宝の細見華岳氏の「綴織に心をこめてー細見華岳展」が、横浜シルク博物館が28日で終了と知って、急遽着物を着て出かける事にした。
天気予報は晴れているが、夕方から台風並?の雷雨と言っていたので、用心に紗の雨コートと晴雨兼用傘持参で出かける。
届け物を届けた、友人宅の前で写して貰う。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

みなとみらい線の特急が来たので、兆度お腹も空いていたので、一駅先の終点中華街駅まで行く事にした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

街は若い人達で賑わっている。
一人で中華街に来たのは初めて。

大好きな聘珍大甘栗♪を買って、ド○○○でランチを注文する。
大きなお店だけど、そんなに混んではいなかった。
出てくるのに随分時間が掛かった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

案の定ご飯もスープもおかずもぬるかった。
酢豚だけは熱かった。
お勘定の時に店の前に居る、恰幅の良いお歳を召した店長?店主?にそれとなく言うと、「中華はどれも熱い物ばかりではないです。前菜は冷たいですよ!」ってそんな事言われなくても分かっています。
一言「済みませんでした」と何故言えないのでしょう。
私の注文した物はどれも炒め物ですから・・・
これからは熱々が食べられる小規模なお店に入ろう。
中華は熱々が命ではないのかしら?
2度と来店する事は無いでしょう。

Kさんお薦めの聘珍楼の杏仁豆腐を見つけ、大好きなタピオカココナツミルクと一緒に買う。

クリックすると元のサイズで表示します

早速家で作って食べよう♪

段々と外は日差しも強くなって暑くなる。
歩いてシルク博物館まで行こうとしたが、場所が良く分からないので、コンチネンタルホテルの前でタクシーに乗ったら、なんと隣の隣だった・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

頂き物で細見華岳さんの帯締めを一本持っているけれど、何故か嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ色違いの帯締めが展示されていた。
一度締ると、びくともしないくらい締る綴れの帯締め。
入り口から試し織り(作品を織る時には必ず試し織りをされる)の作品が並べてあり、スケッチや下絵も展示されている。
昭和から平成の綴織帯作品等が80点展示されていた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します←パンフレットより

一番素晴らしいと思ったのは「よろけ織」で独自の波形の筬を使って織られた物。
お召や薄物着物やコートも展示されていた。

駅に着いたら土砂降りの雨と雷!
落ち着いて、やわら〜紗の雨コートと雨晴兼用の黒い傘を差して、東急ストアで夕食の買物。
自転車置き場の前の家で雨宿りして、下駄に透明の爪皮を付けて、荷台にバックと紙袋(バックが濡れない様に上に)前の籠には夕食の食材。

帰ってくるのが30分遅かった〜
雷ゴロゴロゴロ、傘に落ちたらどうしょうと、ドキドキドキ。
傘を片手に差して、右手でハンドル持って、やっと家に辿り着きました・・・・

結果、上前膝から下と後裾20cm程、下前オクミ。傘をさしていた、袖山付近、両袖丸みびっしょり濡れました・・・・

天気予報命中!雨の用意していて良かったのか、出かけなければ良かったのか?
着て行った着物は大島の単。
体温で乾くかなぁ〜

襦袢の袖もびっしょり!
正絹なれど、洗って縮ませてから仕立てたので、大丈夫なはず。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ