2005/1/24

●1月24日の装い  ▲今日の装い/単衣

家に居る時には、汚れても気に成らない着物を着ます。
今日はモスリンで紺地の更紗柄で広襟仕立ての物です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

半襟は白地に細かい赤の麻の葉柄。(22日は大き目の麻の葉)

帯は二部式で小豆色にとりの柄。(画像は赤く写りすぎ)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは着物の一色で金茶の縮緬。
帯締めは着物の地色で鉄紺の平打ち。

家事の時には亡父の黒地の紬の長前掛けに、ウールのもじりで。
襟元がすーすーするので、暖まるまでマフラー。


2005/1/24

●郵便物  ▲今日の装い/単衣

先日のカットで、もみ上げが長かったので、短くして貰った。

息子に頼まれて出した郵便物が行方不明になって、本局に調べてもらう様にお願いする。
2度ほど、問い合わせがあり、最初に送った所に戻っている事が判明して、ホットする。
明日速達配達記録で自宅に戻ってくる事に成った。

又息子の所に送らなくては成らないので、この郵便物は行ったり来たり何度も旅することになってしまった。

以前に細い小さなボールペンを、封筒にジカに入れて、封筒を突き破って、空の封筒だけが届いた事がある。
調べてもらったら、出した郵便局の回転台の隅に落ちていたと分かって、無事に届いた事がある。
普通郵便でも、諦めないで問い合わせて見ると、ほぼ戻ってくる筈。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

半襟は白地に細かい赤の麻の葉柄。(22日は大き目の麻の葉)

帯は二部式で小豆色にとりの柄。(画像は赤く写りすぎ)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは着物の一色で金茶の縮緬。
帯締めは着物の地色で鉄紺の平打ち。

家事の時には亡父の黒地の紬の長前掛けに、ウールのもじりで。
襟元がすーすーするので、暖まるまでマフラー。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ