2003/8/31

良いこと無いなぁ〜。(今月の着物着用は10日間)  医療

21日の健康診断の結果が昨夜届く。

遊んで帰ってきて、中を見てショック!

大腸ガン、異常無し。

胃ガン、要精密。

今のところは自覚症状が無いから、大丈夫だと思うけれど・・・保証は無いんだよね。

早く再検査の予約をしなくては。

歌舞伎の往復はがきを逆に折ってポストに入れてしまい、 結果の書いてない、はがきが戻ってきて、がっかり。

(往信が相手先に届いて、後で返信がこちらに届くのが、 先に返信で出したまま戻ってきた。)

ついてないときは付いて無いんだね。

明日は義母の命日。

お参りしておこうっと。

2003/8/30

今日の装い。(今月の着物着用は10日間)  ▲今日の装い/薄物

●着物

黒いにグレーで大波の柄に、身頃に1本の金の筋の入った、紗の着物。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します

帯は、先日洗って、引抜にしか出来ないので、2部式に仕立てた、絽の丸帯。

薄い水色地に、川流れに川草柄 (これを引きぬきに見えるように手を細工して、結んでいる。)

●小物

半襟は、薄いブルーのビーズ(重宝この上ない)

帯揚げは黄色の絽。

帯締めは黄色の真田紐。

帯留めは、胴の細工で1点物の作家物で金魚。

(川に金魚・・・居ないけれどまあいっか)

根付は金魚だま。

扇子は白檀。

●バック

籠は胡桃の皮を編んだもの。

●履物

下駄は黒地の螺鈿に赤の板絞りの鼻緒。
 

2003/8/30

おたすけ半蔵門オフ会  ◎着物でお出掛け(薄物)

どれだけ振りかの、夜のお出かけ。

今日は娘が留守なので、主人の夕飯の準備をして行かないと・・・

外で食べてくれたら良いのになぁ〜 (外食大嫌いなので)

昼過ぎに家を出て、自分でKWしてた、人形展を見に、高島屋に行く。

凄い人。

中は歌舞伎の衣装を着て、決まりの格好をした人形達がすべて和紙で出来た衣装を着ている。

近くで目を凝らさないと、和紙とは思えないくらいの、布の柔らかさ、織の張りが完璧。

刺繍や、ビーズを使って、よりリアルに。

歌舞伎座の中の様子、舞台裏、奈落、稽古場、大道具の準備等それぞれの様子が、演じられていた。

夕方からは、「おたすけくらぶ」さんと「姫や」さんとRIKOさんの合同オフ会に参加した。

クリックすると元のサイズで表示します

総勢22名。

年季の入った方々のお話を聞いて、皆さんの着物姿を堪能した。

レストランのお食事はとても美味しく、富さんの親友のお店で、超サービスしていただいた。

ビンゴゲームでは、防虫香を頂く。

おたすけくらぶさんの袋を取った人にはラッキーなおまけが・・・

ぼーさん、竹さん良いなぁ〜

今度は盛装オフとの事。みなさん張りきってました。

2003/8/29

8月29日の装い  ▲今日の装い/薄物

この写真は、プロの写真家高橋さんに撮っていただいたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

偶然、みにひつじさんに、日記の写真をお願いしていたら、通りかかった。

お能の写真を専門に写される方に4枚写して頂いた。

幸運でした。

なのに、縮少したら、こんなにボケボケになってしまいました。

どうしたら、綺麗に縮少出きるんだろう?

●着物

着物は、明るい青地の絹紅梅。

●帯

帯は、アイボリー地の絹芭蕉で柄が船頭さんが川で、漕いでいる。

●小物

半襟は薄いブルーのビーズ

帯揚げは、薄い赤紫。

扇子は、白檀。

帯締めは濃いワイン色に紺の筋1本。

帯留めはハートのプラスチックの中に沢蟹(川に蟹で遊んで見ました。)

根付は金魚玉。

●履物

草履は、畳表に、白黒縞鼻緒。

●バック

籠は、胡桃の皮を編んだもの。

●日傘

日傘は、白地のドロンワークの物。

2003/8/29

チェンミンさんと  ◎着物でお出掛け(薄物)

今日は真夏日。

みにひつじさんのKWで三井倶楽部に行く。

三田駅からタクシーで。

運転手さんに、「やはり着物を着ている人は良いですね〜。

綺麗な人には差し上げるんですよ」とキャンディーを頂く。

(嬉しい!)

三井倶楽部の戦前からの話を色々話してくださる。

重厚な戦前の建物。

門構えも凄い。

一人で着たので、取材の人と間違われた。

そう言えば、一人の人はあまり居ないわね。

丁寧に係りの女性が付きっきりで、説明をしてくれる。

ジュサブローの部屋、辻ヵ花の部屋、金子国義の部屋等案内してもらう。

どれも、これも作家さんが贅を凝らした作品。

私には着ていくところが無いので、目の保養。

良い物を見る機会を得て、感謝してます。

来られている人の装いは、単衣を着ていらっしゃる方が多かった。

季節の先取り?薄物を持ってない?(そんなことは無いと思う・・・)

係りの人に聞いてみた。

建物の中は冷房が入っているからと。

だって、家から、みなさん車?

電車の人も居るでしょに・・・

3時から、お会いしたいと思っていた、チェン・ミンさんの二胡の演奏が始まった。

一番前のソファーで聞く。

写真の通りの銀髪の鬘に、白地に黒の手書きの花の柄の振袖。(袷)

紺色の錦の袋帯に、青紺の縮緬の帯揚げ(とても映える)

紺の帯締め。

ベージュの高い草履に同色の鼻緒。

ブロンズの頬紅。

艶の有る自然なグロス。

シャドーはパール。

とても背が高く笑顔が美しいし、13年も日本にいらっしゃるので、日本語のお上手なこと。

演奏は、感情が、顔、全身に表れ、指づかいの美しさ等にうっとりと、引きこまれる。

クリックすると元のサイズで表示します

終わってから、金魚の手ぬぐいにサインをしていただき(内緒)

CDとストラップを買って、サインして頂いているところの写真です。

終わったから広大なお庭を見て回る。

6000坪の綺麗に手入れをされた、庭、お池、井戸・・・。

ここが東京のど真ん中とは、とても思えない静けさ。

会員しか普段は入れないところ。

大食堂の準備してあるところを見ると、どんな方々がお食事に、どんな装いでいらっしゃるんだろうか?と思えてくる。

蝉が良くないていた。

2003/8/28

どれだけ振りに  年金・選挙・税金

何年振りにスカートをはいたんだろうか?

体型が変わらないので、はけたけれども。

有るものは、ちゃんと着て上げないとね。

久しぶりに郵便局と銀行に行った。

給料下ろして、税金を納めて、振込みをして。

まだ三和、富士、住友、さくら、第一勧銀の通帳のまんまになっている。

新しい銀行の通帳に変えるのも、そこの元の支店に行かないと出来ないなんて、不便この上ない。

合併したんだから、良いじゃない、合併した近くの銀行で。


2003/8/27

ご馳走様でした。  料理・食品

ここ一週間ばかり、会社から帰ってくるなり、黙って台所に行って、ご飯を炊いて、夕飯の用意をしてくれる。

主人ではなくて、娘が!

朝は朝で、自分のお弁当を作りながら、主人の朝食の用意をしてくれる。

嬉しい。

でも申し訳ないなぁ〜

あまり苦にならないらしい。

私は毎日苦だけれど。

今日も美味しく頂きました。

「ごちそうさまでした。」

その代わりと言っては何ですが、お洗濯はちゃんとしておきましたからね。


2003/8/27

びっくりした!驚いた!  記録

今、救急車が家の横に止まった。

近くなので、何処だろう?と、外に出ると、Tさん宅だった。

それにしても凄い救急隊員の数。

10人以上は来ている。

赤い大きな車も来ているし、「どうしたんだろう?」

横の家なので、私が一番早かったので、Tさんの親戚の人に聞いてみた。

なんでも電話をしている途中に電話が途切れて、そのままツーツーツー・・・ と成ってしまったとの事。

再度かけても、かからないので、家まで来て見たら、真っ暗!

71歳なので、もしかして、中で倒れているのでは・・・

戸締りはしっかりしているので、何処からも入れない。

そのうちに周りには近所の人たちが、いっぱい集まってきた。

それぞれが伝言のごとく次から次と経過を伝えている。

救急隊が、ハシゴをかけて、ついに窓ガラスを、割る。

これがスェーデンハウスの二重サッシなので、割るのに一苦労。

やっと割れて、さぁ入ろうとしたら、中からご主人が「どうしたんですか?」って言う顔をして、割った窓の隣の窓を開けた。

見上げている、野次馬達は、「良かった、良かった」と言って、引き上げて、行った。

私は、家に戻り二階の窓から、電気を消して、娘と少し見ていた。

住所は・・・とか聞かれていた。

娘が、「いくらぐらい取られるんだろう?」と

「税金だからタダよ。」

奥さんは旅行中。

娘さんたちは、海外。

いくら一人でも玄関の外の電気は点けておこうよ。

あの凄いざわめきにも、赤いクルクル回るライトにも気がつかないで、 凄く熟睡していたんですね。

寝るのにも早すぎる?と思いますよ。

10時前では。

でも良かった。良かった。

2003/8/26

そろそろ夏も終わり  着物・小物のお手入れ

昨日着ていた麻の襦袢(ビーズの半襟付けたまま)と、有松絞りの浴衣、 綿コーマー地の浴衣を洗う。

二階のベランダに干す。

クリックすると元のサイズで表示します

風が吹いて、3枚がゆらゆら揺れて、シャッターチャンスを逃す。

やっとおさまって、何とか写せた。

家で浴衣を着てるときは、本来の浴衣の着方?

肌にじかに着ることが多いので、居敷き当ての晒し木綿にうっすらと汗染みが・・・

綺麗に取れてさっぱりした。

昨日の小千谷縮みは、ハンガーにかけてもしわしわ。

霧吹きを全体にくまなく吹いて、全体がしっとりするまで、かけて、伸ばす。

乾いたら、綺麗にしわが伸びている。

しっかり汗取りを着て、補正をして着るので、着物に汗染みは 見当たらない。

今月はあと2回着ておしまい。(予定)

2003/8/25

8月25日の装い  ▲今日の装い/薄物

●着物

着物は、薄茶に白で細かい柄の、遠目には無地に見える小千谷縮み。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

帯は、紺地の絽の名古屋帯を2部式に仕立て直したもの。

柄は波に銀と金の丸がら。

●小物

半襟は薄いブルーのビーズ。

帯締めは、朱の3分紐に、ガラスの青丸の帯留め。

におい袋は、誰が袖の香り。

帯揚げは、白地に赤の紅葉の飛び絞り。

根付、は金魚ガラス玉。

扇子は、茶の紗。

●バック

籠は、虎竹に取っ手に漆塗り。

籠飾りは竹の下駄。

●履物

パナマぞうりに白革の鼻緒。

●日傘

日傘はレインボウのお召し地。

2003/8/25

江戸大博覧会  ◎着物でお出掛け(薄物)

なでしこさんから、声をかけて頂いて、KWされている上野にある国立科学博物館の特別展、江戸大博覧会に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

私の家は子供が小さいときに、一度も博物館につれて行ったことが無い。

なので、私は初めて。

夏休みなので家族連れがいっぱい。

浴衣姿の人が1人。

まず最初は、からくり人形、箱型カメラ、のぞきからくり。

残念ながら、実演には間に合わなかったので、映像で我慢する。

(根付飛び蛙はなんだかチョロキュウのように思えた)

解体新書、解剖図、図鑑(色がとても綺麗に残っている)

前回も長い日傘を持って行き、預けるように言われ、博物館には折り畳み傘が良い。

そこから歩いて、ランチの前から、食べに行こうと言っていた。

羊の串焼きの店「故郷味」で珍しい辛い香辛料をまぶして食べる炭火焼きの串焼きを、着物姿で食べた。

辛い食べ物が好きなので、食べやすい串焼きで美味しかった。

腹ごなしに、鈴乃屋を冷やかし、うさぎやでお茶菓子を買い、福助でかき氷を食べました。

御徒町の宝石街?を冷やかし、お茶して、今日はいっぱい歩いた。

風が吹いていたので、日陰は涼しいけれど、日が差しているところは、やはり暑いわぁ〜。

もう夏物もあとわずか。

お誘いを受けなければ、家でごろごろしていたはず。

着物はしゃきっとして、気持ちが良い。

2003/8/24

磨くのが大好き〜  修理・手入れ

今日は、主人は今月5回目のゴルフ。

私は着物でお出かけしたのは4回なので、どっこいどっこいである。

年を取って同じ趣味で行動する人たちもいるけれど、全然別も中々 良い物である。

干渉せず、夢中になれて。

留守中、今度は玄関脇の靴クローゼットの中を整理する。

忘れている物が出てきて、なんか得した気分。

革なので、カビが生えているものも有った。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラシで、掃って、ラナパーレザートリートメントを少量を、 付いているスポンジで取って、付けて磨くだけ。

どんな色でもOK!

私は磨くのが好きなので、いろんな物を買って、試して見るが、これは今までの靴用お手入れ品で、ピカ一である。

最初買うときには高いと思うけれど、これ1ヶで万能なので、 安いかもしれない。

家族の履物を全部磨いた。

簡単だった。

(今検索したら、安くオークションで出ていた。

東急ハンズで3000円で買ったのに。

2ヶ入りは6000円でした)

2003/8/23

蜂の巣撤去、トイレ撤去  修理・手入れ

1ヵ月程前に見つけたときには、今の半分程だったのに、大きくなって きたので、主人が取ってくれるという。

長袖のシャツに長ズボン、手ぬぐい二枚で、目だけ出して帽子かぶって、ゴム手袋の完全武装?で踏み台に乗って、スーパーの袋を被せようとしたら・・・

そりゃ襲ってきますよね。

私は中国の深センで買って、手荷物で持ってきた、「壁虎王」と書い てある、電気で感電死させるラケットで、立ち向かう。

クリックすると元のサイズで表示します

買ってから、何年にもなるのに電池を変えたことが無い。

凄い効き目で、蜂は、ラケットに触れるだけで、ラケットにくっつい たまま、感電死。

その間に見事に袋を被せて、撤去出来た。

主人の手際良さで、あっという間に袋は足の下。

そっとあけて見ると、蜂の巣は潰れて中から蜂蜜?が・・・

休みになると片付けが始まる。

今日は玄関から。

階段の下にチャーリーの、サークルの中にトイレが設えてあるが、ほとんど其処ではやらないで、他でしてしまう。

なので撤去。

玄関が凄く広くなった。

5月28日の日記に書いた、履物の箱が玄関に積んであったのを、靴を整理して、クローゼットに片付ける。

さっぱりととは行かないが、少しずつ少しずつ片付けよう。

ハクビの着付け教室の看板と、組紐教室の看板(4枚)が出てきた。

また拭いて仕舞う。

今日は誕生月なので半額でした、カットが。

またまた、ベリーショートにしてしまった。

さっぱり!  

2003/8/22


今日こそ見ようと出かけた。

クリックすると元のサイズで表示します

なのに「ただいまお立ち見でも、いっぱいでスクリーンも見えない状態です。」

と言われ、次回を見ることにして、あまった時間を絵織さんが書いていた、銀座エルメスのギャラリーを見に行くことにした。

そこは、もうラベンダーが2色(顔料で紫に染めた)の穏やかな海、風景、日常とかけ離れた空間であった。

ちょうど長財布のステッチがほどけて来ていたので、修理をお願いした。

なんとパリまで修理に出すので、仕上がるのは6ヵ月後との事。

財布の中身を出して、修理をお願いした。(待つのだぞ〜)

映画の始まる90分前からもう人が並んでる。

先にパンフレットを買って、読みながら、並んで待つ。

やはり長いです。

90分は〜(待ちます。3度目だから・・・)

なのに入って見たら、4列目にしか席は無かった。

立ち見が凄い。

始まる前に宣伝のために全員にアイスクリームが渡された。

Ayaと言うアイス。

もしかして、これがあるから混んでいたの?まさか。

壮絶に生きた47年の生涯を、愛と芸術にささげたフリーダー。

完璧なまでの美しさ、民族衣装の素晴らしさ。

前回お休みだった「氣楽」でランチする。

おはこびさんの下着が二分式と直ぐにわかる。

表に襦袢の裾が響いている。

これって、パンツの線の次に見っとも無いと思う。

地下鉄で浴衣の若い人を何人も見かけた。

(着物姿は見なかった)今日は何か有るんだろうか?

2003/8/21

検診のハシゴ  医療

今日は、胃がんと大腸がんの検診を申し込んでいたので、 区の保健所で受けた。(無料)

何度やってもバリュームを飲むのは嫌だ!

以前は御茶ノ水の都ガンセンターで受けていたのだが、 遠くに越したので、今度から、こちらで受けることにした。

ガンセンターの方が丁寧っていうか、何度も何度もぐるぐる やらされる。

良いんだか?良いんでしょうね。

本当は明日行く検診を、その後にやることにして、かかり付けの病院に行く。

すぐさま、採血!

今日は血管が見えない。

ゴムで硬く縛って、看護婦さんがこする、こする。

何とか、うっすら見えたところで、いよいよ針を刺す。

いつもずーっと刺すときから、抜くときまで、じーっと見ている。

なんだか今日は不安!

不安的中。

針をさすが、吸引しても全然血液が入って行かない。

案の定、針を血管の中で動かし始めた。

「痛いですか?」と聞かれても、痛いよりもぞーっとして、 見ていられなくなった。

ほんの少しの時間だったんだろうが・・・

どうしても出ないので、手首の血管から、点滴の蝶の針で、 採血してもらった。

半袖の腕が痛々しい。バンソウ膏が2ヵ所も。

クリックすると元のサイズで表示します

終わって「着物サロン」を買って、一衣舎さんの特集を読みながら、 「木曽路」でランチする。

お運びさんの着物姿が気になる。

なんだかみなさん、帯が高すぎる。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ