2007/6/16

6月9日の装い  ▲今日の装い/薄物

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ベージュ色地の小千谷縮みで波の柄入り。
天気予報で雨の確率が高かったので、麻にしました。
私が一番涼しい装いだったのに、一人して汗がだらだらで、更年期障害でも無いのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

麻の長襦袢に絽の半襟。
帯はベージュの麻地に鳥の柄の紅型染め。
二部式です。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは黄色の変形の絽。
扇子は縁が青紫に染めてある物。
帯締めはバザーで購入のも。
帯留めは九谷焼(金沢の尾山神社前の九谷焼のお店)
根付は四葉のクローバーに木の実に名前入り。(明治座)
腰飾りは四葉のクローバーの匂い袋(石黒香舗)

クリックすると元のサイズで表示します 内側クリックすると元のサイズで表示します

初めての山葡萄の籠で、決め手は形が薄くて他の人が、良く持っているのとは違った事。
途中から編み方が斜めの編み方になっています。内側が全部斜めの編み方に成っている物で、簡単に言うと二重編みに成っています。

だからと言って厚ぼったくなくて、お気に入りです。
取っ手も固定式ではなくて、折れ曲がる(輪っかに取っ手を付けてある)事でした。
籠にぶら下げているのは、山葡萄で編んだ「亀さん」です。
鎌倉の小町通りの中ほど(駅から行くと右側)の山葡萄を編んで売っているお店でやっと見つけました。
まったく同じ物を銀座の夏野で見かけました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

雨の予報だったので、黒の高右近型で螺鈿。
鼻緒は板絞りの既製品。
ちょっと重たい。
(ベトナムで似たようなサンダルを見かける。)

結局天気予報は外れて、長い傘は差さず仕舞い。
荷物になって、邪魔でした。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ