2005/1/25

裄直しと半襟付け  ちくちくと手作り

久ぶりにSさんと長電話♪
3月にカナダに行くという。
随分前から毎年「行こうね」と言っている、「オランダ・ベルギー」は、いったい何時になったら行けるのやら・・・・

先日の母のウールは裄が1尺7寸しかなくて、腕がにょっきり。
縫い代を良く見ると、あと1寸出るので、早速直す事にして、袖を外して、アイロンで縫い代を押さえる。
単なら自分で直せるので、取り掛った。

クリックすると元のサイズで表示します

反物で仕立てる時には1尺8寸5分。
でも1尺8寸は許容範囲なので、縫い代があって、良かった。
昔仕立てた物は、反物自体が短かったので、1尺7寸5分〜8分にしかならなかった。

着物を着るたびに半襟を付けなくても良い様に、長襦袢、半襦袢を多く用意している。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

暇な時に、かためて付けるようにしている。
絎け台があると無しでは、付ける時間が倍は違う。
指貫も必須。
襟芯は勿論バイヤス襟芯襟の内法がスッキリ仕上がって、お気に入り♪

今日ははかどった♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ