2005/11/4

11月3日の装い  ▲今日の装い/袷

着物は母の縞紬を、おたすけさんで胴接ぎして仕立て直して貰ったもので、とても柔らかくなって、寸法もピッタリになって嬉しい。
(貰った時は箪笥の中でぺったんこでバリバリだった。殆ど着た気配無し・・・)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

襦袢も半襟も薄い卵色。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯はオレンジ色の地に地紋があります。
雲の柄が鹿の子絞りに成ってる名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します 

帯揚げも薄い卵色。
帯締めは緑の真田紐。
帯留は先日購入した銅製の紅葉にどんぐり。(かづら清)

根付は卵色の幸運を呼ぶ鈴。(Kさんとお揃い)
腰飾りは菊柄の巾着匂い袋(京都展)
扇子は文扇堂。

クリックすると元のサイズで表示します

バックはエルメスの帯と同系色のポリ−ド。

クリックすると元のサイズで表示します

履物は黒塗りの右近下駄の台に、南部畳表。
誂えの白に近いグレーの鹿の子絞りの鼻緒に前坪が赤。
とてもお気に入りで万能な履物。
誂えた鼻緒は、長時間履いていても痛くなくて○です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ