2002/5/31

 チャーリー〜やめて〜「今月は9日間着物着用」  孫♪

今日は、息子家族が東京デズニーランドに出かける。

Sも御めかしして、ピンクのワンピース。

チャーリは友達だと思っている。

近寄っては、スカートの中に顔を突っ込んだり、 追いかけたり、挙句の果てには、 熱い〜接吻!

クリックすると元のサイズで表示します

2002/5/30

海老が好きだよ〜  孫♪

今日の午後、息子家族が、息子の親友の結婚式に出席する為に タイから帰国した。

主人は出張なので、皆して焼肉を食べに行く。

Sはタイで自分で海老を釣って食べてから、海老が大好きに成った。

海老を5本焼いて食べた。

勿論全部Sが食べた。


クリックすると元のサイズで表示します

2002/5/29

私が子供の時に着た単の着物。  孫♪

Sがもう直ぐタイから帰ってくるので、私が子供の時に着た着物を着せようと準備する。

出してみたら、これが変わった仕立て方がしてあった。

クリックすると元のサイズで表示します

丁度胴抜きの反対で、単衣なのだが、寒いといけないので、胴の所に羽二重が付いている。

着ていると単に見えるけれど、着ると暖かい。

こらは北陸は、単衣の時期になっても、寒い時がある。

その時の着物らしいと分かった。

こんな所まで気を使って、着物を仕立ててくれたのだ。

嬉しいな〜♪

2002/5/28

 (自由が丘)着付け教室第11回 留袖 二重太鼓  着付け教室

今回は以前に何度か着た、小紋を持っていった。

袋帯は金沢で、花嫁用の白の袋帯が千円だったので、練習用に いいかなと思って、買ったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり桃色の着物はもう似合わないなぁ〜。

帯をジミにしたら、どうかなぁ〜と思いつつ・・・

何処に着ていくのか?

2002/5/22


チャーリー御飯だよ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

座れ!

待て!

2002/5/21

 (自由が丘)着付け教室第10回  セミナー 礼装  着付け教室

今日は2度目のセミナー。

どうせ又午後からは、「着物販売会」化するのが分かっていたから、 欠席にしょうかと思ったら、先生が「ダメです」といわれたので、 仕方なく参加する。

私だけ一人で、他の教室の方々と一緒になる。

午前中はバールトン?加工とか、藍染めのビデオを見たり、 素晴らしい反物に触れて、良い時間を過ごす。

お弁当を食べてから、隣の部屋に移動して、今回は「反物と帯と長襦袢」がセットで、25万、30万、35万と5万円飛びに値段が上がる。

どうして、27万とか32万は無いのだろうかと・・・

全然、今回は幾らなんでも買う気はサラサラ無いので、人が着ているのを、しらけた目で見ていた。

時間が勿体無いので、それならばと凄い訪問着が、井桁?に掛けてあったので、2枚羽織ってみる。

「凄く良いわ。」

黒地に肩から裾に向かって、黄金色の銀杏の葉がはらはらと散っている。

緑の葉は枝に残っているので、四季大丈夫とのこと。

でも買わないよ!

皆さんは卒業式に着る着物を買おうとしている。

私は最初から、卒業式には参加しないつもりで入ったので、関係が無い。

時間なので帰りたいと言ったら、「皆にきずかれないように帰ってください」 と言われたので、こそこそ帰ってきた。

2002/5/20

履物の整理  整理整頓

履物の整理をする。

箱から出して、全部まあるく並べてみた。

階段の上から何枚も写真に写す。

クリックすると元のサイズで表示します

やっと全部が入った。

足には一組しか履けないのに。

2002/5/18


お茶会が終って、家路に向かう母と私。

クリックすると元のサイズで表示します

母の着物一式は、今回仕立て下ろしである。

2002/5/18


山中ロイヤルホテルで、母の習っているお茶会があるので、 母は母娘3人で着物を着て、行きたかったようだ。

雨が降っているので、妹は洋服で来た。

ならばと、母の着物で、参加した。

クリックすると元のサイズで表示します

驚いた事に、妹の6年生の担任の先生が、催されていた。

勿論妹は借りた着物一式を貰ったようだ。


2002/5/16

素晴らしい紬を羽織る。  ■国内旅行記(富山・石川県)

ここの、ご主人は2代目で私より若い。

本当に着物が好きなんだなぁ〜と思う。

1度も「買って」なんて言わない。

いい気になって、日本でもここにしかない、作家さんの、いろんな素晴らしい、織物を次から次にと見せて、羽織らせてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなんだから、飛行機で日本中から、顧客が見えるという。

凄いです♪


2002/5/16

金沢に来て、竹屋呉服店を訪れる。  ■国内旅行記(富山・石川県)

今日は妹の運転で金沢に来た。

クリックすると元のサイズで表示します

私達の嫁入りの着物を頼んだ、竹屋さんを訪れた。

妹は近いので何回か来ているけれど、着物は竹屋の物、帯は 違う物を締めていくと「着物はうちでお誂えのものですね。」と必ず当てるという。

私は「偶然でしょう!」と言うとその逆でも当てるという。

だって、何十年も前に仕立てた物なのに・・・

呉服屋さんとは、自分で仕入れた物は何年たっても覚えている物なのだろうか?

ベージュの色大島に昼夜帯。

2002/5/15


今日のランチは普段は結婚式場で、式が無い時にだけ、レストランとして、食事ができる所に連れてきて貰う。

富山でも着物姿は珍しいのに、二人で着物姿で食事に来たので、お店の人の待遇は抜群でした。

お料理もワインも美味しゅうございました。

帰り際、教会の扉が開いていたので、記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

着物は白黒のよろけ縞の単に昼夜帯。

バックはエルメスのケリーバック。



2002/5/14


一緒に富山と言えばお魚でしょうと、「きときと」 (とても新鮮で飛び跳ねるほど)のお寿司を食べに行く。

お任せで握って貰ったけれど、どれもこれも美味しい!

カウンターでいろいろ話をしながら頂くのも、東京では贅沢な事。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の滝の絵が素敵なので二人で写す。

着物は色大島(ベージュ)に生成りに紫の牡丹柄の塩瀬帯。



2002/5/14


今日は、妹の住んでいる富山に着物で行く。

向こうでも着物で過ごそうと、替えの着物1枚と、帯2本 持参で、飛行機に乗る。

やはりお太鼓が気になって、落ち着かない。

毛布を1枚貰って丸めて腰に当てるが、ダメ。

もう一枚貰って当てる。

何だかやっと落ち着いたかなぁ〜と思ったら、 「着陸態勢に入ります・・・」とのアナウンサー。

妹が空港まで、着物を着て迎えに来てくれていた。

クリックすると元のサイズで表示します

着物は色大島に生成りの塩瀬帯。

バックはエルメスのケリーバック。

2002/5/12

柴又に有る山本亭の玄関にて  ◎着物でお出掛け(単衣)

山本亭の中の玄関で。

クリックすると元のサイズで表示します

お花が綺麗に活けてありました。

廊下には赤い毛氈が敷き詰められていました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ