2007/2/22

箱根の旅二日目(2月21日)  ■国内旅行記(箱根方面)

朝起きると、昨日とは打って変わって、良いお天気なので、昨日の予定どうり「ラリック美術館」だけに行く事にしました。
送迎バスで送ってくれるのですが、帰りはバスも無いとフロントの人が言うので、元地元のKさんに携帯のメールで問い合わせると小田原までのバスが有ると教えてもらう♪
良かった

8時半からの朝食を頂きに下りる。
焼きたてのパンが三種に、林檎ジュース・ゆで卵・フルーツ・サラダで思ったよりも、良かった

クリックすると元のサイズで表示します

向こうには昨夜のプールが、目の前に見えて、夜のとは違って見える。
噴水も高く吹き上げて居る所をSさんにパチリと。

クリックすると元のサイズで表示します

二人の所を係りの方にお願いしたのがこの画像・・・
随分噴水の上がるのを待っていたようだけど、出来た画像は噴水が出ていない〜
Sさんの頭の上に柱が・・・
頭の上から噴水は止めてと言ったけど、ちょっとがっかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関ホールにはお雛様が♪飾られていたので、パチリと。

クリックすると元のサイズで表示します

ホールの照明が美しいかった。

クリックすると元のサイズで表示します

10時半の送迎バスでラリック美術館にお願いする。
同席の方が「良かったですよ♪」の一声で、此処に変更する方が何人か居られた。
ポーラ美術館・ガラスの森美術館等人気の美術館があるが、今回はラリック美術館だけにする。
ラリック美術館が個人の所蔵だと聞いて、本当に驚きました

クリックすると元のサイズで表示します

約1,500点の所蔵作品から選りすぐられた230点の展示には、常設展示としては日本最多の約40点の貴重な宝飾作品が含まれています。(HPより抜粋)
どれも目を見張る物ばかりでした。
ショップでは二人が気に入ったペンダントを色違いで求め、早速かけてランチを取りにレストランへ。

クリックすると元のサイズで表示します

お勧めランチを選んでいたら、Sさんの従妹さんに声を掛けられ、驚くやら懐かしがるやらで、本当に世間は狭い物だと思いました。
画像では良く分りませんが、二人ともお揃いでペンダントしているんですよ♪
Sさんのは中心が乳白色になっている物で、着る洋服をあまり選ばなくて良いもの♪

クリックすると元のサイズで表示します

有名シェフのレストランなのですが、私達の年代になると、和食が良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

オリエント急行のサロンカーを、ヨーロッパから運び、特別展示「ル・トラン」として、中でケーキセットを頂ける(別料金で)が、お腹いっぱいで、外から眺めるだけ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

広大なお庭でもう少しゆっくりしたかったが、バスの時間が迫っていたので、慌てて一枚だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

バス停から小田原行きのバスに乗って、箱根湯本まで行って、其処からロマンスカーで新宿まで戻りました。
何とか夕飯に間に合うように帰宅できてホッとしました♪



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ