2007/5/2


急に義理姉の家を訪れる事になり、お天気も良いので、チャーリーも連れて、ドライブを兼ねて7時半に家を出る。

クリックすると元のサイズで表示します 

連休の中の平日なので、思っていたよりも中央道は混んで居なかった。
談合坂サービスエリアで、お昼の買い物をして向う。

クリックすると元のサイズで表示します

途中で風林火山館を横目に眺めながら、今回も素通り・・・ 

クリックすると元のサイズで表示します 

チャーリは少しもジッとしていなくて、写すのが大変。
耳の下の毛を夫が短く切ってしまったので、何だかおかっぱ頭みたい・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

義理姉宅では、夫は野球を見ながら寛いで、お昼を食べながら積もる話を色々と♪

クリックすると元のサイズで表示します

私が柿が大好きだと言ったら、柿のシャーベット(完熟の柿を冷凍)をご馳走して頂きました。
種無しでとても食べ易くて、100%果汁で美味しかった♪

クリックすると元のサイズで表示します 

チャーリーの散歩から帰ってきた夫が、なんと鹿の大きな角を拾ってきた!

鹿の糞もいっぱい有ったと。
鹿の角って、ぽろっと落ちるらしい?
それにしても、立派な角を持って帰りました。
狐や狸も出るらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

家の周りの庭を見せてもらい、今 我が家で庭に石を敷いているので、色々参考に成る所があった。
門から玄関先までは、線路の枕木を敷き詰めてあったり、バークも敷き詰めてあった。

クリックすると元のサイズで表示します 

帰り道に夫が「『ぶどうの丘』に行って見る?」と言うので、寄り道をする事にした。
一面に広がるぶどう畑の小高い丘の頂上に「ぶどうの丘」が有りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

「愛の泉ビィーナス」ぶどうとワインをイメージした愛の泉。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口には、大好きなピンクの花水木が満開で綺麗〜〜

入って直ぐの受付で、専用の試飲容器タートヴァン(有料:1100円)を購入して、全てのワインを試飲できます。
夫は運転しているので、私だけが試飲出来るのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

地下ワイン貯蔵庫には170銘柄約2万本のワインが、貯蔵されているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

U字型に成っていて、最初は白ワインの方から、試飲を始めました。 
私は白ワインの方がどちらかと言うと好きです。
段々と飲みやすくなってきたと思ったら、甘口に成ってきて、フルーティーなワインが飲みやすくて好きです。
「ナイアガラ」と言う銘柄が美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ロゼから、赤ワインに移ってくると、渋かったり、苦かったり、酸っぱかったりと、何度も吐き出しながら、10銘柄以上少し飲んだと思います。
皆さん、何本か購入されていたけれど、私は試飲だけで十分でした。
でも「ナイアガラ」買って来れば良かったかな?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出口には皇太子様・雅子妃殿下の記念のお写真の数々やタートヴァンが展示されていた。

小腹が空いてきたので、夫から珍しく、食事をして行こうと言われ、ぶどう畑を眼下に見下ろすワインレストランで、カレーにパスタを注文する。

クリックすると元のサイズで表示します 

お天気が良くなってきて、車にキャリーに入れてきたチャーリの事が心配になり、窓を少し開けて来たけれど、日射病になったら気が気ではなく、慌てて車に戻ると、陽は隣の車まで射していて、大丈夫だった。

クリックすると元のサイズで表示します

チャーリを車からだして、お散歩♪
ツツジが満開で綺麗。
晴れてきて、来た時の空との違いにビックリ。
眼下にはぶどうの里、勝沼の町が一望に。

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道、大月から15分の所にある「真木温泉」に寄って見た。
お風呂だけでも入れるかと思ったら。3時までとの事で駄目でした。

クリックすると元のサイズで表示します

細い細い曲がりくねった道を走ると、隠れ宿の様に、全室露天風呂付きのお部屋。
東京からも一時間と掛からない?奥座敷。
1万坪の総敷地には広大な庭園とわずか16の客室。
いつか日帰り温泉でこよう。

クリックすると元のサイズで表示します

私が柿が好きで、干し柿も大好きなんですよ言ったら、冷凍保存してあった、紐につるしたままの干し柿を頂いてきた。(10個連なっていたのを一個食べちゃった)
見た目から想像すると、粉が吹いていて、硬そうなのに、柔らかく甘かった。
おまけに種無し。

前に友人から貰った干し柿はお供えに飾るような、横に串刺しのもので、硬くて、噛み切れないほどでした。
噛めば噛むほどって感じの干し柿でした。

頂いた干し柿美味しい〜〜



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ