2005/10/30

●家で細々  ▲今日の装い/単衣

家でも着物を着たくなるような気候に成って来た。
洋服だとなんだかダラ〜ットして絞まりが無い・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

昨日は袷の時に着る襦袢に襟先に別布を8割かた縫い付けた。
http://www.kanshin.jp/kimono/index.php3?mode=keyword&id=479631
もう半襟として使えない物。
襟芯としては柔らかくなって使えない物。
帯芯の残り。
黄ばんだ胴裏等を。

ハンガーに掛けてあるが、見た目は余り良い物じゃないが、襟元の着崩れを直すのにはとても便利♪

夏物の長襦袢と半襦袢を全てお洗濯。(洗ってある物も全て)

クリックすると元のサイズで表示します

夕方までお天気が持って欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


2005/10/29

簡単帯結びの効果♪  ★簡単帯結び♪

昨日締めていた「月に兎の織りの名古屋帯」が、ピッタリ柄が合っていたので、以前に締めていた画像を探して見たら、あ〜ら全然柄が合っていませんでした。
と言うよりも六通の帯なので、柄を合わせるなんて思っていなかったのかもしれない?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

仮紐を使って、後で締め易い所にお太鼓枕を乗せて、締めたのだと思う。
あらららら〜おかしいお太鼓の柄合わせに成っていました・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは偶然に柄が合っていますが、ピタリと合っているわけではない。

クリックすると元のサイズで表示します

簡単帯結びで目の前で柄を出した帯結び♪
ピタリと柄が合っています♪
合うのが当たり前。
目の前で柄が合うようにクリップを留めて帯枕を置いたからです。
パチパチパチ!

やはりお太鼓の柄が合う柄なのか、合わない柄なのかを、事前に確かめて見る事をお薦めします。
締めて歩いていたらそんなに気に成らない物ですが、こうして比べて見ると、やはり合わせた方が良いように思いました。



2005/10/28

今日の装い  ▲今日の装い/袷

着物は薄紫色のとても柔らかい80亀甲の結城紬。
柄は有栖川の様に見える。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

長襦袢はサーモン色地に蝶の地紋で、大きな絞りので半襟は生成りの鶴の地紋。
 
●帯は茶がかった紫地に、月に兎の織り6通の名古屋帯。
簡単帯結びで柄もぴったり合った)

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは白と黒の細かい格子の縮緬。
根付は象牙の瓢箪。
帯〆は煉瓦色の平締め。
帯留は象牙の兎が人参を食べている物。
扇子は歌舞伎座。
腰飾りは四葉のクローバーの匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

履物は黒塗りの右近下駄の台に、南部畳表。
誂えの白に近いグレーの鹿の子絞りの鼻緒に前坪が赤。
とてもお気に入りで万能な履物。
誂えた鼻緒は、長時間履いていても痛くなくて○です。

バックは香港でオーダしたキャンバス地のバック。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/28

松屋の着物市  ◎着物でお出掛け(袷)

お天気も良い事なので、今から着物に着替えて、お出かけ♪
今から何を着て行くのか考えなくちゃ〜
さて何を着て行こうかな〜袷で。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お昼から銀座松屋で催されている「着物市」に行く。
お目当ては美装流の小物を購入のため。
年に2回催される時にしか購入できないからである。

兆度院長先生が、模範の着付けをされている時だった。
毎年訪れるので、顔見知りになっていて、先生から会釈される♪
他のデパートで着付けを遣っている○道の着付けよりも私はこちらの方が好きなので、毎回見に来る。

講師の方から春は来なかったわね。と言われ、そう言えば忘れていて来なかったかも?と。
購入した物は衣紋抜きの変わりに取り付ける、ゴムの衣紋抜きといかり型を少しでも目立たせない様に使う補正パットだけ。

ぐるぐるまわりを見て回るものも、購入したい物は無し。
逆にしつけが掛けたまま売られている着物を見るに付け、仕立てた本人が袖も通さないで、売られているのを見るのは忍びない・・・・

大島も本結城も小岩井工房の紬を見ても、もう物欲は無くなったのか?
自分の箪笥の中の物で、十分着て楽しめるので、後は組み合わせを楽しもうと思う。
夕暮れの銀座。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/28

6万カウント  ブログ

沢山の方々が訪れてくださったおかげで、今日6万カウント達成できました♪
有難うございました。

カウンター
本日のアクセス 00204
昨日のアクセス 00289
総アクセス数  60089

6万カウント達成できたのは、今日の午後1時頃だと思います。

此れからも出来る限り着物を着て行こうと思います。

2005/10/26

結婚記念日  記念日

出掛けにまた遣っちゃいました。(一言多く)

機嫌悪く出勤して行きました。

大雑把じゃない性格ゆえに。

此れからは出かける時は、気持ちよく送り出してあげないと・・・

家族の為に働いているのにね。

今日は結婚35周年記念日♪

クリックすると元のサイズで表示します

セーターだからパット入っていません。
肩が真横です・・・・(衣紋掛けは入れていないのに)


義姉夫妻は結婚36周年記念(15日が)

夕方になったので、両家族でしゃぶしゃぶを食べに行く事にした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

結婚した頃を思い出しながら、子供の居る私達は、子供を見れば、歴史がわかるが、子供の居ない義姉夫婦は「良く36年も持ったわ〜」と笑顔で語っていた。

長い1日が終りました。

おかげで家の中が綺麗に成りました。

玉には人が家に来るのは、良い事かも?

良く見せようと、必死でお掃除するから・・・・・

普段から素っきりさせておけば良いのですよね。

夫婦仲良く助け合って、此れからの人生を共に生きて行こう。

今年の夏から人生で初めて体験する事が、色々有って、夫婦二人三脚で遣ってきた事が、今日でちょっと区切りが付いた。

目出度し・めでたし

2005/10/25

●家で着物  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

昨日と同じ保多織りの木綿の着物を着る。
どうせなら半襟も変えて着て見る事にした。
庭で写したらバッテリー切れ?か逆光かで白茶けて写ってしまった。
(色随分調節しました)

半襟は白地に赤い紅葉・黄色い菊・桃色の桜を友禅染にした物(自作)

●帯は母から貰った、博多織りの全通の名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

右の方のお太鼓がちょっと上がってしまった・・・・

帯揚げは茶色(私には珍しい)に半襟と同じ物が刺繍されている物。
帯締めは若草色の太い平締め。

クリックすると元のサイズで表示します

履物はねずこ下駄で鼻緒は紺色に白で麻の葉がら。
随分履いてから写したので、新品の時とは違います・・・

2005/10/24

●小さな小さな同窓会♪  ◎着物でお出掛け(単衣)

今朝も秋晴れの良いお天気♪
今日は中高の友人と久しぶりに会うので、楽しみ〜

2人とも電話では話している物の、Nさんとは3年振りに逢う。
(02年10月19日の同窓会以来)

同窓会に出席した友は一人は亡くなり、大病している友も居る。
健康で居られる今に感謝したい。

大丸の金城楼(金沢の高級料亭)で食事をする。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最初にお煎茶が出て、小さなグラスに入った梅酒で乾杯♪
積る話で途切れる事無く、次から次と懐かしい名前が飛び交う。
それも氏名がすんなりと♪

クリックすると元のサイズで表示します

お食事がゆっくり出てくるので、落ち付いた雰囲気で、随分長い時間話が出来た♪

Nさんは丸ビルにまだ行った事が無かったので、そちらでお茶をしょうと言う事で、最初に展望階まで登る。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気も良く澄み渡っていて、遠くまでハッキリ見渡せる。
遠くには船も見えた。

クリックすると元のサイズで表示します
 ↑
(展望階で)

美味しいケーキを頂きながら、話題に尽きる事無く、座っている窓からは兆度赤煉瓦の東京駅が目の前に見えて、下を行き交う人達を眺める。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しい1日はあっという間に過ぎて、Nさんの帰る高速バス停近くまで、Sさんと送る。
丸ビルのフロア−にはお神輿が展示してあった。

クリックすると元のサイズで表示します

Nさんと分かれてSさんと一緒に高島屋の、今日が最終日の京都展に向かう。
匂い袋がとても良い香りだったので、再度訪れて購入。
かづら清で「ポンプ式の椿油」も購入♪

体調の良い時に、又会いましょうね♪
今日は昔に帰って、懐かしい友の名前がぽんぽん出て、郷里で同窓会が出来たら良いなァ〜と他力本願で思ってしまう。

2005/10/24

●10月24日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は去年、保多織り職人さんから購入して仕立てて頂いたもの。
初めて袖を通す。
身八つ口の中ほどまで保多織りの肩当と居敷き当てが付いていて、しっかりした仕立ててある。

以前にざっくりとしたシャツは購入して着ていたけれど、着物は初めてです。
身体になじんで軽くて着易かったです。

●帯は嫁入りの時の、木綿の全通の名古屋帯です。(木綿に木綿)

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します 

前日に簡単帯結びで垂れの柄とお太鼓の柄がぴったり合うように何度もセットしておいたので、本番はこんなにピチット合いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは薄い卵色の織り柄の有るもの。
帯締めは着物と同色の冠組みを初下ろし。
根付は京都展で購入した黄色に兎柄の巾着風。
扇子は文扇堂。

クリックすると元のサイズで表示します

バックはプチポアンで花束柄の面は赤紫で、裏側は小豆色の物。

クリックすると元のサイズで表示します

履物は裏が赤で表が黒ののめりで前が角丸。
鼻緒はベージュの太い本天で坪は紅。

2005/10/23

10月23日の装い  ▲今日の装い/袷

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着物は薄紫色の、ポリエステルの切りばめの江戸小紋柄です。

クリックすると元のサイズで表示します

襦袢は襦袢1反で羽裏で使用して、残りを水通しして洗える様にして、2部式に仕立ててもらった、金茶色に糸巻きの柄です。

半襟は白い花で花芯が金の刺繍。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は薄いピンクがかった紫色地に、白と紫の花で大きな葉の塩瀬名古屋帯です。

●小物

クリックすると元のサイズで表示します


帯揚げは辛子色に薄くお花の柄。

帯〆は鳩羽鼠色の冠組紐。

根付は黄色い巾着に白い兎柄の携帯ストラップを改良。

●バック

クリックすると元のサイズで表示します

バックはエルメスの、黒のボックスカーフの内縫いの、ケリーバックです。

着物にもピッタリです。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します

履物は阿波屋さんの細身のシルバーグレイの台に、同じ花緒です。

着物を着始めた頃に、デパートの職人展で購入しましたが、私には細身の草履は似合わない気がします。


2005/10/23

1年振りの再会♪  ◎着物でお出掛け(袷)

20年来の友人Sさんからお誘いで西新宿にあるリゾートクラブ会員専用のレストランに行く。

クリックすると元のサイズで表示します

近くまで行くと携帯が鳴って、場所が分からないと言うと、スタッフが迎えに着て下さる。
静かで落ち付いた雰囲気♪

ステーキコーナーとフレンチコーナ・バーコーナーに分かれていて、今回はステーキコーナーを予約ずみ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最近メンバーになってとても有意意義に家族が使っているそう。
私は最近メンバーが紙切れ同然になってしまったばかりなので、右肩上がりのクラブもあるのだなぁと思いながら優雅な時間を過ごす。

一年振りの再会で彼女は実父・私は義父を亡くし、積る話で、食事後、ゆったりしたソファに場所を変えても話に夢中で、生演奏のピアノの音が大きすぎると感じる。
何やかやと5時間半も喋りどうし。

それにしても随分とお客様がいらっしゃる物だと、感心する。

夜遅くの新宿駅は真昼間と変わらず賑やか。
山手線では若い2・30代の方が殆どの中での、着物姿は超浮いていました。


2005/10/21

●10月20日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は藍染めの木綿の着物。

自作の煉瓦色の総絞りの2部式襦袢に、白地にこけし柄の半襟。

帯は水色地の紬着物から仕立てた2部式を、妹から貰った物。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは紅梅色の縮緬を初下ろし。

帯締めは自作の水色と青の角組みを初下ろし。

扇子は歌舞伎座。

根付は象牙の瓢箪。

匂い袋は柿の縮緬細工。

がま口は大島紬。

クリックすると元のサイズで表示します

山葡萄の籠ですが、二重編みになっている物。

山葡萄で編んだ亀を下げて。

クリックすると元のサイズで表示します 内側クリックすると元のサイズで表示します

焼き杉の右近下駄に、畳表で鼻緒は紺地に白で麻の葉。

デパートの職人さんに、鼻緒を選んで挿げてもらった物。

気軽な下駄。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/20

目黒から日本橋  ◎着物でお出掛け(単衣)

毎日家に閉じこもって書類整理をしていると、滅入ってしまうので、今日はお天気も良さそうなので、久しぶりに着物で出掛けしました。

土曜日は久しぶりに友人からのお誘いで、「ディナー券があるので、逢わない?」と電話があったので着物でお出かけしょうっと。

お昼過ぎに、先日の四国の藍染めの木綿着物を直したのを着て、接客して下さった方に見せに行きました。

先日はいらっしゃらなかった、「池田重子さん」が居られ、入るなり「素敵なお召し物ですね♪」なんて言われ、「こちらで求めて、直して着て来たんです」と言うと、「和裁が出来て良いですね」と言われる。

出所をお聞きすると「四国の藍染め」と言われました。

重子さんの今日のお召し物は、紺色のお着物に、黄色い更紗で仕立てた羽織を羽織っていらした。

黄色好きとしては、あれくらい明るい黄色をお召しになっても全然違和感無いのは、羨ましい。

その足で、日本橋高島屋の京都展に向かう♪

クリックすると元のサイズで表示します

葉書を頂いた、「たけのうち」で湯葉ちりめん・じゃこ煮。

「くらま辻井」で木の芽煮・山椒の実。

「千丸屋京湯葉」で乾燥湯葉。

「近喜」で薄揚げ。

「鍵善良房」で菊寿糖。

「緑壽奄清水」で季節限定のラ・フランスの金平糖。

「豆政」で四季の好み。

「鳴海餅本店」で季節限定の丹波栗の栗赤飯。

「かづら清」で紅葉にどんぐりの銅製の帯留。

「石黒香舗」で匂い袋。

クリックすると元のサイズで表示します

色々お買い物をして、今日は着物を着ている人を色んな所で見かける。

暑くも無く寒くも無く、着物を着るのに最適の季節。

2005/10/19

地震  遭った地震

午後8時46分に地震があった。
凄く長くて横揺れで、PCに向かっていたら、右隣にある、飾り棚の硝子の引き戸が、がたガタがたと音を立てて揺れる揺れる。
とっさに押さえつけ様かと思うほどでした。

クリックすると元のサイズで表示します

もう止まるかしらと、思いながら(止まる確証は無いけれど)待つ・待つ・待つ。

チャーリはちょっと前に凄く吠える。
動物は人間よりも鋭い。

地震のある所に嫁いで来たが、慣れる物では無い。
なんだかまだ揺れて居るように、感じる・・・・

何時か大きいのが来るのかしら?
来る来ると言われ続けて、毎回今かしらと?これ?と地震が好きな人は居ないけれど、怖いです。

2005/10/17

●10月16日の装い  ▲今日の装い/単衣

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は藍染木綿の絣柄。

半襟は自作のこけし柄。
帯揚げは帯と同系色の金茶色。

●帯は金茶色の二部式の博多献上帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯締めは柿色の所々金茶色の糸で巻いてある物。

履物は日田の下駄。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ