2002/4/10

初めて「壱に蔵」に伺う。  ◎洋服でお出掛け(新宿・渋谷・品川方面)

今日は本当は友人のSさんと銀座なのだが、1週間延びたので、 一人でネットで調べて、原宿のアンティークのお店、「壱の蔵」に行きました。

2Fの壱の蔵に入ると、そこに若い男性の店員さんが入られた。

後で分かったのだが、店長さんのKさん。

初めて見る店内は思ったより狭いので、驚く。

いろいろお話をして、「下のギャラリー見た?」と言われ、 「いいえ」と答えると案内をしてくださった。

見るもの、見るもの素晴らしく、もうウットリ〜

全部商品なのだから、値段がついているはずだが、 見ようとは思わなかった。

記念にと写真をいっぱい写してもらう。

一番気に入った着物の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

薄ピンクかかった紫地に燕が飛んでいて、お花はツツジです。

白と赤の。ツツジって着物の柄では初めてでした。

この着物描いた人って?

着てた人は?

今ここにある着物。

それを今、身近で見られる喜びに感動です。

2Fに戻って、色々購入しました。

持てないので送って戴きました。

何時間居たのだろうか?

2002/4/9

(自由が丘)着付け教室第6回 浴衣、半幅、普段着でも良い  着付け教室

今日は普段着でも良いので、浴衣は止めて、母から貰った格子の紬を着ました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します

帯は余り好きではない、嫁に持ってきたもので、8寸の赤い花の柄の帯です。

何故か持たせて貰った物は、お太鼓柄が多いのかしら?

あの時代に流行していたのかも知れない。

まあ着物の色と同系色で良いかなと。


2002/4/7

家の居間を写す。  

居間の写真を写して見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クッションは、タイのジムトンプソンのもの。

白地にひまわりの柄と、黒地にひまわり柄。

ロイヤルコペンハーゲンのクリスマスプレート。


2002/4/6

家で水色のウールを着る。  ▲今日の装い/単衣

今日は、家で母の柔らかい水色のウールを着て見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します

帯は以前着物を着ていたときに自分で選んで買った、昼夜帯です。

(2階の箪笥から、選んで、持って来る)

芯が入ってない(単に仕立ててない?)ので、柔らかいです。

表は紺地に、白の更紗柄に、 朱の花が所々にある柄です。

裏が美しい朱色で、折り返して締めるととても華やかに見えます。

なので、地味な着物にはとても良く締めます。

今回は丁度お太鼓に、花が一つ出ました。

お花の数で雰囲気が違って見えます。

好きな帯の1本です。

2002/4/5


今日は家で着物を着てみました。

母からの、前に着ていた緑のお召しの色違いです。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと赤いかしら?

写真では分からないけれども、黒と煉瓦色の縞模様、その間隔の違いで、追っかけに見えます。

帯は、あのどっかん帯の後ろの無地の金茶色を出して、締めて見ました。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します

母から貰った、金茶色に赤い花が2輪大きく刺繍してある帯。

ちょっと派手なので、この際裏返して締めてみる事にしました。

これが丁度良い。

少し捻じるが、締めてしまえば、分からない。

良いかも。



2002/4/3

 (緑ケ丘)着付け教室第7回目 コーディネート講座とルール  着付け教室

今日も講義で人形町。

こちらは、現地集合であった。

問屋さんの名前は忘れてしまった。

こちらは人数が少ないので2ヵ所の教室の合同で。

説明を聞いていたら、ぞろぞろと着物を着た人が何人も入ってきた。

他の着付け教室の先生らしい。

生徒一人に一人位の先生が居る。

昨日と同じくお弁当(実費で)を食べてから、隣の部屋で、 急に着付け教室化して、先生方が、次から次へと、反物を着物を着ているように手際よく着せて行く。

私は幾らなんでも昨日ローンを組んだので、買う気はサラサラ無い。

他の人は、何か辻が花の訪問着におそろいの袋帯を締めて、上の階に・・・

又他の人は、塩沢紬に、帯、長襦袢を持ってこられて、押し売り状態。

私はボーっとしているわけに行かず、何かを着てみる。

結果、又買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真の反物を!

反物をもって、上の階に・・・

そこは会計で、ではお仕立ては、パールトンは。

と矢継ぎ早に・・・

私は断って、反物だけを頂く事に。

京都に検品に遣るので、手元に届くのはもう少し後になる。

2002/4/2

 (自由が丘)着付け教室第5回 帯と着物のセミナー  着付け教室

今日はセミナーなので、教室に集合して、団体でぞろぞろと人形町にある、博多織りで有名な「西○織物」に行きました。

そこには、織り機といろいろな反物が綺麗に並べてあります。

ポスターの俳優さんが着ている反物も有りました。

午前中は講義で、着物と帯に付いて、実際手で触って、普段は呉服屋さんでも見られないような高価な物に触れる事が出来て、感激である。

用意されたお弁当(実費で)を頂いて、午後からは、がらりと営業になる。

高いものばかり見せられていたので、なんか麻痺して、 「市場の3分の1ですよ。」

何ていわれると、冷静に考えると高いものが、安く感じてしまう。

恐ろしい事である。

佐賀錦の袋帯を買ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

結婚式にあと、確実に子供と姪、甥と数えると12回ある。

だから、いいかと。

10回払いの金利なし。

ローンを組んでしまった。

袋帯を買ったのは私だけ。

今度はお手軽にと小袋帯を出してくる。

5万円。

これって安いですか?

それでも誰も買わない。

今度は、もう少しお安い3万円。

やっと二人がお買い上げ!

これがあるから、無料なの?

着付けは・・・

2002/4/1

長谷川さんに全部持って行く。  ◎洋服でお出掛け(上野・浅草・人形町)

今日は自分の持っている、草履を全部持って、ネットで知った浅草の長谷川さんに初めて行く来ました。

案の定、行き先間違えて、なんで〜〜羽田に行ってしまったの?

そこから気を取り直して、乗り換えて、浅草に!

ここで方向音痴とはまだ築かず。

思ったよりは、こじんまりとしていたが、鼻緒の多さに驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

嫁に持って来て、最初は何足かは、少し履いたのですが。

全然履いてなくて、鼻緒が固くなっているので、潔く切って もらって、職人さんに選んで貰って全部挿げ替えて貰いました。

今日中には無理なので、宅急便で送るとの事。

それではと、正装用に、草履、バックも購入して、 一緒に送ってもらう事にしました。

これで履物はOK!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ