2007/7/14

自作の雪花絞りの浴衣を着て見ました♪  ▲今日の装い/薄物

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

袖を通して思ったことは、とても着易かった事♪
文句たらたら言いながら縫っていたのに、そのよれよれと布と布がくっついちゃって、とても縫い難かったのが、着付けの段階になると、一度でピッタリと決まるのです♪
上前がめくれ難いので、自転車に乗る時にも、手で押さえるのが、最小限で済む事。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

下に着ている物が、これまた最小限で済むので、あっという間に着付けられると言う事。
(肌襦袢に裾避け)

四日間チクチクしていた事が、快い快感に変ってきた事です。
自分で縫ったので、愛着がありますし、縫い目の乱れは置いておいて、仕立てを頼まなくて良かった〜〜と思いました。
頼んでいたら、もっと綺麗に仕上がっていたと思いますが、こんなに早く袖を通すことは出来なかったと思います。

毎日縫っているのを見ていた夫は、仕上がって着て見た方が、良いといって居ります。
良い柄だと思わなかったみたいです・・・・・



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ