2005/12/7

栗の渋皮煮に挑戦♪  料理・食品

Kさんのお得意の「栗の渋皮煮」を食べたいなァ〜と思っていたら、妹から大きな栗を貰ったので、早速作ることにした。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はレデースデーで映画を見に行こうかと思ったが、まだ見ているDVDが半分なので、それを見ながら作ることにした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に、熱湯の中に栗を入れて、皮を剥く。
皮をDVDの日本語字幕を見ながら剥くのは、指を切らない様に気を付けて、1時間掛かって剥いた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

水に重曹を入れて、沸騰して10分ほど茹でる。
茹で汁を捨てて、此れを5回ほど柔らかくなるまで繰り返す。
茹で汁が余りに濃く、柿渋染があるのだから、栗渋でも染まるのではないかと、布巾を染めて見た。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1回目・2回目・3回目。4回目と染めて見たが画像では大して変わらないように見えるが、徐々に濃くなって来ている。
これは半襟を染める事が出来ると思った。
柔らかいピンクとも薄茶とも言えない、優しい色に染まった♪

クリックすると元のサイズで表示します 

栗の量の半分以下(750gだったので、300g)の砂糖を3回に分けて入れて、渋皮が柔らかくなるまでとろ火で煮る。
(ココでDVDに夢中に成っていて、焦げそうに成った)
最後はからめてお終い。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて作ったので、美味しい出来あがりを知らないので、これで良しとする。
鍋にそのまま入っているので、明日もう一度温め直して、瓶に詰め様と思う♪
マロングラッセと渋皮煮と同じ?
洋酒が入っていないだけ?

白砂糖が無かったので三温糖で作ったら黒くなってしまった。
煮含めるのを、煮詰めてしまってちょっと表面が固くなってしまった・・・
自分一人で食べるのかなァ〜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ