2004/11/23

高級ベトナム料理のマンダリンでの夕食  ◆海外旅行記(ベトナム・カンボジャ)

夕食はSさんもお薦めで今回の予定にも入っていて楽しみにしていた、高級ベトナム料理「マンダリン」http://home.att.ne.jp/alpha/VN/cooking/restaurant/high/mandarin.htmでの食事♪

モダンベトナム料理が味わえる有名レストラン。

クリックすると元のサイズで表示します← インテリアが素敵♪

古い一軒家を改築した店内は、自然光が差しこみ居心地も抜群♪
夜は間接照明が灯り、ロマンチックな雰囲気が楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します←タイ風だったりして

西洋風にアレンジしてあり、ここの生春巻きは絶品(世界一)と富みさんが言っていたとおり、最高に美味しかった♪

クリックすると元のサイズで表示します

↑皮が違うのです。
もちっとしていて♪

他のお料理も色々手が加えてあって、目で楽しんで舌で味わえて、満足満足でした。
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

今晩もエステ♪
今日は肌診断をしてもらって、オデコが脂性で他は普通肌なので、コンビ
ネーション肌と言う事に。
顔のエステなのに又ガウンに着替えて、スチームサウナ‐にジャグジーバス
をして、個室で熟睡(苦笑)


2004/11/23


今回の目的でも有る「おたすけくらぶ」http://www.kanshin.jp/kimono/index.php3?mode=keyword&id=283179の「微笑み仕立て」の、工場見学に午前中にお邪魔する。

クリックすると元のサイズで表示します

工業団地の中にある平屋建ての大きなワンフロァーが二つ有って、700人からの人達が、一斉にお仕立てをしているのを、本社で写真を見せていただいたのであるが、実際に目の前で見せて頂くと、何と言って良いのか唖然とする。

クリックすると元のサイズで表示します

一人一人覗きこんで、見せて頂く。

細かい針目。(当たり前)

真っ直ぐな縫い目。(当たり前)

細かくて美しいぐし縫い(飾りしつけ)

何故に机の上に石鹸が!→チャコのかわりだそうです。

重い文鎮→絎けの時に使う、絎け台の変わりですね。(欲し〜いと思った)

大きなクリップで挟む絎け台。

2本差しのコテ。

針刺しの針は少なめ。(必要最小限で良いんですよね)

男性の方もちらほら。

日本語も解らないベトナムのワーカーさん達に、運針から教え込んで、一人前の和裁師にするまでのご苦労はいかばかりかと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナムの人は皆さん器用なのだとは思うけれど、隣のフロァーでは運針から教わっている人達も何人も。

人の物を縫うのには、厳しい試験を通らないと縫わせて貰えない。

ちなみに10人受けて3人しか受からないそうですよ。

日本から教えに来ておられる和裁師の先生は私よりもずーっと若い方ばかり。

皆さん家族を置いて単身赴任(女性の単身赴任も最近はあるんだなぁ)で一生懸命に母親の様にして、教えてこんでいらっしゃった。

私の着物や襦袢もこのフロァーで縫われた物も有るんだなぁと思うと、何とも言えない気分がする。

最初に伺った時には、全員が起立して挨拶をして下さった。

廻って覗いても、笑顔を絶やさないで、一生懸命に手を動かしていらっしゃる。

クリックすると元のサイズで表示します

ここを見ている分には、まだまだ着物は健在♪と思ってしまうが・・・・

昼食は「パインセオ46A」でパインセオ(ベトナムお好み焼き)と、生きた手長海老のグリルと、チキンの照り焼き、海老と豚肉の生春巻き、椰子の実ジュース。

どれもとっても美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

パインセオは薄いパリッとしたパンケーキの様な物でモヤシお豚肉に野菜がこれでもかと言う位包んである物で、菜っ葉で包んで食べる物。

↓残念ながら食べてしまった後の画像です。

クリックすると元のサイズで表示します 

午後からはお楽しみのお買い物に、連れて行ってもらう。

ベトナムは刺繍がとても美しい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ