2004/11/21

シュムリアップのホテルにて  ◆海外旅行記(ベトナム・カンボジャ)

今回のメインのアンコールワットが有る町である。

観光化が進んでいて、ホテル建設ラッシュで大きなホテルがいっぱいである。

宿泊の「★★★★半のアンコールビレッジリゾート」(コテージタイプ)出来立ての素晴らしいホテルに迎えの車で行く。

南国のリゾートホテルで、着いたとたんの4人の感激の声!

籐のおしゃれな椅子に座り、ホテルの素晴らしさに四人ともうっとりしているときに・・・
予約してあるホテルは別の同列の「★★★★半のアンコールビレッジホテル」とわかって落胆する。

(ウエルカムジュースも頂いたのに・・・・)

本来のホテルクリックすると元のサイズで表示しますに向かうまでは、どうなる事かと心配したが、大差ない豪華なリゾートホテルでホッと一息着く。

3部屋に分かれて、自分の部屋が一番!とそれぞれの部屋を見せてもらう。

三部屋とも殆ど同じで、天蓋付き(初めての体験)の豪華なベットに感激する。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスルームも大きくて、バスに蓮の花が美しく細工をして飾ってあった。

ディナーは5星ホテルのコース料理をご馳走になる。
(ホテルが変更になったので、初日の第一印象がどれだけ大事であるかと言う事で)

私と富さんはステーキのコース。

とても美味しかったです。。

AさんとTさんの煮込み料理も美味しかったと♪

カンボジャでフランス料理?美味しいですよ♪

カンボジャの最初の夜は「タイ式マッサージ」を一部屋でパジャマに着替えて、遣ってもらう。

富さんはパジャマが着れないので上半身○○○で。

イタ気持ち良い至極の一時間だった。

ホテルに戻って、それぞれのお部屋拝見となる。

私達は1階。

Aさんは2階なので内側から三角の屋根の裏側が見える山小屋風。

富さんの部屋は奥の奥で、プールの手前。

そこに行くまでにデッキを歩くと、歩くたびに明かりが一つずつ消えて行く・・・

こわ〜い!!

(歩くたびに明かりが自動で点くのは分かるのだが)

ホテルの件と言い、灯りの件と言いドッキリカメラ!じゃないのかと思うほど。

最初の一日から笑い転げて始まった。

クリックすると元のサイズで表示します

暗い中を部屋に戻って、天蓋付きのベットでおやすみなさい♪


2004/11/21

微笑みの国ベトナムに  ◆海外旅行記(ベトナム・カンボジャ)

夫ゴルフのため4時起き。

8時に成田に集合して、10時発JL5133便でホーチミンに向けて出発です♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅は、おたすけくらぶさんのオフ会で会った事のあるAさんと、Tさんと富さんの四人で成田からベトナムのホーチミンに行きます。

入国・出国の手続きも無事に終えました。

飛行機の出発が遅れると言う事で、ここで2時間ほど時間が有ったので、3人で早速手始めに足裏マッサージを遣ってもらう事にしました。

椅子はいかにも南国風と言った、ビーチデッキのような形の木製の椅子で、履物は草鞋のようなスリッパを履いて移動です。

中は落ち着く様に照明も落としてあって、リラックスして、とても気持ちが良くて、うつらうつら〜

ホーチミンから1時間の渡航で、カンボジャのシュムリアップに到着です。

飛行機はプロペラでちょっと怖〜かった。

クリックすると元のサイズで表示します

着いたのが夜で暗かったので、夜景モードで飛行機から下りてすぐに写しました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本は冬で寒いのに、ここは南国でむ〜っと暑かった。

さぁ〜これから楽しい旅が始まるはずです。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ