2004/11/27

●11月27日の装い  ▲盛装・晴れ着の装い

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1月16日着用の、柔らかい黄色と柔らかい橙色のバラ柄で、葉が白の紋付

(抱き柊)付け下げ訪問着。(34年前の物)

お袖を1尺3寸5分につめて、黄ばんでいた胴裏だけを取り替えて、ガード加工したもの。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

半襟は天までサーモン色の花の刺繍。

伊達襟も同色サーモン色。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、孔雀柄の袋帯。(34年前の物)

飾り紐は黄色と若草色の細い丸組。

●小物

・帯揚げ渋い若草色の総絞り。

・帯揚げは同色の渋い若草色と生成りの半分づつの丸組み。

●履物

クリックすると元のサイズで表示します

祇園の「ない藤さん」の、白い装履です。

白の蝋引きの台に、花緒も白の蝋引きで、通し前坪で紅色です。

とても履きやすくて、お気に入りです。

「ない藤さんのお店には、片足の装履と花緒が並べられています。

どれもサンプルで、売り物ではないのです。

だから台も花緒もサンプルを見てから、台は大きくも高くも出来ますし、花緒も裏や前坪も変える事が出来ます。

●バック

バックは、グッチの黒のボックスカーフで 金具がバンブー型。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ